DELL Inspiron 15 3000(3593) 解説

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
Inspiron 15 3000(3593)について詳しく解説します。
HOME > DELLノート製品情報 > Inspiron 15 3000(3593)徹底解説
  • デル即納モデル
  • 楽天スーパーポイントプレゼントキャンペーン
  • dell
  • DELLパソコン激安購入法
  • DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
  • DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
  • DELLパソコンをインチで選ぶ
  • DELLパソコンを筐体で選ぶ
  • DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
  • DELLパソコンをランキングで選ぶ
  • DELLモニタを選ぶ
  • 法人向けデルパソコン
  • デルパソコンカスタマイズ講座
  • 他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
  • 用途別パソコン一覧
  • Chromebook(クロームブック)
  • ウルトラブック
  • 液晶モニタ
  • ナナオ液晶モニタ(EIZO)
  • セキュリティ
  • ウイルス対策ソフト
  • サウンドシステム
  • BOSE
DELL
Inspiron 15 3000(3593)徹底解説
Inspiron 15 3000(3593)は15インチ液晶を搭載したノートPC。(*DELLパソコンの4桁の型番(本モデルの場合「3593」)を確認する方法はこちら)

InspironノートPCのエントリーシリーズInspiron 3000シリーズに位置づけられており、コストパフォーマンスを重視した構成になっています(→参考:Inspiron 3000シリーズの特徴/ラインアップ)。

3000シリーズは、価格の安さと実用性の高さからデルのノートPCで高い人気を誇るシリーズです。
Inspiron 15 3000(3593)
シリーズ
 
特徴

Inspiron

3000シリーズ


上位
シリーズ
コストパフォーマンスに優れたエントリシリーズ
5000シリーズ Inspironシリーズの中間に位置づけられるミッドレンジシリーズ
7000シリーズ Inspironの中で最も性能にこだわったシリーズ
XPS 美しいデザインと高性能を両立させたスタイリッシュなノートシリーズ
主な特徴は次のとおり。

・CPUに第10世代インテルCoreプロセッサを搭載したエントリータイプのノートPC
・15.6インチ液晶搭載のA4サイズノートPC
・インテルCoreプロセッサ搭載で最小構成が4万円台というお手頃価格を実現


ここでは、Inspiron 15 3000(3593)の特徴・スペックについて詳しく解説します。

*Inspiron 15 3000シリーズとして4つのモデル(3583/3593/3501/3505)が用意されています。各モデルの違いについては、次の記事を参照してください。

→参考:Inspiron 15 3000シリーズのスペック比較
【目次】
dell
*ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずDELL Webサイトでご確認ください。
1)スペックをチェック(第10世代インテルCoreプロセッサ搭載)
【Inspiron 15 3000(3593)の主なスペック】
 
Inspiron 15 3000(3593)
 液晶
(最大解像度)
15.6インチ FHD (1920 x 1080)
非光沢 LEDバックライト
ノンタッチ ディスプレイ
タッチパネル
×
CPU
第10世代 インテル Core i3-1005G1 プロセッサー (4MB キャッシュ, 最大 3.4 GHz まで可能)
第10世代インテル Core i5-1035G1 プロセッサー (6MB キャッシュ, 最大 3.6 GHz まで可能)
第10世代インテル Core i7-1065G7 プロセッサー (8MB キャッシュ, 最大 3.9 GHz まで可能)
メモリ
4GB, 4Gx1, DDR4, 2666MHz
8GB, 1x8GB, DDR4, 2666MHz
ストレージ
256GB M.2 PCIe NVMe SSD/
512GB M.2 PCIe NVMe SSD
1TB 5400 rpm 2.5インチ SATA HDD
グラフィックス
インテル UHD グラフィックス 共有 グラフィックス メモリー 付き
インテル Iris Plus グラフィックス 共有 グラフィックス メモリー 付き
光学ドライブ
なし/
トレイロード式 DVD ドライブ (DVD±RW/CD-RW)
主な端子類
1 x SDカード リーダー
1 x USB 2.0
1 x USB3.1 Type-C(グラフィックスボード搭載モデルのみ、データ転送専用) 
1 x HDMI 1.4b
1 x LANポート
2 x USB 3.1 Gen 1
1 x ヘッドフォンとマイク オーディオ ジャック
カラー
スパークリングホワイト/プラチナシルバー/ブラック/ウルトラブルー
寸法
高さ: 22.7 mm x 幅: 380.0 mm x 奥行き: 258.0mm(光学ドライブあり)/
高さ: 19.7 mm x 幅: 380.0 mm x 奥行き: 258.0mm(光学ドライブなし)
最小重量
2.20kg(光学ドライブあり)

