DELL Inspironデスクトップ(3670/3671) レビュー

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
Inspironデスクトップ(3670/3671)について解説します。Inspironデスクトップ(3670/3671)の購入を検討されている方に役立つ情報が満載!
HOME > DELL製品情報 > Inspironデスクトップ(3670/3671)レビュー
楽天スーパーポイントプレゼントキャンペーン
dell
DELLパソコン激安購入法
DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
DELLパソコンをインチで選ぶ
DELLパソコンを筐体で選ぶ
DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
DELLパソコンをランキングで選ぶ
DELLモニタを選ぶ
法人向けデルパソコン
デルパソコンカスタマイズ講座
他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
Surfaceモデル一覧
用途別パソコン一覧
液晶モニタ
セキュリティ
サウンドシステム
DELL
Inspironデスクトップ(3670/3671)レビュー

Inspironデスクトップ(3670)とNew Inspironデスクトップ(3671)はDELLのエントリーデスクトップに位置づけられるInspironシリーズのモデルです。

Inspironデスクトップ(3670)レビュー
Inspironデスクトップには、ミニタワー/スリム/タワー/オールインワンのボディを採用したモデルが用意されていますが、このInspironデスクトップ(3670/3671)はミニタワー型のボディを採用しています。

3670と3671の筐体デザインは共通しています。3671の方が新しいモデルのため「New Isnpironデスクトップ」というネーミングになっています(3670は「Inspironデスクトップ」)。主なスペックの違いはこちら

*DELLパソコンの4桁の型番(本モデルの場合「3670」「3671」)を確認する方法はこちら

Inspironデスクトップ(3670/3671)の主な特徴は次のとおり。

・ミニタワー型筐体を採用
・第9世代インテルCore i3/i5/i7プロセッサ搭載モデルを選択可能
・SSD+HDDのハイブリッド構成を選択可能
・グラフィクスにNVIDIA GeForce GTXシリーズ(1650)搭載モデルを選べる(3671)

ここでは、Inspironデスクトップ(3670/3671)の特徴/スペック等について詳しく解説したいと思います。

【レビュー目次】
*ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずDELL Webサイトでご確認ください。レビュー機はメーカーの貸出機。掲載している写真はInspironデスクトップ(3670)です。
1)エントリーデスクトップに位置づけられる

Inspironデスクトップ(3670/3671)は、デルのエントリシリーズInspironに属するデスクトップPCです。


デスクトップInspironシリーズには、このInspironデスクトップのほかにスモールデスクトップが用意されていますが、スモールデスクトップがスリムタイプの筐体を採用した省スペースマシンなのに対し、このInspironデスクトップ(3670/3671)はミニタワー型筐体を採用しており、より高いパフォーマンスを発揮できる仕様になっています。


上の写真の右がInspironスモールデスクトップ。非常にスリムなデザインに仕上がっているのがわかります(→Inspironスモールデスクトップレビュー)。


InspironデスクトップとB5サイズのノートを比べてみました。


幅はなんとか掴める大きさ。


奥行きはちょっと短めになっています。


24インチ液晶モニタに接続したところ。


ブラックを基調とした落ち着いたデザインを採用しているので、置き場所に困ることはないと思います。

*DELLの高性能なデスクトップとしてXPSタワーが用意されています。性能面ではXPSタワーの方が上で拡張性も優れているため、高い性能+拡張性を両立させたデスクトップを探している場合にはXPSタワーの方がオススメです(→XPSタワーのレビューはこちら)。


上の画像の左がXPSタワー、右がInspironデスクトップです。


前から見るとそれほど大きさは変わりませんが、奥行きについてはInspironデスクトップの方が短くなっているのがわかります。

2)スペックをチェック
【Inspironデスクトップ(3670/3671)の主なスペック】
 
Inspironデスクトップ(3670)
New Inspironデスクトップ(3671)
CPU
インテル Core i3-9100 [4コア/4スレッド 6M キャッシュ , 4.2GHz プロセッサー インテル ターボブースト テクノロジー]

インテル Core i5-9400 [6コア/6スレッド 9M キャッシュ,4.1GHz プロセッサー インテル ターボ ブースト テクノロジー]

インテル Core i7-9700 [8コア/8スレッド 12M キャッシュ,4.7GHz プロセッサー インテルR ターボ ブースト テクノロジー 付き]
インテル Core i3-9100 [4コア/4スレッド 6M キャッシュ , 4.2GHz プロセッサー インテル ターボブースト テクノロジー]

インテル Core i5-9400 [6コア/6スレッド 9M キャッシュ,4.1GHz プロセッサー インテル ターボ ブースト テクノロジー]

インテル Core i7-9700 [8コア/8スレッド 12M キャッシュ,4.7GHz プロセッサー インテルR ターボ ブースト テクノロジー 付き]
メモリ
4GB, 4Gx1 DDR4, 2400MHz

