DELL OptiPlex 5040 SFF 使用レビュー

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
OptiPlex 5040 SFFの詳細なレビューを示します。OptiPlex 5040 SFFの購入を検討されている方に役立つ情報が満載!
HOME > DELL法人デスクトップ製品情報 > OptiPlexシリーズ > OptiPlex 5040 SFFレビュー
dell
DELLパソコン激安購入法
法人向けデルパソコンをシリーズで選ぶ
法人向けデルパソコンをキャンペーンで選ぶ
個人向けデルパソコン
初心者のためのデルパソコン購入講座
DELL
OptiPlex 5040 SFFレビュー

ここでは、法人向けデスクトップOptiPlex 5040 SFFについて詳しくレビューしたいと思います(OptiPlexシリーズの特徴についてはOptiPlexページを参照してください)。

OptiPlex 5040 SFFレビュー

OptoPlex 5040 SFFには、SFF(スモールフォームファクタ)に加えて、MT(ボディ)も用意されていますが、SFFは、MTに比べてスリムなボディを実現しています(OptiPlex 5040 MTのレビューはこちら)。

dell OptiPlex 5040 SFF
左がミニタワー筐体、右がスモールフォームファクタです。大きさに違いがあるのがわかりますね。


従来のモデルからデザインが一新されています。またボディサイズも小さくなっています。ミニタワーで-43%、スモールフォームファクタで-7%を実現しています。

SFFとMTの主な違いは次のとおり。

【OptiPlex 5040 MT/SFFの筐体の違い】
 
OptiPlex 5040
ボディ
SFF
(スモールフォームファクタ)
MT
(ミニタワー)
メモリスロット
DIMMスロット×4
DIMMスロット×4
拡張スロット
ハーフハイトPCIe x16 x 1
ハーフハイトPCIe x16(x4配線)x 1
M.2×1
フルハイトPCIe x16 x 1
フルハイトPCIe x16 x 1(x4配線)
フルハイトPCIe x1 x 1
フルハイトPCI x 1
M.2×1
寸法
(高さ x 幅 x 奥行き) 
29.0 x 9.26 x 29.2 cm
35.0 x 15.4 x 27.4 cm 
最小重量
 4.48 kg
8 kg

[スポンサーリンク]
メモリスロットはいずれも4つを搭載。

拡張スロットは、さすがにボディの大きなMTの方が充実しています。スリムなSFFの場合、フルハイトのカードは装着できず、ハーフハイトしか搭載できないので注意が必要です。


OptiPlex 5040 SFFと雑誌を比較してみるとこんな感じ。


SFFは幅が約9cmしかないので片手で掴むことができます。この大きさであれば、部屋内の移動は容易に行えます。


非常にコンパクトです。奥行きもそれほどありません。


モニタに接続したところ。設置面積が少なくて済むのが分かります。

次に主なスペックについて見ていきます。

【OptiPlex 5040の主なスペック】
 
OptiPlex 5040
筐体
SFF(スモールフォームファクタ)
MT(ミニタワー)
CPU
第6世代インテルCore i5-7クアッドコアプロセッサ
メモリ
DIMMスロット x 4
(最大16GB)
ストレージ
ハードディスクドライブ(最大1 TB)
ハイブリッド、Opal SED FIPS、M.2ソリッド・ステート・ドライブ、およびM.2 PCIeソリッド・ステート・ドライブのサポート。
グラフィックス
インテルHDグラフィックス/AMD Radeon R7 350X/AMD Radeon R5 340X
主なポート
USB 3.0ポート x 6(前面 x 2、背面 x 4)、USB 2.0ポート x 4(前面 x 2、背面 x 2)、RJ-45 x 1、シリアル x 1、DisplayPort x 2、PS/2 x 2、HDMI×1、ユニバーサルオーディオジャック x 1、ライン出力 x 1、(ヘッドフォン/スピーカ)、VGA(オプション)