2.13kg(光学ドライブなし)
最小構成価格(税抜・配送料込)
45,980円

(ここに記載されている価格は、クーポン適用前の価格です。実際に購入する際には、提供されているクーポン分の値引きの適用を受けることができます)

【CPU】
CPU
性能
価格
Celeron
低い
低い
Pentium
第10世代Core
第11世代Core
高い
高い

CPUには、インテル第10世代Core i3-1005G1/Core i5-1035G1/Core i7-1065G7プロセッサ搭載モデルが用意されています。各プロセッサの詳細は次のとおり。

CPU 第10世代インテルCore i3-1005G1 第10世代インテルCore i5-1035G1 第10世代インテルCore i7-1065G7
コアの数 2 4 4
スレッドの数 4 8 8
プロセッサー・ベース動作周波数 1.20GHz 1.00GHz 1.30GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 3.40GHz 3.60GHz 3.90GHz
キャッシュ 4MB 6MB 8MB
TDP 15W 15W 15W

【メモリ】
メモリは4GB/8GB搭載モデルを用意。4GBメモリ搭載モデルでも、Web閲覧/動画再生といった、比較的に負荷のかからないタスクであれば、それほどストレスなく作業できるケースがほとんどだと思いますが、負荷がかかるタスクを実行する場合や複数のタスクを実行する場合、ちょっと処理にもたつく可能性があります。

余裕のあるパフォーマンスを確保したければ8GBメモリ搭載モデルを選択するのがオススメです。

メモリ容量  
説明

4GB

 


快適
価格重視のモデルで4GBメモリ搭載モデルが用意されることが多いです。価格が安く設定されるのがメリットですが、ちょっと負荷のかかる処理を実行しようとすると、動きがもっさりすることがあるので、できれば8GBメモリ以上のメモリ搭載モデルを選ぶのがおすすめ。
8GB 一般的なタスク(Web閲覧/メール/ビジネスアプリの操作/動画再生)であれば、それほどストレスなく処理できるレベルのパフォーマンスを確保できると思います。

【ストレージ】
ストレージはSSDまたはHDD搭載モデルを選択可能。速度重視であればSSDですが、容量は256GB/512GB。対して、HDDの場合、1TBの容量を確保できます。

 
価格
アクセス速度
耐衝撃性
静音性
重量
HDD
従来から使われていたストレージ。大容量化が進み、SSDと比べて安価で大容量のデータを保存できます。ただし、データ転送速度はSSDよりも遅いです。
SSD
HDDよりもデータ転送速度が圧倒的に速いため、全体的なパフォーマンス向上につながります。ただし、HDDと比べて高価なため、同じ価格だと少ない容量しか積めません。

大容量データは扱わず、データアクセス速度を重視したいのであればSSD、大容量データ保存を優先させる場合はHDDを選ぶといいでしょう。

個人的には、SSD搭載モデルを選択した方が、サクサク処理できるのでおすすめ。

【グラフィックス】
グラフィックスはCPU内蔵タイプ搭載モデルのみを選択可能(以前はNVIDIA GeForce MX230 2GB GDDR5搭載モデルが用意されていましたが、現時点では用意されていません)。なので描画処理能力を必要とするタスク(動画・画像の編集など)には不向きです。

