ハードディスク カスタマイズ DELL(デル)パソコン

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
デルパソコンのカスタマイズ方法について詳しく説明します。
HOME > カスタマイズ > IDEハードディスク
dell
DELLパソコン激安購入法
DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
DELLパソコンをインチで選ぶ
DELLパソコンを筐体で選ぶ
DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
DELLパソコンをランキングで選ぶ
DELLモニタを選ぶ
法人向けデルパソコン
デルパソコンカスタマイズ講座
他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
用途別パソコン一覧
液晶モニタ
セキュリティ
サウンドシステム
DELL
ハードディスク
DELL
ハードディスクとは?
ハードディスク(HD)とは、アプリケーションやデータを保存するための記憶装置。
内蔵と外付けの 2 種類が存在します。

内蔵の場合、インターフェイスとして、IDE(UltraATAとも呼ぶ)とシリアルATA(SATA)の2種類があります(詳細は「キーワード」を参照)。 また外付けの場合、USBを使用するケースがほとんどです。

ただし、内蔵ハードディスクのほうが外付けよりも高速にデータを転送できるので、速さにこだわる場合には内蔵ハードディスクの容量を増やす必要があります。
ハードディスク容量が多ければ多いほど、より大量のデータを格納することができます。
近年の技術革新により、大容量のハードディスクを数年前には考えられないような低価格で導入できるようになりました。
【ポイント】
画像や動画などのデータは非常に大きいので、こうしたデータを頻繁に扱うのであれば大容量のハードディスクを選択したほうが いいでしょう。

ただ、現時点ではそれほど大容量のハードディスクを必要としない場合、最低限の容量を確保するだけにして、必要になった時点で購入を検討してもよいでしょう。

USB を使えば簡単に外付けハードディスクを増設することができます。
DELL
キーワード
【IDE(Ultra ATA)】
現在利用されている標準の接続インターフェイス。
UltraATAの後に続く数値は最大転送速度を表します。
つまり「Ultra ATA100」の場合、100MB/秒の転送速度を表します。
【シリアルATA(SATA)】
IDEに続く次世代の接続インターフェイス。
IDEよりも高速なデータ転送を実現します。
現状では最大150MB/秒の転送が可能です。
(Dimension XPS/8400/4700cで採用)
DELLパソコンを選ぶ
シリーズで選ぶ インチで選ぶ 筐体で選ぶ 人気ランキングで選ぶ
Google

サイト内を検索
ブログ内を検索
WWW を検索
DELLラインアップ シリーズ早見表
DELLラインアップ デスクトップ早見表 ノートブック早見表
デル最新情報満載のブログもチェック!
DELLパソコン
購入徹底攻略法
最適なDELLパソコンを選択
モデルで選ぶ
用途で選ぶ
最新ランキングで選ぶ
詳しいレビューを参照する
ニーズに合ったマシンにカスタマイズ
安く手に入れる
dellcampaign5_120x600