DELL Precision M4800 レビュー

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
Precision M4800の詳細なレビューを示します。Precision M4800の購入を検討されている方に役立つ情報が満載!
HOME > DELL法人ノート製品情報 > Precisionノート > Precision M4800レビュー
dell
DELLパソコン激安購入法
法人向けデルパソコンをシリーズで選ぶ
法人向けデルパソコンをキャンペーンで選ぶ
個人向けデルパソコン
初心者のためのデルパソコン購入講座
DELL
Precision M4800レビュー/15.6インチ液晶搭載のワークステーションノート

イベントでDELLの法人向けワークステーションノートPrecision M4800に触ることができたので詳しくレビューしたいと思います。

Precision M4800レビュー Precision M4800は、CAD/CG、ソフトウェア開発など、負荷のかかる作業を高速処理するための高性能ワークステーションです(Precisionシリーズについてはこちら)。

最新シリーズであるMx800シリーズとして、M4800のほかにM3800とM6800が用意されています。M3800とM4800は15インチ液晶搭載モデル、M6800は17インチ液晶搭載モデルです。

【Precisionノートの比較】
 
Precision
M3800
Precision
M4800
Precision
M6800
液晶
(最大解像度)
15.6インチ
タッチパネル
(3840×2160/
3200×1800/
1920×1080)
15.6インチ
アンチグレア
(1366×768/
1920×1080
3200×1800)
17.3
アンチグレア
(1600×900/
1920×1080)
タッチパネル
(1920×1080)
タッチパネル

(10点マルチタッチ)
×
△(選択可能)
(10点マルチタッチ)
CPU
インテル
第4世代Core i7
インテル
第4世代Core i5/7
インテル
第4世代Core i5/7
メモリ
最大16GB
8-32GB

8-32GB

ストレージ
HDD 最大1TB SATA (5400回転) / 
SSHD 500GB / 
SSD 最大512GB / 
ソリッドステートミニカードストレージ 最大512GB
*2台のストレージデバイスをサポート
最大750GB SATA HDD (7200回転)
最大750GB SATA HDD (7200回転) / 
256GB SSD
グラフィック
NVIDIA Quadro K1100M
AMD FirePro M5100 Mobility Pro / 
NVIDIA Quadro K1100M / 
NVIDIA Quadro K2100M
AMD FirePro M6100 Mobility Pro / 
NVIDIA Quadro K3100M / 
NVIDIA Quadro K4100M / 
NVIDIA Quadro K5100M
光学ドライブ
×
主なポート
USB 3.0 x 1(PowerShare対応)、USB 2.0 x 1(PowerShare対応)、HDMI、mini DisplayPort
(VGA、LAN端子は非搭載)
USB 3.0 x 4、eSATA/USB 2.0 x 1 、VGA、HDMI、DisplayPort、LAN
USB 3.0 x 4、eSATA/USB 2.0 x 1 、VGA、HDMI、DisplayPort、LAN
寸法
高さ8〜18mm×
幅372mm×
奥行き254mm
高さ36.25〜39.9mm×
幅376mm×
奥行き256mm
高さ36.45〜40.4mm×
幅416.7mm×
奥行き270.6mm
重量
1.88kg
2.88kg
3.57kg
レビュー
 
DELL Webサイト

[スポンサーリンク]
M3800とM4800はいずれも15.6インチ液晶搭載モデルですが、M3800は携帯性を重視するため薄型化・軽量化を図っているのに対し、M4800は性能重視で据え置きタイプとして使用することを想定しています。またM6800は17インチ液晶搭載モデルです。

DELL担当者の方の話によると、Precisionノートの中で最も人気があるのがこのM4800。性能面も充実しつつ、コンパクトなボディで高解像度の液晶パネルを選択できるのが受けているそうです。

グラフィック処理能力が必要な作業の場合、広い画面の方が作業効率がいいので17インチのM6800の方が人気があるのかな、と思っていたのでちょっと意外です。

CPUにはインテル第4世代Core i5/7を選択可能。 ストレージにはHDDを搭載。高速なSSDも選べるといいんですが、残念ながらオプションはなし。グラフィックには、高性能なNVIDIA Quadroシリーズを選択できます。


