DELL XPS 13(9380)(2019年モデル)レビュー

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
XPS 13(9380)について詳しく解説します。
HOME > DELLノートブック製品情報 > XPS 13(9380)レビュー
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼントキャンペーン
楽天スーパーポイント8,000ポイントプレゼントキャンペーン
dell
DELLパソコン激安購入法
DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
DELLパソコンをインチで選ぶ
DELLパソコンを筐体で選ぶ
DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
DELLパソコンをランキングで選ぶ
DELLモニタを選ぶ
法人向けデルパソコン
デルパソコンカスタマイズ講座
他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
Surfaceモデル一覧
用途別パソコン一覧
液晶モニタ
セキュリティ
サウンドシステム
DELL
New XPS 13(9380)(2019年モデル)レビュー

New XPS 13(9380)(2019年モデル)は、DELLのハイエンドシリーズ(XPS)に属する13.3インチ液晶を搭載したモバイルノート(*DELLパソコンの4桁の型番(このモデルの場合は「7380」を確認する方法はこちら)。

XPS13(9370/2018年モデル)の後継モデルに位置づけられます。
XPS13(9370)レビューはこちら

New XPS 13(9380)
ボディ/デザインの特徴は先代モデルとほぼ同じです。液晶の枠(ベゼル)の幅が狭く、ボディが非常にスリムでコンパクトなボディに仕上がっています(XPS 13(9370/2018年モデル)とNew XPS 13(9380/2019年モデル)の詳細な比較はこちら)。

それでありながら、第8世代インテルCoreプロセッサ+PCIe NVMe SSDという高い基本性能を備えています。

New XPS 13(9380)の主な特徴は次のとおり。

・ベゼル幅が非常に狭く、スタイリッシュなデザインになっている
・最薄部7.8mm/最厚部11.6mm、重量1.23kgのスリムで軽量なボディを実現
・第8世代インテルCore i3/i5/i7プロセッサ+SSDの組み合わせにより高いパフォーマンスを発揮できる
・4Kパネル/タッチパネル搭載モデルが用意されている
・シルバー/ゴールド/ホワイトの3つのカラーリングを用意


イベントでNew XPS 13(9380)に触ることができたので、ここではNew XPS 13(9380)の特徴・スペック等について詳しく解説します。

【レビュー目次】
*DELL Webサイトの製品ページを確認する
New XPS 13(9380)詳細情報
1)スリム/コンパクト/スタイリッシュなボディ

New XPS 13(9380)では、液晶の外枠(ベゼル)が狭いデザインを採用。


このおかげで
・画面を見ているときにベゼルが気にならず画面への没入感が高まる
・外枠が狭くなることでボディがコンパクトになる
というメリットを享受できます。


ボディはコンパクトなうえに、非常にスリム。最薄部で7.8mm、最厚部でも11.6mmしかありません。圧倒的な薄さを実現しています。


液晶を開いたところ。


またアルミ製ボディを採用することにより、質感の高いデザインに仕上がっています。
2)充実した基本構成
New XPS 13(9380)の主なスペックは次のとおり。

 
New XPS 13
(9380/2019年モデル)
CPU
第8世代インテルCore i3-8145U /
第8世代インテルCore i5-8265U/
第8世代インテルCore i7-8565U
メモリ
4GB/8GB/16GB LPDDR3
ストレージ
128GB/256GB/512GB PCIe NVMe SSD
 液晶
13.3インチ
解像度
■フルHD(1920×1080)

■4K Ultra HD(3840x2160)タッチパネル
主な端子類
2×Thunderbolt 3対応USB Type-C(電力供給およびDisplayPort対応)
1×USB-C 3.1(電力供給およびDisplayPort対応)
1×MicroSDカード リーダー
1×ヘッドフォン ジャック
カメラ
液晶上部
顔認証
×
カラー
プラチナシルバー&ブラック/ローズゴールド&アルペンホワイト/フロスト&アークティックホワイト
寸法
高さ: 7.8〜11.6 mm x 幅: 302 mmx 奥行き: 199 mm
最小重量
1.23Kg
最小構成価格
(税抜・配送料込)
126,980円

CPUは、高速処理が可能な第8世代Core i3/i5/i7プロセッサ搭載モデルを用意。

各プロセッサの詳細は次のとおり。

CPU 第8世代インテル Core i3-8145U
第8世代インテル Core i5-8265U 第8世代インテル Core i7-8565U
コアの数 2 4 4
スレッドの数 4 8 8
プロセッサー・ベース動作周波数 2.10GHz 1.60GHz 1.80GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 3.90GHz 3.90GHz 4.60GHz
キャッシュ 4MB 6MB 8MB



