東芝 dynabook R632 レビュー

東芝dynabook R632について詳しくレビューします。
HOME > 東芝 > dynabook R632レビュー
メーカー別PC比較購入ガイド
  • パソコン徹底比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
用途別パソコン一覧
  • Chromebook(クロームブック)
  • ウルトラブック
DELL
東芝dynabook R632レビュー

東芝のウルトラブックdynabook R632について詳しくレビューします。

東芝パソコン商品説明会でdynabook R632に触れることができ、R632の概要については「東芝dynabook R632レビュー:軽さ/薄さと高パフォーマンスを実現したウルトラブック!」で説明しているので、ここではR632を使ってみた感想を示したいと思います。

東芝dynabook R632レビュー
最初にdynabook R632を手にしたとき、その薄さと軽さに驚かされます。

[スポンサーリンク]
薄い
重量は約1.12kgしかなく、最厚部でも約15.9mmの薄さを実現しています。

持ちやすい
片手で軽々持つことができるので、モバイルノートとして使用するのに最適。ほんと、この軽さならどこにでも携帯していきたいと思ってしまいます。

雑誌と比較
雑誌よりも一回り大きいのがわかります。

東芝dynabook R632持ってみたところ
R632を持ってみました。

東芝dynabook R632レビュー持ってみる
すごくコンパクトでスリムなのがわかると思います。



デザイン
マグネシウム合金を使用したボディの質感も非常に高く、満足感の高いデザインを実現しています。

東芝dynabook R632レビュー
液晶とキーボードの周辺部も、天板と同じデザインを採用しているため、統一感があります。

東芝dynabook R632液晶
液晶は13.3インチを搭載。

非光沢液晶
コンシューマ向けモデルとしては珍しく非光沢パネルを採用しているので、映り込みが発生しにくく、画面を長く見続けても目が疲れません。

最大解像度
最大解像度は1366×768ドット。できれば、フルハイビジョン対応の1920×1080ドットのパネルも選択できるといいのですが、残念ながら選択肢には含まれていません。なので表示領域がちょっと狭い感じ。

Yahoo
Yahoo!トップページを表示したところ。

液晶
動画を視聴してみましたが、精細感のある映像を楽しむことができました。

東芝dynabook R632キーボード
キーボードはキーが独立しているセパレートタイプを採用。

キーボード

Enterキー
頻繁に使用するEnterキーのサイズが大きめになっており、打ちやすいですね。

セパレートキー

キーピッチ
キーピッチは、デスクトップのキーボードと同じ大きさである約19mmを確保。

キーの大きさ
十分なサイズのキーピッチが確保されているので、窮屈さを感じることはありません。ブラインドタッチも問題なく行うことができます。

バックライトキー
Web直販モデルには、バックライト付きキーボードを搭載したモデルが用意されています。

バックライト
バックライトがあると、暗い環境でも快適にキーボード操作を行うことができて便利です。

キー操作
バックライトのオン/オフは、Fn+Zキーを押して行います。

ステータスライト
スタータスライトは、タッチパッドの下の部分と前面部の両方に設定されているので、マシンの状態を一目で確認できます。

タッチパッドオフ
タッチパッドの上には、タッチパッドのオン/オフ切り替えボタンが配置されています。タッチパッドを使わないときはオフにしておくことで、作業効率をアップできます。

パームレスト
パームレスト部分は適度なざらつきがあり、長時間手で触っていてもべとついたりせず快適です。

ACアダプタ
R632では、同梱されるACアダプタもコンパクト。

ACアダプタコンパクト

スリム

ACアダプタ重量
重量は200gしかありません。

重量
本体と合わせても1282g。これなら気軽に持ち運べますね。

開くところ
あとR632では、片手で液晶パネルを開くことができます。一般的なノートの場合、片手で開こうとすると、本体もついてきてしまうため、もう一方の手で本体を押さえる必要があるのですが、R632では片手で軽々開くことができます。

底面部が浮かない

東芝dynabook R632
こういった細かな配慮もうれしいですね。

レビュー
また高速起動が可能なので、使いたいときにストレスなく使用することが可能です。



エコ
右上にはエコボタンが配置されており、このボタンを押すと、ecoユーティリティが起動します。

ecoユーティリティ
このユーティリティを使用することで、R632をecoモードで利用することができ、消費電力を削減できます。

東芝dynabook R632
またR632は、冒険家の三浦雄一朗氏が80歳でエベレストに登頂したときに使われたノートブックです。

R632エベレストに持って行った実機が展示会で展示されていました。

堅牢性
エベレストの過酷な環境でも使用できるというのは、R632の堅牢性の高さを実証していると思います。

東芝dynabook R632レビュー
以上、東芝dynabook R632を使用してみた感想でした。

dynabook R632は、1.12kgの軽量ボディに、最薄部8.3mmのスリムさを実現。その上で、第3世代インテルCore iプロセッサによりパワフルな処理が可能です。スリム/軽量な高性能モバイルノートを検討している人にお勧めのマシンだと思います。

*詳細については、東芝dynabookノートPC製品ラインアップ(東芝直販サイト)を参照してください。



【東芝dynabook R632レビュー速報】
東芝パソコン商品説明会でdynabook R632に触わってきました。詳しくは「東芝dynabook R632レビュー:軽さ/薄さと高パフォーマンスを実現したウルトラブック!」をクリックしてください。
東芝dynabook R632レビューdynabook R632レビューレビューR632レビュー

東芝ダイレクト

ウルトラブック(ultrabook)比較購入ガイド
*ウルトラブックの詳細については、ウルトラブック(Ultrabook)比較購入ガイドも参照してください。

最新キャンペーン New
■東芝ダイレクトではお得なキャンペーンを実施中!詳しくは、東芝ダイレクトキャンペーンページをクリックしてください。
Google

サイト内を検索
WWW を検索
東芝ダイレクト