グラフィックス
性能
用途
本モデルで選択可能
CPU内蔵タイプ  


高い
動画再生
NVIDIA GeForce MXシリーズ 動画再生/軽めのゲーム ×
NVIDIA GeForce GTX16シリーズ ゲーム/動画・画像編集 ×
NVIDIA GeForce RTX20シリーズ 負荷のかかる
ゲーム/動画・画像編集
×

【光学ドライブ】
光学ドライブを搭載したモデル、非搭載のモデルを選べます。非搭載モデルの方が、ボディがスリム/軽量化されています。
 
利便性
ボディのコンパクトさ/重量
価格
光学ドライブなし
(ボディが薄い/軽い)

(価格が安い)
光学ドライブあり
(いつでも使える)
2)パッケージ別のスペックをチェック
Inspiron 15 3000(3593)の パッケージ別のスペックをチェックしてみましょう。
【Inspiron 15 3000(3593))のパッケージ別のスペック】
パッケージ
スタンダード
スタンダード
(SSD)
プレミアム(光学ドライブ無・SSD)
プレミアム(光学ドライブ無・大容量SSD搭載)
プラチナ
(大容量SSD)
 液晶
(最大解像度)
15.6インチ
非光沢
(1920×1080)
CPU
第10世代 インテル Core i3-1005G1
第10世代インテル Core i5-1035G1
第10世代インテル Core i7-1065G7
メモリ
4GB, 4Gx1, DDR4, 2666MHz
8GB, 8Gx1, DDR4, 2666MHz
ストレージ
1TB 5400 rpm 2.5インチ SATA HDD
256GB M.2 PCIe NVMe SSD
512GB M.2 PCIe NVMe SSD
グラフィックス
インテル UHDグラフィックス
インテル Iris Xe グラフィックス
光学ドライブ
有り
無し
有り
カラー
ブルー
ホワイト/ブラック/ブルー
ブルー
最小構成価格 (税抜・配送料込)
45,980円
56,980円
67,980円
72,980円
79,980円
(上記価格はクーポン適用前の価格です。クーポン適用すると、さらに安く購入できます)

現在、5つのパッケージが用意されています(それぞれのパッケージには、Office無し/付きモデルが用意されています)。
3)15インチ液晶搭載ノートPC
Inspiron 15 3000(3593)は15インチ液晶という大きめのパネルを搭載したノートPCです。
最近は、液晶の外枠(ベゼル)が狭いスリムベゼルデザインが流行っていますが、Inspiron 15 3000(3593)のベゼルが厚め。従来のデザインを踏襲しており、ちょっと野暮ったさが残っています。
重量は2.20kg(光学ドライブあり)、2.13kg(光学ドライブなし)。標準的な15インチノートPC(約2kg)よりちょっと重いので、気軽に外に持ち出すのは難しそう。据え置きタイプとして使うのに適しています。
カラーバリエーションはスパークリングホワイト/ブラック/ウルトラブルーの3色を用意。
Inspiron 15 3000
スパークリングホワイト。

Inspiron 15 3000
ブラック。ブラックモデルのみ、表面が凸凹しています。

Inspiron 15 3000
ウルトラブルー。スタンダード/プラチナパッケージではブルーモデルのみを選択できます。
4)使い勝手をチェック
搭載している端子は、
・SDカードリーダー×1
・USB 2.0×1 ・LAN×1
・HDMI 1.4b×1
・USB 3.1 Gen 1×2
・ヘッドフォン/マイクオーディオ入力ジャック×1

グラフィックスボード搭載モデルのみUSB3.1 Type-C端子を搭載しています(データ転送専用)。
Inspiron 15 3000(3593)に搭載されているUSB端子は次のとおり。
USB端子
最大転送速度
本モデルでの搭載
個数/場所
USB 2.0 Type-A 0.48Gbps 1個/
右側面部
USB 3.2 Gen 1 Type-A 5 Gbps 2個/
左側面部
従来から使われているUSB Type-A端子を3個搭載。より小さくて前後の向きのないType-C端子は非搭載です。
■外部映像出力
Inspiron 15 3000(3593)に搭載されている映像出力端子はHDMIのみです。
映像出力端子
個数/場所
用途
HDMI 1.4 1個/左側面部 映像+音声
HDMI外部映像出力端子を経由して外部モニタに接続することで、大画面で表示できるようになるため、作業効率をアップできます。
■指紋認証
指紋認証リーダーがオプションとして用意されています。
5)各パーツをチェック
【液晶】
液晶は15.6インチパネルを採用。フルHD対応の1920×1080ドットパネルを搭載しています。非光沢タイプのパネルなので、照明などの映り込みが発生しにくく実用性は高いと思います。タッチパネルは非搭載です。