インテルCore i3-8145Uではコアを2つ、Core i5-8265U/i7-8565Uではコアを4つを搭載。

基本的には、コアの数が多いほど、同時に処理できるタスクの数が増えるため、マルチタスクの処理性能の向上が期待できます。

メモリは4GB/8GB/16GB搭載モデルを選択可能。

ストレージはSSDのみ。しかも、SATA接続タイプよりも高速アクセス可能なPCIe SSD搭載モデルを搭載しています。容量は128GB/256GB/512GB搭載モデルを選択可能。

光学ドライブは搭載されていません。


搭載している端子類は、2×Thunderbolt 3対応USB Type-C(電力供給およびDisplayPort対応)、1×USB-Type-C 3.1(電力供給およびDisplayPort対応)、1×MicroSDカード リーダー、1×ヘッドフォン ジャック。

Thunderbolt 3対応Type-Cポートにより、ノートパソコンの充電、デバイスへの接続(最大2台の4Kディスプレイへの接続サポートを含む(DisplayPort使用))が可能です(DisplayPort デバイスの接続には、USB Type-C - DisplayPort アダプタ(別売り)が必要です)。

さらにThunderbolt 3対応デバイスと接続することで、USB 3.0の約8倍となる最大40 Gbpsでのデータ転送が可能になります。

New XPS 13(9380)にはUSB-Type-C端子のみが搭載されており、レガシーのUSB Type-A端子は搭載されていませんが、USB-C - USB-A 3.0アダプタが同梱されているので、このアダプタを使えば、従来のUSBデバイスを利用できます。

LAN端子は搭載されていないので有線でネットに接続する環境を構築している場合には注意が必要です。

ワイヤレスはIEEE 802.11a/b/g/n/acに対応しています。

バッテリ駆動時間は最大21時間を確保(フルHDモデルの場合)。外出中もバッテリ切れの心配をすることなく作業に集中できます。


指紋リーダーが電源ボタンに内蔵されているため、セキュリティを確保できます。電源ボタンを押すだけでログインできます。

カラーリングは、先代モデル(XPS 13(9370))で用意されていたプラチナシルバー&ブラック/ローズゴールド&アルペンホワイトに加えて、本モデル(New XPS 13(9380))ではフロスト&アークティックホワイトが用意されています。


上の画像の一番上がプラチナシルバー&ブラックモデル。天板部分がシルバー、キーボードおよび周辺部がブラックです。

下段の左がローズゴールド&アルペンホワイトモデル、右がフロスト&アークティックホワイトモデルです。「フロスト」とは英語で「霜」のことなので、霜をイメージしたカラーリングということですかね。シンプルな色合いが好きな人に受けそうです。


キーボード/周辺部がホワイトかブラックかで大きく印象が異なるのがわかります。

会場には新色のフロスト&アークティックホワイトとローズゴールド&アルペンホワイトが展示されていました。


フロスト&アークティックホワイト。


液晶の外枠、キーボード/周辺部も鮮やかなホワイトです。


ローズゴールド&アルペンホワイト。


2つのカラーリングモデルを並べてみました。


いずれも液晶の外枠/キーボード/周辺部はホワイトで、並べてみてそんなに大きな違いは感じませんでした。


底面部も天板部と同じカラーリングを採用しています。


こちらはプラチナシルバー&ブラック(写真はXPS 13(9370)です)。


3)パッケージ別のスペック
New XPS 13(9380)では、現在、スタンダード/プレミアム/プラチナ/プラチナ・4Kタッチパネル/プラチナハイエンド・4Kタッチパネルの5つのパッケージが用意されています。それぞれのスペックは次のとおり。

 
スタンダード
プレミアム
プラチナ
プラチナ・
4Kタッチパネル
プラチナハイエンド・
4Kタッチパネル
 液晶
13.3インチ
解像度
フルHD
(1920×1080)
4K Ultra HD(3840x2160)タッチパネル
CPU
第8世代インテルCore i3-8145U
第8世代インテルCore i5-8265U
第8世代インテルCore i7-8565U
メモリ
4GB
LPDDR3
8GB
LPDDR3
16GB
LPDDR3
ストレージ
128GB
PCIe NVMe SSD
256GB
PCIe NVMe SSD
512GB
PCIe NVMe SSD
カラー
プラチナシルバー&ブラック
プラチナシルバー&ブラック/
ローズゴールド&アルペンホワイト/
フロスト&アークティックホワイト
最小構成価格
(税抜・配送料込)
126,980円
152,980円
162,980円
187,980円
212,980円


液晶の解像度/CPU/メモリ容量/ストレージ容量/カラーリングの5つの項目で、異なるパーツ構成のパッケージを選べます。

特筆すべきは、安さを重視したスタンダードパッケージを用意した点。インテルCore i3+4GBメモリ+PCIe NVMe SSDという構成は、パフォーマンスを重視したい人にはちょっと物足りませんが、Web閲覧や動画再生といった、比較的負荷の軽いタスクをメインに行う人にとっては、十分な構成だと思います。