ボディには、アルミニウムおよびマグネシウム合金を採用。強度に優れているうえに、質感もいい感じ。手で触ってもサラサラしていて、汚れがつきにくいのがいいですね。


M4800はかなり本体が分厚くなっており、4cm近い厚さです。


横から見たところ。質実剛健という感じがしますね。


左側面部。USB 3.0 x 2、マイク端子 x 1、ヘッドフォン端子 x 1、9-in-1メディアカードリーダー9 x 1、54 mm ExpressCardスロット x 1、光学ドライブが配置されています。


右側面部。USB 3.0 x 2、DisplayPort x 1、ワイヤレススイッチ x 1が配置されています。


Precision M4800では背面部にも端子を搭載しています。VGA x 1、LAN端子 x 1、eSATA/USB 2.0 x 1、HDMI x 1が配置されています。

映像出力端子として、HDMI端子に加えて、レガシー端子であるVGA端子も搭載しているので、古いタイプの出力機器に接続したい場合にも安心です。


前面部の中央にはボタンが配置されており、本体を開くときにはこのボタンを押します。


底面部。


中央にドッキング端子が配置されており、E-Port Plus拡張ポートレプリケータを接続することで、高い拡張性を実現します。


底面部に配置されているバッテリは取り外し可能。


キーボード。


中央にトラックスティック、キーボードの真下にクリックボタンが配置されているので、キー入力に集中したい場合に便利です。


テンキー付きなので、数字を頻繁に入力する場合に便利です。


フルサイズのキーボードを搭載しているので、窮屈さを感じることなく快適なキータイピングが可能です。


タッチパッド部分。


イベントには、Precision M3800/M4800/M6800が展示されていたので、並べて見ました。写真左から順にPrecision M3800/M4800/M6800です。




分厚さを比べてみました。下がM6800、上がM4800です。この2つのモデルは分厚いタイプなので、そんなに違いはありません。


上がM3800、下がM4800です。M3800の薄さが際立ちますね。


Windowsエクスペリエンスインデックスの値をチェックしてみました。このPrecision M4800は、CPUにインテルCore i7、メモリ16GB、グラフィックスにはNVIDIA Quadoro K2100Mを搭載しており、高いスコアを記録しています。

ストレージにはHDDを搭載しているため、相対的に低い値となっています。高速なSSDが選択できれば、もっとパフォーマンスアップするんでしょうけどね。


以上、Precision M4800のレビューでした。まとめると次のとおり。

【Precision M4800の特徴】
・第4世代Core iプロセッサ搭載可能
・NVIDIA Quadro Kシリーズなど、高性能グラフィックスを選択できる
・3200 x 1800/1920 x 1080/1366×768ドットの3種類の解像度を持つパネルを選択可能。広い表示領域を確保して効率的な作業が可能

インテル第4世代Coreプロセッサに加え、高性能なグラフィックカードを搭載できるなど、まさに性能重視の設計になっています。3200×1800ドットの高解像度パネルを選択できるので、複数のウィンドウを表示して効率的に作業したい人にお勧めです。

*詳しくは、DELL法人向けノート一覧(DELL Webページ)を参照してください。
DELL様から、当サイト向けに特別クーポンを発行してもらえることになりました。このクーポンを利用すれば、Precisionワークステーションをなんと25%オフで購入可能!(クーポンの割引率が変更になったり、クーポンの発行自体が終了する可能性もあるのでご注意ください)

*詳細情報/クーポンコード/対象外機種については、サイト限定クーポン(DELL Webサイトにジャンプします)をクリック!

dell

*記載された情報は記事記載時点のものです。実際の製品とは異なる可能性があるので、メーカー公式サイトの製品ページを必ずご確認頂くようお願い致します。
Google

サイト内を検索
ブログ内を検索
WWW を検索
DELLラインアップ シリーズ早見表
DELLラインアップ デスクトップ早見表 ノートブック早見表
デル最新情報満載のブログもチェック!
デル株式会社