8GB(1X8G), DDR4, 2666MHz

24GB メモリ: 8GB 2666MHz DDR4 DRAM + 16GB インテル Optane メモリ
8GB(1X8G), DDR4, 2666MHz

24GB メモリ: 8GB 2666MHz DDR4 DRAM + 16GB インテル Optane メモリ
HDD
1TB HDD(7200 回転)

256GB M.2 PCIe NVMe SSD + 1TB 7200 rpm 3.5インチ SATA HDD
1TB HDD(7200 回転)

256GB M.2 PCIe NVMe SSD + 1TB 7200 rpm 3.5インチ SATA HDD
グラフィックス
インテルUHD グラフィックス630
インテルUHD グラフィックス630
NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB GDDR5
光学ドライブ
DVD-RW ドライブ (Reads and Writes to DVD/CD)

なし/DVD-RW ドライブ (Reads and Writes to DVD/CD)

無線LAN/
Bluetooth
802.11bgn + Bluetooth
802.11bgn + Bluetooth
ポート類
背面:
USB 2.0 x 4、HDMI、VGA、LAN、3極オーディオジャック

前面:
USB 3.1 Gen 1 Type-A x 2、5-in-1メディアカードリーダー、オーディオ・コンボ・ジャック
背面:
USB 2.0 x 4、HDMI、VGA、LAN、3極オーディオジャック

前面:
USB 3.1 Gen 1 Type-A x 2、5-in-1メディアカードリーダー、オーディオ・コンボ・ジャック
拡張スロット
PCI Express x16 1基
PCI-Express x1 2基
PCI Express x16 1基
PCI-Express x1 2基
寸法
幅160mm
×
高さ373.7mm
×
奥行き294mm
幅160mm
×
高さ373.7mm
×
奥行き294mm


Inspironデスクトップ(3670)とNew Inspironデスクトップ(3671)のスペックを比較してみました。

CPUには第9世代インテルCore i3/i5/i7プロセッサを搭載。

メモリは3670が4/8GB、3671が8GBを搭載可能。Web閲覧/動画再生といった、比較的負荷の軽いタスクであれば4GBでもそれほどストレス無く処理できると思いますが、負荷がかかると処理にもたつくケースが出てきます。できれば8GBのメモリを搭載したモデルを選ぶのがオススメです。

ストレージは1TB HDDに加えて、256GB SSD+1TB HDDのハイブリッド構成も選択可能。ハイブリッド構成にすれば、高速アクセスと大容量データ保存のいいとこ取りが可能です。

インテルOptane(「オプテイン」と発音します)メモリ搭載モデルも選択可能。Optaneメモリは、HDDを高速化するためのキャッシュメモリとして使用されます。頻繁に使用するデータを保持できるので、PCの速度向上に寄与します。

大容量/安価のHDDとインテルOptaneのハイブリッド構成にすれば、HDDのみの場合に比べて処理速度を向上できます。

光学ドライブはDVDドライブを搭載しています。なお、3671では非搭載モデルも用意されています。

グラフィックスには、3670ではCPU内蔵タイプのインテルUHDグラフィックスのみ、3671ではCPU内蔵タイプに加えてNVIDA GeForceのハイエンドシリーズのGTX1650搭載モデルを選択可能。

GeForce GTX搭載モデルを選択すれば、高いレベルの描画処理能力を発揮できます。画像/動画の編集やゲームなどの用途に使いたい人にオススメです。

この構成を見る限り、Inspironデスクトップ(3670/3671)はエントリーレベルよりもちょっと上に位置づけられているのがわかります。一定のパフォーマンスを確保できるような構成になっています。

Inspironデスクトップ(3670/3671)は、有線LAN端子に加え、ワイヤレス機能(WiFi/Bluetooth)を標準で装備しています。

したがって、有線LANのケーブルを接続できない場所でも、ワイヤレス環境があれば、インターネットにアクセスできます。

搭載している端子類は、背面:USB 2.0 x 4、HDMI、VGA、LAN、3極オーディオジャック、前面: USB 3.1 Gen 1 Type-A x 2、5-in-1メディアカードリーダー、オーディオ・コンボ・ジャックです。

Inspironデスクトップ(3670/3671)のパフォーマンスをチェックしてみました。レビュー機のスペックは次のとおり。
プロセッサ:インテルCore i7-9700
メモリ:8GB
ストレージ:1TB HDD
グラフィックス:インテルUHDグラフィックス


インテルCore i7-9700は、8つのコアを搭載したプロセッサ。コア数が多いため、並列処理が得意です。


CINEBENCHベンチマークでCPUと描画処理能力をチェックしてみました。
CPU→1093cb:1000点台を記録しており、負荷のかかるタスクでなければ必要十分な性能を発揮できると思います。