ストレージ容量が128GBしかないので、容量が足りなくなる可能性が出てきますが、外付けのストレージを接続すればそれで十分だと、いうことであれば、価格重視で選ぶのもありだと思います。ただしカラーリングは、渋めのプラチナシルバー&ブラックしか選べません。

4)XPS 13(9370/2018年モデル)とNew XPS 13(9380/2019年モデル)の比較
XPS 13(9370/2018年モデル)とNew XPS 13(9380/2019年モデル)の主なスペックを比較してみましょう。

2018年モデルでは、最小構成がインテルCore i5/8GBメモリ/256GB SSDだったのですが、2019年モデルでは最小構成がCore i3/4GBメモリ/128GB SSDに設定されており、性能はほどほどでいいから安く手に入れたい、というニーズに応える仕様になっています。

2018年モデルとの主な違いとして、2019年モデルは、
・Webカメラが液晶上部に移動
・Whiskey Lake-Uプロセッサを搭載
・新しいカラーリングモデル(フロスト&アークティックホワイト)が登場

という点が挙げられます。

違いについて詳しく見ていきます。

 
XPS 13
(9370/2018年モデル)
New XPS 13
(9380/2019年モデル)
CPU
第8世代インテルCore i5-8250U/
第8世代インテルCore i7-8550U
第8世代インテルCore i3-8145U /
第8世代インテルCore i5-8265U/
第8世代インテルCore i7-8565U
メモリ
8GB/16GB LPDDR3
4GB/8GB/16GB LPDDR3
ストレージ
256GB/512GB/1TB PCIe NVMe SSD
128GB/256GB/512GB PCIe NVMe SSD
 液晶
13.3インチ
解像度
■フルHD(1920×1080)

■4K Ultra HD(3840x2160)タッチパネル
主な端子類
2×Thunderbolt 3対応USB Type-C(電力供給およびDisplayPort対応)
1×USB-C 3.1(電力供給およびDisplayPort対応)
1×MicroSDカード リーダー
1×ヘッドフォン ジャック
カメラ
液晶下部
液晶上部
顔認証
×
カラー
プラチナシルバー&ブラック/ローズゴールド&アルペンホワイト
プラチナシルバー&ブラック/ローズゴールド&アルペンホワイト/フロスト&アークティックホワイト
寸法
高さ: 7.8〜11.6 mm x 幅: 302 mmx 奥行き: 199 mm
最小重量
1.21Kg
1.23Kg
最小構成価格
(税抜・配送料込)
149,980円
126,980円


前述したように、ボディの大きさは同じ、重量もほぼ同じです。主な違いは次のとおり。

【CPU】
New XPS 13(9380/2019年モデル)では第8世代インテルCore i3/i5/i7プロッサ(Whiskey Lake)搭載モデルを選択可能。2018年モデルではCore i3搭載モデルは用意されていませんでした。

【メモリ】
New XPS 13(9380/2019年モデル)では4GBメモリ搭載モデルが用意されています。負荷のかかる作業を快適に処理するのであれば8GB以上のメモリを積んだ方がいいと思いますが、負荷の軽いタスク(Web閲覧/動画再生/ExcelやWordなどの操作)がメインであれば、価格を抑えるために4GBメモリを選択するというのはありだと思います。

【ストレージ】
New XPS 13(9380/2019年モデル)では、128GB SSD搭載モデルを選択可能。SSDはいずれも、SATA接続タイプよりも高速アクセスできるPCIe NVMe SSDです。

ぶっちゃけ、128GBだと、容量の大きなデータを扱うには不安ですが、大容量データは、別に用意したUSBストレージや外部HDDなどで扱うと割り切るのであれば、安く購入するために128GB搭載モデルを選択するというのもありだと思います。

【カメラ】
New XPS 13(9380/2019年モデル)の最も大きな特徴として、Webカメラが液晶上部に配置されている点が挙げられます。


どういうことかというと、先代モデルでは液晶上部のフレーム部分にWebカメラを配置できず、液晶下部に配置せざるを得ませんでした。


この結果、カメラの画角が見上げる形になり、映し出される映像も当然、下から見上げる感じになります。なのでカメラ映りを気にする人には不評だったのですが、New XPS 13(9380/2019年モデル)では液晶上部に配置されるため、自然な角度で撮影することが可能になります。

【顔認証】
狭いところにWebカメラを配置したため、New XPS 13(9380/2019年モデル)では赤外線カメラが搭載できなかったようです。New XPS 13(9380/2019年モデル)の製品詳細ページ、ユーザーマニュアルで赤外線カメラの存在を確認できませんでした。なので、2019年モデルは顔認証に対応していないと思われます。

