DELL Inspironスモールデスクトップ(3030) 解説

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
スモールデスクトップ(3030)について解説します。
HOME > DELLデスクトップ製品情報 > Inspironスモールデスクトップ(3030)の特徴解説
  • デル即納モデル
  • DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
  • DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
  • DELLパソコンをインチで選ぶ
  • DELLパソコンを筐体で選ぶ
  • DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
  • DELLパソコンをランキングで選ぶ
  • DELLモニタを選ぶ
  • 法人向けデルパソコン
  • デルパソコンカスタマイズ講座
  • 他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
DELL
Inspironスモールデスクトップ(3030)の特徴解説

Inspironスモールデスクトップ(3030)はDELLのエントリータイプに位置づけられるInspironシリーズに属するスモールデスクトップPCです。

Inspironデスクトップ(3030)
シリーズ
特徴
Inspironシリーズ

上位
シリーズ
コストパフォーマンスに優れたエントリーシリーズ。他のシリーズと比べて価格が低めに設定されています。コンパクトタイプのボディに加え、スリムタイプのボディを採用したモデルが用意されています。
XPSシリーズ Inspironの上位に位置づけられるDELLのハイパフォーマンスシリーズ。ミニタワーボディを採用しており、一定の拡張性を確保。
Inspironスモールデスクトップ(3030)の主な特徴は次のとおり。

・コンパクト/スリムな筐体を採用
・第14世代インテルCoreプロセッサ搭載
・落ち着いたデザイン


ここでは、Inspironスモールデスクトップ(3030)の特徴/スペック等について詳しく解説したいと思います。
【参考】Inspironスモールデスクトップ(3030)の特徴解説/先代モデルとの比較動画
Inspironスモールデスクトップ(3030)の特徴解説/先代モデルとの比較に関する動画をYouTubeにアップしています。
【Inspironスモールデスクトップ(3020)レビュー】
Inspironスモールデスクトップ(3030)の先代モデルInspironスモールデスクトップ(3020)について解説しています。3030とはデザイン・ボディの大きさ等共通する部分があるので参考になると思います。詳しくは、Inspironスモールデスクトップ(3020)レビューを参照してください。
【目次】
*ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずDELL Webサイトでご確認ください。ここに掲載している実機の写真はInspironスモールデスクトップ(3020)です。
1)コンパクトなデスクトップPC

Inspironスモールデスクトップ(3030)は、デルのエントリシリーズInspironに属するデスクトップPCです。

ボディサイズは、幅92.6mm × 高さ290mm × 奥行き292mm。
非常にスリムなので置き場所に困るシーンは少ないと思います。
ブラックを基調とした落ち着いたデザインを採用。前面部の下部に幾何学的な模様が入っており、デザイン上のアクセントになっています。
簡単に掴める大きさです。
27インチモニタに接続するとこんな感じ。
2)スペックをチェック
Inspironスモールデスクトップ(3030)の主なスペックは次のとおり。先代モデルのInspironスモールデスクトップ(3020)のスペックを並べてみました。

【Inspironスモールデスクトップ(3030)の主なスペック】
 
【参考】
Inspironスモールデスクトップ(3020)
Inspironスモールデスクトップ(3030)
CPU
第13世代インテルCore i3-13100プロセッサー (4コア, 12MB キャッシュ, 3.4 GHz-4.5 GHz)
第13世代 インテルCore i5-13400プロセッサー(10コア,20MBキャッシュ,2.5GHz-4.6GHz)
第13世代 インテル Core i7-13700 プロセッサー (16-コア, 24MB キャッシュ, 2.1GHz − 5.1GHz)
第14世代インテルCore i3-14100(4コア,8スレッド,12 MB)
第14世代インテルCore i5-14400(10コア,16スレッド,20MB)
第14世代インテルCore i7-14700(20コア,28スレッド,33MB)

メモリ
8 GB, 1 x 8 GB, DDR4, 3200 MHz
16 GB, 1 x 16 GB, DDR4, 3200 MHz
8GB, 1×8GB, DDR5, 4400MT/s
16GB, 1x16GB, DDR5, 4400MT/s
ストレージ
256GB/512GB/1TB M.2 PCIe NVMe SSD
512GB/1TB M.2 PCIe NVMe SSD
グラフィックス
インテルUHDグラフィックス 730 共有 グラフィックス メモリー 付き(Core i3/i5搭載時)
インテル UHD グラフィックス 770 共有 グラフィックス メモリー 付き(Core i7搭載時)
インテルUHDグラフィックス730(CPU内蔵)
インテルUHDグラフィックス770(CPU内蔵)
光学ドライブ

トレイロード式 DVD ドライブ (DVD±RW/CD-RW)

トレイロード式 DVD ドライブ (DVD±RW/CD-RW)