負荷が軽めのゲーム「ドラゴンクエストX」のベンチマークソフトを実行してみました。スコアは次のとおり。
画質
解像度
スコア
評価
標準品質
1920×1080
5276
快適
最高品質
1920×1080
4202
普通
3)各パーツをチェック
Inspironデスクトップ(3670/3671)の各パーツをチェックしてみましょう。

前面部。光沢加工が施されています。

前面部上部の中央に光学ドライブが配置されています。光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブのみを搭載可能。ブルーレイドライブは選択できません。なお、光学ドライブ非搭載モデルも用意されています(レビュー機は非搭載モデル)。


前面部の右上には、電源ボタン、ステータスライト、メディアカードリーダー、ヘッドホン/マイク端子、USB 3.1 Gen 1 Type-A×2が配置されています。

電源をオンにすると電源ボタンが点灯します。


この位置にUSB端子があると、USBデバイスが差しやすくていいですね。


前面部の一番下は通気孔になっています。


上面部。


左側面部。通気孔が2箇所配置されています。


右側面部に通気孔は配置されていません。

背面部。


上段の左には各種端子類が配置されています。

上から順にオーディオ端子、HDMI端子、VGA端子、USB2.0×4、LAN端子が配置されています。


上段の部分は少し奥に引っ込んだ仕様になっており、ケーブルやデバイスを挿したときでも出っ張りが少なくなるような構造になっています。


中段には拡張カード用のカバーが配置されています。この構成では、拡張カードは刺さっていません。


下段には電源端子が配置されています。

4)筐体内部をチェック
Inspironデスクトップ(3670/3671)は、背面部の右にあるネジを2つドライバを使って外すだけで簡単に側面部を取り外して筐体内部にアクセスできます。


筐体内部。右上に光学ドライブ、中央上段にCPU/ファンとメモリスロット、中段に拡張スロット、左下に電源ユニット、右下にストレージが配置されています。


メモリスロットは2基搭載。


拡張スロットは、PCI Express x16 1基、PCI-Express x1 2基を搭載。


右下には3.5インチドライブベイが配置されています。


タワー型ボディということでスペースに余裕があるのでカスタマイズ作業はしやすいと思います。
5)同梱物をチェック
Inspironデスクトップ(3670/3671)の同梱物をチェックします。


電源ケーブル。


同梱されるキーボードはUSB端子で接続する有線タイプ。


マウスも同様にUSB端子で接続する有線タイプです。
まとめ


以上、Inspironデスクトップ(3670)とNew Inspironデスクトップ(3671)について詳しく見てきました。特徴をまとめると次のとおり。

・ミニタワー型筐体を採用
・第9世代インテルCore i3/i5/i7プロセッサ搭載モデルを選択可能
・SSD+HDDのハイブリッド構成を選択可能
・グラフィクスにNVIDIA GeForce GTXシリーズ(1650)搭載モデルを選べる(3671)

Inspironデスクトップ(3670/3671)は、一般的なエントリマシンよりも高いパフォーマンスを発揮できるよう設計されたデスクトップです。NVIDIA GTXシリーズグラフィック搭載モデル(3471)を選択した場合、描画処理能力を必要とする作業もこなすことができます。

*詳しくは、Inspiron デスクトップ(3670)詳細情報/New Inspiron デスクトップ(3671)詳細情報(DELL Webサイト)を参照してください。

当サイト特別キャンペーン登場!DELL個人/法人向けPCを購入する際に、当サイト専用ページ経由で購入すれば、楽天スーパーポイントがプレゼントされます

■購入額8万円(税抜)以上→3,000ポイント / ■購入額15万円(税抜)以上→7,500ポイント

通常の値引きにプラスする形でポイントをもらえるので非常にお得です!!詳細については、「楽天スーパーポイントをゲットする方法」を参照してください。

dell

BLACK FRIDAY第1弾セール実施中!DELLの対象製品をオンラインストアで注文する際にクーポンを利用すれば、最大17%オフになるキャンペーン実施中です(2019/11/25(月)迄)!!詳細情報/クーポンコードについては、【個人向け】お買い得情報 (DELL Webページ)を参照してください。

対象
購入額
割引額
今週のおすすめパソコン:
XPSノートパソコン
XPS デスクトップパソコン
Inspiron 13 7000/Inspiron 13 7000 2-in-1/ New Inspiron 13 7000/ New Inspiron 13 7000 2-in-1/ New Inspiron 13 5000/(Wi-Fi) New Inspiron 13 5000/(LTE) New Inspiron 14 5000/ New Inspiron 14 5000 2-in-1/ Inspiron 15 5000 2-in-1/
-
17%オフ
上記以外の製品
6万円以上
15%オフ
6万円未満
5%オフ
dell