【カラーリング】
XPS 13 (9370/2018年モデル)では、プラチナシルバー&ブラック/ローズゴールド&アルペンホワイトの2つのカラーリングモデルが用意されていましたが、New XPS 13(9380/2019年モデル)ではこの2つに加え、フロスト&アークティックホワイトが新たに用意されました。
5)各パーツをチェック
New XPS 13(9380)の各パーツをチェックします。


液晶は13.3インチパネルを搭載。

液晶
フルHD(1920×1080)
4K Ultra HD(3840x2160)
タッチパネル
×
リフレッシュレート
60Hz
60Hz

フルHDパネル搭載モデルか4Kパネルを選択可能。いずれも光沢パネルを採用。4Kパネルはタッチパネルです(ユーザーマニュアルには、フルHD+タッチパネルの構成が記載されていますが、Webの製品ページには見当たりませんでした)。


展示モデルは4Kパネルを搭載。非常に精細感の高い表示でした。視野角も広めです。

輝度が400ニットの明るいディスプレイを採用しています。


キーボード、


個々のキーが独立したセパレートタイプを採用。



キーピッチは約19mm。デスクトップPCのキーボードと同程度のキーピッチを確保しているので、窮屈さは感じないと思います。キーストロークは1.3mmです。


キーボードにはバックライトが装備されています。


タッチパッドはクリックボタンが一体となったタイプを採用。




写真の左(本体手前)から順にスピーカー、MicroSDカードリーダー、USB-Type C 3.1(電力供給およびDisplayPort対応)、ヘッドセット ジャックが配置されています。


左側面部。

写真の左(本体手奥)から順に、ウェッジシェイプ・ロック・スロット、Thunderbolt 3対応USB Type-C(電力供給およびDisplayPort対応)×2、バッテリー ゲージ インジケーター、スピーカーが配置されています。


バッテリーゲージインジケータは、ボタンを押すとバッテリ残量が5段階で表示されます。電源オフの状態でもバッテリ残量をチェックできます。

背面部に端子類は配置されていません。
まとめ

New XPS 13(9380)の特徴をまとめると次のとおり。

・ベゼル幅が非常に狭く、スタイリッシュなデザインになっている
・最薄部7.8mm/最厚部11.6mm、重量1.23kgのスリムで軽量なボディを実現
・第8世代インテルCore i3/i5/i7プロセッサ+SSDの組み合わせにより高いパフォーマンスを発揮できる
・4Kパネル/タッチパネル搭載モデルが用意されている
・シルバー/ゴールド/ホワイトの3つのカラーリングを用意。


*詳しくは、New XPS 13(9380)詳細情報(DELL Webサイトにジャンプします)を参照してください。

【XPS 13(9370)レビュー】
New XPS 13(9380)の先代モデルXPS 13(9370)の特徴について解説しています。前述したとおり、ボディのサイズ/デザインはほぼ同じなので参考になる部分が多いと思います。詳しくはXPS 13(9370)レビューを参照してください。


【3つのXPS 13モデルの比較】
現在XPS 13には9360/9370/9380の3つのモデルが用意されているので、それぞれのスペックを比較しました。
XPS 13の比較(9360/9370/9380)

当サイト特別キャンペーン登場!DELL個人/法人向けPC(85,000円(税抜)以上)を購入する際に、当サイト専用ページ経由で購入すれば、楽天スーパーポイント3,000ポイントがプレゼントされます。2019年4月30日(火)までの期間限定です。

通常の値引きにプラスする形で3,000ポイントもらえるので非常にお得です!!詳細については、「楽天スーパーポイント3,000ポイントをゲットする方法」を参照してください。

dell

【新生活応援セール】実施中!DELLの対象製品をオンラインストアで注文する際にクーポンを利用すれば、最大20%オフになるキャンペーン実施中です(2/25(月)迄)!!Amazonギフト券5千円分が当たるキャンペーンも実施中です。詳細情報/クーポンコードについては、【個人向け】お買い得情報 (DELL Webページ)を参照してください。

対象
購入額
割引額
今週のおすすめ製品:
高性能ノートパソコンシリーズ:
XPS・Dell G/Inspiron 13 7370/Inspiron 13 7373 2-in-1/Inspiron 13 7380/New Inspiron 13 7386 2-in-1/Inspiron 14 7472
-
20%オフ
上記以外の製品
6万円以上
15%オフ
6万円未満
5%オフ
dell
Google

サイト内を検索
ブログ内を検索
WWW を検索
DELLラインアップ シリーズ早見表
DELLラインアップ デスクトップ早見表 ノートブック早見表
デル最新情報満載のブログもチェック!
dellcampaign5_120x600