レノボThinkPad X240sレビュー

レノボパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
レノボThinkPad X240sの詳細情報を掲載しています。
HOME > レノボ > ThinkPad > ThinkPad X240sレビュー
メーカー別PC比較購入ガイド
  • パソコン徹底比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
用途別パソコン一覧
  • Chromebook(クロームブック)
  • ウルトラブック
DELL
レノボThinkPad X240sレビュー

レノボのコンパクトノートThinkPad X240sについて詳しくレビューしたいと思います。

レノボ ThinkPad X240s レビュー
1)コンパクト/スリムなボディ
レノボThinkPad X240sは、ThinkPadの中で高い性能を誇るレノボのThinkPad Xシリーズの12.5ンチ液晶搭載ノート。X240sはXシリーズの中で最もスリムなボディを採用しています。
重量は1.29kg。ものすごく軽い!というわけではないのですが、ボディがスリムで握りやすいのと、本体のバランスがいいせいか、それほど重くありません。
厚みは最も厚いところでも19.7mmとスリムです。
凸凹のないフラットなデザインなので、スリムさが強調されます。
液晶を開くとこんな感じ。

ボディ全体はツヤ無しの素材を採用しており、手にしたときに滑ったりすることがなく、すごく手に馴染んで持ちやすいですね。まさに実用性を重視したThinkPadらしいつくりになっています。
雑誌と比較するとこんな感じ。X240sのコンパクトさがよくわかると思います。
ボディの堅牢性が高いので片手で持っていても安心。
こんな風に作業中でもさっと持ち上げて移動することが可能です。
[スポンサーリンク]
2)スペックをチェック!
XPS 240sの主なスペックは次の表のとおり。

ThinkPad Xシリーズには、X240とX240sという同じ型番で末尾にsが付いたモデルが存在するのですが、X240に比べてX240sの方がボディがスリム。おそらく「s」は「slim」の頭文字から取ったのだと思われます。ここでは、X240のスペックと比較しています(X240のレビューはこちら)。

ThinkPad X240s
ThinkPad X240
CPU
第4世代インテル Core i3/i5/i7
第4世代インテル Core i3/i5/i7
メモリ
8GB
(スロット数は1つ)
8GB
(スロット数は1つ)
HDD
500GB(5400回転)/
128GB SSD
500GB(5400回転)/
128GB SSD
グラフィックス
インテルHDグラフィックス
インテルHDグラフィックス
光学ドライブ
なし
なし
ディスプレイ
●12.5型 HD (1366×768) LEDバックライト
●12.5型 HD (1366×768) IPS LEDバックライト
●12.5型 HD (1366×768) マルチタッチ対応 IPS LEDバックライト
12.5 インチディスプレイ (LEDバックライト採用)
(1366×768/1920×1080)
カラーリング
ブラック
ブラック
端子類
USB 3.0 x 1、Powerd USB 3.0 x 1、miniDisplayPort、VGA、LAN、4 in 1 メディアカード・リーダー
USB 3.0 x 1、Powerd USB 3.0 x 1、LAN端子、miniDisplayPort、4 in 1 メディアカード・リーダー
寸法
高さ:17.7-19.7 mm/ 幅: 305.5 mm/ 奥行き: 208.5 mm
高さ:19.9-20.3 mm/ 幅: 305.5 mm/ 奥行き: 208.5 mm
重量
(最小構成)
1.29kg
1.45kg

CPUには、第4世代インテルCore i3/5/7プロセッサを搭載可能。必要な性能/予算に合わせて3種類のCPUを選択できるのはうれしいですね。

メモリは8GBを搭載。ストレージには、HDDに加えて、高速アクセス可能なSSDも選択可能。グラフィックはチップセット内蔵タイプのインテルHDグラフィックスのみを搭載可能。