SFFとMTは、ボディの大きさが違うため拡張性が異なる以外、性能面では同じです。

CPUにはインテル第6世代Core i5/7の中から選択可能。メモリは最大16GB搭載できます。

ストレージはHDDに加え、SSDも選択できます。M.2接続なので高速アクセス可能。処理速度にこだわりたい人にオススメです。

グラフィックスは、CPU内蔵のインテルHDグラフィックスに加え、オプションでAMD Radeonも選択可能。

この基本性を見る限り、性能は非常に高いですね。かなりハイエンドな構成に仕上げることが可能。

レビューしたOptiPlex 5040 SFFの構成は次のとおり。性能をチェックするため、Windowsエクスペリエンスインデックスの値を測定してみました。

CPU:インテルCore i3-6100U→7.7
メモリ:4GB→5.9
ストレージ:500GB HDD→5.9
グラフィックス:インテルHDグラフィックス→4.7

一般的なビジネス向けに使用するデスクトップとしては不足のないパフォーマンスを発揮できると思います。

ファンの音もほとんど気になりませんでした。

次に各パーツについて見ていきましょう。


前面部はブラックをベースとして落ち着いたデザインになっています。中央にあるシルバーの帯が印象的。


前面部の上部には電源ボタン、USB2.0×2、USB3.0×2、ヘッドホン端子が配置されており、中央には光学ドライブが縦向きに配置されています。




USB端子が前面部にあると、USBデバイスが接続しやすいので便利です。4つも搭載しているので、多彩なUSBデバイスを接続可能。


光学ドライブのトレイを引き出したところ。


前面部の下部は通気孔になっており、格子状のデザインになっています。


右側面部には滑り止めが配置されており、この面を下にして横置きすることが可能。




こんな感じで横置きすることができます。


背面部。


レガシーポートのPS/2 x 2、DisplayPort x 2、シリアル x 1、RJ-45 x 1、シリアル x 1、HDMI×1、USB3.0×4、USB2.0×2が配置されています。


背面部の下部には、拡張カード用ブラケット、電源コネクタが配置されています。


右上に青色のレバーがありますが、このレバーをずらすことで簡単に側面部を外して筐体内部にアクセスすることができます。


側面部を外したところ。


右上にハードドライブアセンブリ。この光学ドライブとHDDが組み込まれています。


左上にはマザーボード。CPU冷却ファンが見えます。


冷却ファンの下には拡張カードスロット。ハーフハイトPCIe x16 x 1 ハーフハイトPCIe x16x 1が配置されています。

メモリスロットは、ハードドライブアセンブリの奥に配置されており、このアセンブリを取り外さないと、メモリモジュールを刺せない構造になっています。

このあたりはスペースに余裕のないコンパクトマシンの宿命ですね。


電源ユニット。最大出力は180Wです。


OptiPlex 5040 SFFでは、容易にメンテナンス作業を行えるよう、パーツをツールレスで外せる仕様になっています。


まず前面部のカバーを取り外します。


青色のパーツが、留め具になっています。


留め具を外すだけで簡単に取り外し可能。


これならメンテナンスもしやすいと思います。


ハードウェアアセンブリを取り外すと、メモリスロットが姿を現します。メモリスロットは4基搭載。その右には、M.2スロットも配置されています。



以上、法人向けOptiPlex 5040 SFFのレビューでした。特徴をまとめると次のとおり。

・第6世代Coreプロセッサを搭載しており、高いパフォーマンスを発揮できる
・黒をベースとした落ち着いたデザイン
・コンパクトなSFF筐体を採用。設置場所をとらない
・ストレージにM.2接続のSSDを選択可能
・ツールレスで筐体内部にアクセス可能


*詳しくは、Optiplexシリーズ(DELL Webサイト)を参照してください。
DELL様から、当サイト向けに特別クーポンを発行してもらえることになりました。このクーポンを利用すれば、OptiPlexデスクトップPCをなんと最大20%オフで購入可能!(対象外機種もあります)(クーポンの割引率が変更になったり、クーポンの発行自体が終了する可能性もあるのでご注意ください)

*詳細情報/クーポンコード/対象外機種については、サイト限定クーポン(DELL Webサイトにジャンプします)をクリック!

dell

DELL
OptiPlexのラインアップ
法人向けデスクトップシリーズOptiPlexのラインアップについては、OptiPlex詳細ページを参照してください。
デル株式会社
*記載された情報は記事記載時点のものです。実際の製品とは異なる可能性があるので、メーカー公式サイトの製品ページを必ずご確認頂くようお願い致します。
Google

サイト内を検索
ブログ内を検索
WWW を検索
DELLラインアップ シリーズ早見表
DELLラインアップ デスクトップ早見表 ノートブック早見表
デル最新情報満載のブログもチェック!
デル株式会社