寸法
幅92.6mm
×
高さ290.00mm
×
奥行き292.8mm
幅92.6mm
×
高さ290.00mm
×
奥行き292mm
【CPU】
CPUは、第14世代インテルCoreプロセッサ搭載モデルを選択可能。インテルCore 53-14100 /Core i5-14400/Core i7-14700プロセッサ搭載モデルが選べます。
CPU 第14世代インテルCore i3-14100 第14世代インテル Core i5-14400 第14世代インテル Core i7-14700
コアの数 4
(Performance-cores:4)
(Efficient-cores:0)
10
(Performance-cores:6)
(Efficient-cores:4)
20
(Performance-cores:8)
(Efficient-cores:12)
スレッドの数 8 16 28
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 4.70GHz 4.70GHz 5.60GHz
キャッシュ 12MB 20MB 33MB
■第14世代インテルCoreプロセッサの特徴■
第14世代プロセッサでは特徴の異なる2種類のコア(Performance-coresとEfficient-cores)を混在させています。コア数を単純に増やすとマルチスレッド性能は向上しますが、消費電力が大きくなってしまいます。第14世代プロセッサでは、パフォーマンスが低めながら消費電力の小さいEfficient-coresとパフォーマンスが高いPerformance-coresを使い分けることにより、パフォーマンスを高めつつ消費電力を抑えることが可能になっています。
■ベンチマークのスコア■
各プロセッサの性能を確認するために、ベンチマークのスコアをチェックしました。
CPU
スコア
第13世代インテル Core i7-14700
51,516
第13世代インテル Core i7-13700(一世代前)
38,021
第12世代インテル Core i5-14400
26,767
第13世代インテル Core i5-13400(一世代前)
25,088
第12世代インテル Core i3-14100
14,367
第13世代インテル Core i3-13100(一世代前)
14,722
【メモリ】
メモリはDDR5のシングルチャネル構成です。
メモリ1枚挿しのシングルチャネル構成よりも、2枚挿しのデュアルチャネル構成の方が、データへのアクセスが速くなるケースが多いのですが、Inspironスモールデスクトップ(3030)ではシングルチャネル構成しか選べません。マニュアルを確認したところ、メモリスロットは2基搭載されているので、デュアルチャネル構成にしたければ購入後に増設することは可能だと思います(増設は保証の対象外となります)。
メモリ容量は 8GB/16GB搭載モデルを搭載可能。 エントリクラスに位置づけられるデスクトップPCなので、ネットを見る/SNSを楽しむ/動画を再生する、といった比較的負荷の軽いタスクであれば、8GBのメモリを積んでいればストレスを感じるシーンは少ないと思います。しかし、余裕のあるパフォーマンスを確保したければ16GBメモリ搭載モデルがおすすめ。
メモリ容量  
説明
8GB  


快適
一般的なタスク(Web閲覧/メール/ビジネスアプリの操作/動画再生)であれば、それほどストレスなく処理できるレベルのパフォーマンスを確保できると思います。
16GB 負荷のかかる処理を快適に実行したい場合には、16GB以上のメモリを積むことをオススメします。
【ストレージ】
ストレージは、512GB/1TB SSDを選択可能。高速アクセスできるM.2 PCIe NVMeタイプのSSDを採用しています。
 
価格
アクセス速度
耐衝撃性
静音性
重量
HDD
従来から使われていたストレージ。大容量化が進み、SSDと比べて安価で大容量のデータを保存できます。ただし、データ転送速度はSSDよりも遅いです。
SSD
HDDよりもデータ転送速度が圧倒的に速いため、全体的なパフォーマンス向上につながります。ただし、HDDと比べて高価なため、同じ価格だと少ない容量しか積めません。
【グラフィックス】
グラフィックスには、CPU内蔵タイプのみを搭載可能。
グラフィックス
性能
用途
本モデルで選択可能
CPU内蔵タイプ  


高い
動画再生
NVIDIA GeForce MXシリーズ 動画再生/軽めのゲーム ×
NVIDIA GeForce GTX16シリーズ ゲーム/動画・画像編集 ×
NVIDIA GeForce RTX30シリーズ 負荷のかかる
ゲーム/動画・画像編集
×
CPU内蔵タイプのグラフィックスは、高い描画処理能力を必要とする画像/動画の編集やゲームなどを快適に処理するには向いていないので、こうした用途に使いたいのなら、他のNVIDIA GeForce RTXシリーズ搭載モデルを検討することをオススメします。
【まとめ】
この構成を見る限り、Inspironスモールデスクトップ(3030)はエントリーレベルに位置づけられているのがわかります。基本的には、ネットを見る/SNSを楽しむ/表計算ソフトを普通に使う/動画を再生するなど、あまり負荷のかからないタスクがメインの人向けの構成になっていると思います。
3)各パーツをチェック
Inspironスモールデスクトップ(3030)の各パーツをチェックしてみましょう。
前面部。1) 電源ボタン、2)光学ドライブ、3)メディアカードリーダー、4)グローバルヘッドセットジャック、5)2 x USB 2.0 Type A、2 x USB 3.2 Gen 1 Type-A、7) USB Gen 1 Type-Cが配置されています。先代モデルにはType-C端子は搭載されていなかったのですが、本モデル(3030)ではType-C端子が搭載されるようになりました。
背面部。8)ライン出力、9)HDMI 1.4b、10)DisplayPort、11)2 x USB 3.2 Gen 1 Type-A、12)2 x USB 2.0、13)拡張スロット、14)PSU、15)電源インジケーター、16)ケンジントンロックスロット、17)LANポート(RJ45)、18)パドロックループが配置されています。
【USB端子】
USB端子
個数/場所
最大転送速度
USB 2.0 Type-A 2個/前面部
2個/背面部
0.48Gbps
USB 3.2 Gen 1 Type-A 1個/前面部
2個/背面部
5 Gbps
USB 3.2 Gen 1 Type-C 1個/前面部 5 Gbps
USB端子は全部で8個搭載しています(前面部4個/背面部4個)。
【映像出力端子】
 
個数/場所
DisplayPort 背面部/1個
HDMI 背面部/1個
映像出力端子は上の2種類が搭載されています。おそらくは2画面同時出力に対応していると思います。
まとめ

以上、Inspironスモールデスクトップ(3030)について見てきました。主な特徴をまとめると次のとおり。

・コンパクト/スリムな筐体を採用
・第14世代インテルCoreプロセッサ搭載
・落ち着いたデザイン


第14世代インテルCoreプロセッサを搭載したスリムデスクトップPCです。