レノボThinkPad T430sレビュー

レノボパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
レノボThinkPad T430sの詳細情報を掲載しています。
HOME > レノボ > ThinkPad > ThinkPad T430sレビュー
メーカー別PC比較購入ガイド
  • パソコン徹底比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
用途別パソコン一覧
  • Chromebook(クロームブック)
  • ウルトラブック
DELL
レノボThinkPad T430sレビュー

ここでは、レノボのハイパフォーマンス・ノートブックTシリーズのコンパクトノートThinkPad T430sについて詳しくレビューしたいと思います。

レノボ ThinkPad T430s レビュー
レノボThinkPad T430sは14インチ液晶搭載ノート。コンパクトな筐体に高い性能を詰め込んでいます。

スペック
CPU
インテルCore iプロセッサ
メモリ
最大16GB
OS
Windows 8 Pro
液晶
14インチ非光沢液晶
1366×768ドット
1600×900ドット

重量/最薄部
1.79kg/26mm

CPUには、第3世代インテルCore iプロセッサを搭載可能。Core i5以外にも、ハイパフォーマンスなCore i7も選択できます。メモリは最大で16GBを搭載。液晶は14インチで、2つの解像度(1366×768、1600×900)の中から選べるのはうれしいですね

重量は6セルバッテリ搭載時で1.79kgで厚みは26mm。Tシリーズには、同じ14インチ液晶搭載のT430i/T430、15インチ搭載のT530i/T530がありますが、T430sは、シリーズの中で最も薄くて軽いボディを採用しています
[スポンサーリンク]
天板
ボディの表面はざらざらした感触。持ったときに滑らず、手に馴染みます。
雑誌と比較
雑誌よりも一回り大きくなっています。
大きさ
ThinkPad T430sを持ってみました。バランスがよく、そんなに重さを感じないですね。
レノボ ThinkPad T430s 持っているところ
前から見たところ。コンパクトなのがわかると思います。
レノボ ThinkPad T430s 持っているところ
片手でも持てる重さです。
レノボ ThinkPad T430s 持っているところ
横から見たところ。非常にすっきりとしたデザインになっているのがわかります。
大きさ
机の上に置いたところ。14インチノートなので、かなりコンパクト。専有面積も少ないです。
レノボ ThinkPad T430s レビュー
ボディはすべて黒で統一。精悍な感じがします。
キーボード
キーボード部分。
レノボ ThinkPad T430s キーボード
キーボードは、各キーが独立したセパレートタイプを採用。コンパクトノートなのでテンキーは装備されていません。
キーボード
Enterキー
Enterキーも大きめで打ちやすいです。
トラックポイント
キーボードに定評のあるThinkPadなので、キーストロークもしっかり確保されており、打鍵感は固すぎず柔らかすぎずちょうどいい感じ。これなら長時間入力しても疲れないですね。キーの中心がちょっと落ち込んだデザインになっているので滑りにくくなっています。
キー入力
キーピッチも十分な幅が確保されており、余裕のある状態でのキー入力が可能。
レノボ ThinkPad T430s トラックポイント
キーボードの中心にはトラックポイントが配置されています。キーボードから手を動かさずに液晶上のポインタを自由に移動できるのは便利です。
トラックポイントボタン
トラックポインタと、タッチパッドの上部に配置されているトラックボタンを組み合わせて利用すれば、キーボードから手を離すことなくクリック操作することも可能です。
トランクポイント操作
こんな感じで操作できます。
タッチパッド
タッチパッドも十分広く、適度なざらつきがあるので、使いやすいですね。
クリックボタン
ただクリックボタンの幅がちょっと狭い感じ。しっかり押さないと、うまくクリックできないときもありました。このあたりは慣れが必要かも。
ライト
ThinkPad T430sでは、キーボードの上部にライトが配置されており、オンにするとキーボードを上部から照らしてくれます。
キーボードライト
こんな感じでキーボードが照らされます。ほのかに光る程度ですが、暗い環境では、これでも十分だと思います。
スピーカー
キーボードの左右にはスピーカーが配置されています。
レノボ ThinkPad T430s スピーカー
コンパクトノートですが、サウンドは結構いいですね。ちょっと高音がシャリシャリしますが、バランスはいいと思います。
液晶
ThinkPad T430sに搭載されている液晶は14型。
アンチグレア
アンチグレア
視野角も結構広め。パネルには、光沢加工されていないノングレアを採用しているため、映り込みが発生しにくいです。
解像度
前述したとおり、解像度は2つのオプション(1366×768、1600×900)から選択できますが、このT430sでは1600×9000ドットのパネルを搭載。
Yahoo
Yahoo!のトップページを表示したところ。
液晶画面
動画もコントラストがしっかりしていて綺麗です。
液晶
液晶部分を傾けて、こんな感じで水平にすることができます。
天板
次にT430sの各パーツについて見ていきます。
レノボ
天板部分の左手前には「Lenovo」のロゴ、
ThinkPad
右手前には「ThinkPad」のロゴが配置されています。
前面部
前面部。
ワンアクションカバーラッチ
右にワンアクションカバーラッチが配置されています。液晶部分を開くときにはこのラッチを右にずらします。
右側面部
右側面部。
T430s レビュー
本体手前側に、ワイヤレスON/OFFスイッチが配置されています。
光学ドライブ
中央に光学ドライブとして、DVDスーパーマルチドライブを搭載。
ドライブ
光学ドライブはトレイ式です。
背面部
背面部。
USB端子
左には電源端子。
電源端子
中央には、LAN端子、USB 3.0、Mini-Displayport、USB 2.0、VGA端子が配置されています。
左側面部
左側面部。
USB端子
USB 3.0、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャックが配置されています。