マニュアルを確認したところ、IPSパネルではなくTNパネルを採用しています。TNパネルは、表示の綺麗なIPSパネルに比べて、精細感に劣る・視野角が狭いという特性があるので、画面の綺麗さにこだわるのであれば注意が必要です。
 
メリット
デメリット
TN ・価格が安い
・応答速度が速い
・色表現が淡い
・青みがかった表示
・視野角が狭い
IPS ・色表現が優れている
・視野角が広い
・価格が高い
TNパネルのメリット/デメリットは上のとおり。
 
画面表示
視野角
価格
TN 淡い


綺麗
狭い


広い
安い


高い
IPS
ただし、TNパネルの場合でも、角度を調整すれば、それほど見づらさは感じないと思います。

【キーボード】
Inspiron 15 3000
テンキーを搭載。キーピッチ(キー間の距離)は19.05mmでフルサイズのキーボードと同程度のピッチを確保しているため、窮屈さは感じないと思います(上の画像は英語キーボードですが、国内販売モデルには日本語キーボードが搭載されています)。

【右側面部】
Inspiron 15 3000
光学ドライブ搭載モデルの右側面部。

1. SDカード リーダー | 2.USB 2.0 | 3.光学ディスクドライブ | 4.セキュリティ ケーブル スロット

Inspiron 15 3000
光学ドライブ非搭載モデルの右側面部。

1. SDカード リーダー | 2.USB 2.0 | 3.セキュリティ ケーブル スロット

【左側面部】
Inspiron 15 3000
左側面部。

1.電源 | 2.USB 3.1 Gen 1(Type-C)ポート(オプション) | 3.HDMI | 4.LAN | 5.USB 3.1 Gen 1 ポート×2 | 5.ヘッドフォンとマイク入力ジャック

USB 3.1 Gen 1(Type-C)ポートは、NVIDIA GeForce MX230 2GB GDDR5 グラフィックス搭載時のみ利用可能です。データ転送だけに使用でき、外部に映像出力するのには利用できません。

まとめ
Inspiron 15 3000(3593)
以上、Inspiron 15 3000(3593)について解説しました。特徴をまとめると次のとおり。

・CPUに第10世代インテルCoreプロセッサを搭載したエントリータイプのノートPC
・15.6インチ液晶搭載のA4サイズノートPC
・インテルCoreプロセッサ搭載で最小構成が4万円台というお手頃価格を実現


価格にこだわりたいが、一定のパフォーマンスを確保したい人にとっては、第10世代インテルCoreプロセッサを搭載しつつ、最小構成が4万円に設定されているInspiron 15 3000(3593)は魅力的だと思います。

新春セール開催中!DELLの対象製品を注文する際にクーポンを利用すれば最大18%オフになるキャンペーン実施中です(2021年1月18日(月)迄)!!

詳細情報/クーポンコードについては、【個人向け】お買い得情報 (DELL Webページ)を参照してください。

dell

当サイト特別キャンペーン登場!通常の値引きにプラスする形で楽天スーパーポイントをもらえるので非常にお得です!!詳細については、「楽天スーパーポイントをゲットする方法」を参照してください。

dell

【即納モデルがおすすめ!】新型コロナウイルスの影響でPCが手元に届くまでの期間が長くなっています。デルでは即納モデルが用意されており、最短で翌日に手元に届きます。詳しくは、「デル即納モデルについて詳しく解説:即納モデルを注文したら翌日届きました!」を参照してください。

当サイトではデルパソコンの詳細情報/レビューを多数掲載しています。更新情報に関しては、ツイッターにアップしています。