X240と比べて、ボディは薄く、そして軽くなっているのがわかります。

バッテリ駆動時間は、最大11.8時間(タッチパネル搭載時は最大9.6時間)となっており、1日中外出していても、安心して使えるだけの容量を確保しています。
3)各パーツをチェック
液晶は12.5インチ。最大解像度は1366×768ドットのみ。タッチパネルを選択することができます。
非光沢パネルを搭載しているため、映り込みはほとんど発生せず、非常に見やすいです。目も疲れにくいですね。
液晶表示はすごく綺麗。動画を見ていても、鮮やかに表示されます。
液晶は180度倒すことが可能です。
X240sはモバイルノートでありながら、フルサイズのキーボードを搭載。
キーも大きく非常に打ちやすいです。
キーの中央が少し窪んでおり、指の収まりがいいですね。
キー入力していても窮屈感はまったくありません。キーストロークもしっかり確保されているので、長時間入力していても疲れにくいと思います。さすがはキーボードに定評のあるThinkPad!
キーボードの中心には、赤色のトラックポイントが配置されています。キーボードで入力中に、キーボードから手を離さず液晶上のポインタを移動させることができるるので、入力作業を効率的に行い人には便利なツールです。
タッチパッドの上部もクリックボタンとして機能します。
こんなふうにトラックポイントを操作してクリックすることが可能。
タッチパッドは、クリックボタンと一体になっています。
キーボードに右には電源ボタン、
カスタマイズで指紋センサーを搭載することができます。
右側面部。ヘッドホン端子、USB3.0端子、メモリカードリーダー、LAN端子が配置されています。
左側面部。VGA端子、USB3.0端子、miniDisplayPortが配置されています。映像出力端子として、HDMI端子は搭載されていません。
前面部。
底面部。バッテリは内蔵タイプで、ボディ内部にはアクセスできない仕様になっています。
ACアダプタもコンパクトなつくり。
手の平に収まる大きさです。
重量は241gです。
4)高い基本性能を発揮
Windowsエクスペリエンスインデックスの値でThinkPad X240sのパフォーマンスをチェックしてみました。グラフィックスがチップセット内蔵タイプのためスコアが相対的に低めですが、その他の項目では高いスコアを記録しています。

ThinkPad X240s
CPU
第4世代インテル Core i7-4500U
メモリ
8GB
ストレージ
128GB SSD
グラフィックス
インテルHDグラフィックス

今回レビューしたX240sのスペックは上の表のとおりです。

X240sは携帯性を重視したモバイルノートに位置づけられるため、描画処理能力を必要とするタスクを行うことはあまりないはずです。そう考えれば、これだけのパフォーマンスを発揮できていれば十分だと思われます。
まとめ
以上、ThinkPad X240sのレビューでした。特徴をまとめると次のとおり。

・コンパクト/スリムなボディで持ち運びやすい
・操作性に優れたキーボードを搭載しており、入力しやすい
・高い基本性能を誇る
・長時間駆動が可能

コンパクト/スリムなノートが欲しいけど、性能に妥協したくない、キーボードも入力しやすいのがいい、という欲張りな人にお勧めしたいマシンに仕上がっていると思います。

詳しくは、ThinkPad X240s詳細情報(レノボ公式Webサイト)を参照してください。

レノボ最新キャンペーン情報 New

ThinkPadシリーズをお得に購入できる特別クーポンを発行中です。通常よりも割引き幅が大きくお得です!!

【主要モデルの値引率】
*2017年モデル
ThinkPad X1 Carbon→PC本体価格をさらに最大42%オフ
ThinkPad X1 Yoga→PC本体価格をさらに最大39%オフ
ThinkPad X270→PC本体価格をさらに最大43%オフ
ThinkPad T470s→PC本体価格をさらに最大40%オフ
ThinkPad Yoga 370→PC本体価格をさらに最大25%オフ
ThinkPad 13→PC本体価格をさらに最大44%オフ
ThinkPad E470→PC本体価格をさらに最大25%オフ
ThinkPad E570→PC本体価格をさらに最大28%オフ
 
割引を受けるには、クーポンコードを入手する必要があります。詳しくは、レノボキャンペーン(レノボWebサイト)をクリック!

レノボThinkPad詳細情報
Google

サイト内を検索
ブログ内を検索
WWW を検索