底面部
底面部。
バッテリ
バッテリは脱着可能。
脱着
このThinkPad T430sでは、光学ドライブを脱着できます
引き出し
底面部の左端にあるロックを外し、
光学ドライブ脱着可能
ロックの右にあるスライダを左にずらせば、簡単にドライブを取り外せます。
取り外し
ダミーカード
光学ドライブの代わりにダミーカードを装着できます。
装着
これにより、光学ドライブが不要なとき、ダミーカードを装着して、軽量化を図ることができます。
ACアダプタ T430s
ThinkPad T430sのACアダプタは、コンパクトな設計になっています。

T430sのバッテリ駆動時間は6セルバッテリ搭載時で約6.1時間を確保。また、 静粛性と冷却効果に優れたファンを搭載しているため、音もうるさくなく、長時間使用していてもあまり熱くなりません。

Windowsエクスペリエンスインデックス
Windowsエクスペリエンスインデックスの値でThinkPad T430sのパフォーマンスをチェックしてみました(満点は10)。
レノボ ThinkPad T430s レビュー
まとめ
以上、ThinkPad T430sのレビューでした。特徴をまとめると次のとおり。

・コンパクトなボディで持ち運びが楽
・操作性に優れたキーボード/非光沢パネルを搭載しており、実用性重視のつくりになっている

ThnkPadらしく、非常に使いやすいマシンに仕上がっています。コンパクトで実用性に秀でたノートをお探しの方にお勧めです。

詳しくは、ThinkPad T430s(レノボ公式Webサイト)を参照してください。

レノボ最新キャンペーン情報 New

ThinkPadシリーズをお得に購入できる特別クーポンを発行中です。通常よりも割引き幅が大きくお得です!!

【主要モデルの値引率】
*2017年モデル
ThinkPad X1 Carbon→PC本体価格をさらに40%オフ
ThinkPad X270→PC本体価格をさらに42%オフ
ThinkPad 13→PC本体価格をさらに20%オフ
ThinkPad T470s→PC本体価格をさらに30%オフ
*2016年モデル
ThinkPad X1 Yoga→PC本体価格をさらに38%オフ
ThinkPad X1 Carbon→PC本体価格をさらに38%オフ
ThinkPad X260→PC本体価格をさらに42%オフ
ThinkPad Tシリーズ→PC本体価格をさらに42%オフ
ThinkPad Eシリーズ→PC本体価格をさらに最大25%オフ
ThinkPad Yogaシリーズ→PC本体価格をさらに37%オフ
ThinkPad Pシリーズ → PC本体価格をさらに最大25%オフ
 
割引を受けるには、クーポンコードを入手する必要があります。詳しくは、レノボキャンペーン(レノボWebサイト)をクリック!

レノボThinkPad詳細情報
Google

サイト内を検索
ブログ内を検索
WWW を検索