DELL S2719DC USB-Cモニタ レビュー

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
S2719DCの詳細なレビューを示します。
HOME > DELLモニタ情報 > S2719DC USB-Cモニタレビュー
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼントキャンペーン
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼントキャンペーン
dell
DELLパソコン激安購入法
DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
DELLパソコンをインチで選ぶ
DELLパソコンを筐体で選ぶ
DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
DELLパソコンをランキングで選ぶ
DELLモニタを選ぶ
法人向けデルパソコン
デルパソコンカスタマイズ講座
他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
Surfaceモデル一覧
用途別パソコン一覧
液晶モニタ
セキュリティ
サウンドシステム
DELL
DELL S2719DC USB-Cモニタレビュー
DELL S2719DC USB-Cモニタは、27インチ液晶モニタ。

液晶の外枠が非常に狭くなったデザインを採用。非常にスタイリッシュな仕上がりになっています。

またUSB Type-Cケーブルで接続することでデータの送受信/給電を同時に行えるため、配線をスッキリさせることができます。

S2719DC レビュー

イベントでS2719DCに触ることができたので詳しく解説します。

【S2719DCの主なスペック】
 
S2719DC
サイズ
27(16:9ワイドスクリーン)
パネル
IPSパネル/アンチグレア
最大解像度
2560×1440
接続性
HDMI, USB-C


S2719DCは27インチパネルを搭載。最大解像度は2560×1440ドットの高精細パネルを採用。

画面がすごく明るいです。従来モデルでは最大輝度400ニットだったのですが、このS2719DCでは最大輝度600ニット。

IPSパネルを搭載しているため、表示が綺麗なうえ、広い視野角を誇ります。また非光沢パネルのため映り込みが気になりません。

あとブルーライトの発生を抑制したり、ちらつきの少ない画面表示を実現したりすることで目への負担を軽減することができます。

液晶の外枠(ベゼル)の幅は狭くなっており、フレームの存在を気にすることなく画面への没入感を高めることができます。


S2719DCでは、他のデバイスと付属のUSB-Cケーブルで接続することで、充電しながら、データ/ビデオ/オーディオを同時に送受信することができます。

会場では、USB Type-Cによる映像出力に対応しているNew XPS 13とS2719DCがUSB Type-Cケーブルで接続されていました。New XPS 13には電源ケーブルが接続されておらず、U3219Qと接続されているケーブルから給電されています。

したがって外出先から帰ってきたとき、New XPS 13とS2719DCをUSB Type-Cケーブルで接続するだけで、外部出力できるほか、充電も行えます。


デザイン面での仕上がりもいい感じです。背面部はオールシルバー。


端子類が配置されている部分もシルバーです。このあたりDELLのこだわりを感じますね。



以上、 S2719DCについて詳しく見てきました。特徴をまとめると次のとおり。

・27インチパネル搭載
・スタイリッシュなデザイン
・ベゼル幅が薄い
・USB Type-Cケーブルで接続することでデータの送受信と給電を同時に実行可能
・輝度の高く表示が綺麗な液晶パネルを搭載


*詳しくは、Dell S2719DC USB-Cモニタ詳細情報(DELL Webページ)を参照してください。

【2018/12/25(火)まで】デルのおすすめモニタが最大15,000円オフになるクーポン発行中!詳細については、【個人向け】お買い得情報(DELL Webページ)を参照してください。

液晶モニタについて
チェック! DELL液晶モニタラインアップ
dell モニタ一覧
チェック! 液晶パネルの違いって?
チェック! モニタを選択する際に重視するスペックって?


Google

サイト内を検索
ブログ内を検索
WWW を検索
DELLラインアップ シリーズ早見表
DELLラインアップ デスクトップ早見表 ノートブック早見表
デル最新情報満載のブログもチェック!
dellcampaign5_120x600