DELL Inspiron 3881コンパクトデスクトップ 購入レビュー

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
コンパクトデスクトップ(3881)について解説します。
HOME > DELLデスクトップ製品情報 > Inspiron 3881コンパクトデスクトップ購入レビュー
  • デル即納モデル
  • 楽天スーパーポイントプレゼントキャンペーン
  • dell
  • DELLパソコン激安購入法
  • DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
  • DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
  • DELLパソコンをインチで選ぶ
  • DELLパソコンを筐体で選ぶ
  • DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
  • DELLパソコンをランキングで選ぶ
  • DELLモニタを選ぶ
  • 法人向けデルパソコン
  • デルパソコンカスタマイズ講座
  • 他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
  • 用途別パソコン一覧
  • Chromebook(クロームブック)
  • ウルトラブック
  • 液晶モニタ
  • ナナオ液晶モニタ(EIZO)
  • セキュリティ
  • ウイルス対策ソフト
  • サウンドシステム
  • BOSE
DELL
Inspiron 3881コンパクトデスクトップ購入レビュー

Inspiron 3881コンパクトデスクトップはDELLのエントリークラスに位置づけられるInspironシリーズに属するコンパクトデスクトップPCです。

Inspiron 3881コンパクトデスクトップレビュー
シリーズ
特徴
Inspironシリーズ


上位
シリーズ
コストパフォーマンスに優れたエントリーシリーズ。他のシリーズと比べて価格が低めに設定されています。コンパクトタイプのボディに加え、スリムタイプのボディを採用したモデルが用意されています。
XPSシリーズ Inspironの上位に位置づけられるDELLのハイパフォーマンスシリーズ。ミニタワーボディを採用しており、一定の拡張性を確保。
Gシリーズ デルのエントリゲーミングシリーズ。ゲームを楽しめるよう、高い描画処理能力を誇ります。また前面部に、ゲーミングPCらしいデザインを採用しています。
Inspiron 3881コンパクトデスクトップの主な特徴は次のとおり。

・コンパクトな筐体を採用
・第10世代インテルCore i3/i5プロセッサ搭載モデルを選択可能
・SSD+HDDのハイブリッド構成を選択可能
・最小構成で4万円台(税込)という価格設定

Inspiron 3881コンパクトデスクトップを購入したので、ここではInspiron 3881コンパクトデスクトップの特徴/スペック/使い勝手等について詳しく解説したいと思います。

【目次】
*ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずDELL Webサイトでご確認ください。レビュー機は購入品です。

【レビュー機の構成】
第10世代 インテル Core i5-10400プロセッサ/8GBメモリ/256GB SSD+1TB HDD/インテルUHDグラフィックス
dell
1)エントリータイプのミニタワー型デスクトップPC

Inspiron 3881コンパクトデスクトップは、デルのエントリシリーズInspironに属するミニタワー型のデスクトップPCです。

これまでのDELLデスクトップは、前面に光沢加工が施されたモデル多かったのですが、Inspiron 3881の前面部のデザインはブラックをベースとしたマット調の仕上がりになっており、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
違う方向に斜めの線が入ったデザインを採用しています。前面カバーには樹脂が用いられていると思います。質感の高さは感じませんが、そんなにチープ感はないですね。価格重視のエントリーデスクトップPCとしては一般的なデザインだと思います。
ボディの大きさは幅154mm×高さ324.3mm×奥行き293mm。ミニタワー型のボディを採用していますが、モデル名に「コンパクト」が付いていることからわかるとおり、コンパクトなつくりになっています。
これまでInspironデスクトップシリーズには、もっとコンパクトなスリムタイプのデスクトップPCも用意されていましたが、現時点ではInspironのスリムタイプPCは提供されていません。最近はノートPCの売れ行きの方が良く、デスクトップの売り上げは下落傾向なので、ラインアップの数を減らしたのかもしれませんね。
以前のInspironスリムタイプPCとInspiron 3881コンパクトデスクトップ(上の写真の左)を比較してみました。やはりスリムタイプと比べると、ミニタワー筐体を採用したInspiron 3881コンパクトデスクトップの方が大きめです。
B5サイズのノートと比べてみました。
こうして比べてみると、コンパクトがよくわかりますね。
幅はなんとか片手で掴める大きさ。
24インチモニタに接続したところ。
すごく大きく存在感がありすぎる、という感じではありません。
コンパクトなので、机の下に置いてもそんなに邪魔にならないですね。奥行きがそれほどないので、床に置いた時も、あまりボディが前に来ず、足が頻繁に当たるということがありません。
【拡張性】
 
スロット
メモリ DIMMスロット×2
PCIe PCIe x16 拡張カード スロット x 1
PCIe x1 拡張カード スロット x 1
SATA 光ディスク ドライブ用 SATA スロット x 1
3.5 インチハードディスクドライブ用SATA スロ ット x 1
M.2 2280 ソリッドステート ドライブ/インテル Optane または 2230 ソリッドステートドライブ用の M.2 スロット x 1
Inspiron 3881コンパクトデスクトップは、ミニタワー型筐体を採用しているため、一定の拡張性を確保しています。
メモリスロットは2個搭載されています。すべてのパッケージで8GB×1のメモリが搭載されているため、メモスロットに1つ空きがある状態です。最大で64GB(32GB×2)のメモリ構成にすることが可能。
【参考情報】
*DELLの高性能なデスクトップとしてXPSデスクトップ(Inspironの上位モデル)が用意されています(上の画像の左がXPSデスクトップ) 。
ボディはXPSデスクトップの方が大きくなりますが、性能面ではXPSデスクトップの方が上で拡張性も優れているため、高い性能+拡張性を両立させたデスクトップを探している場合にはXPSデスクトップの方がオススメです(→XPSデスクトップの購入レビューはこちら)。
XPSタワー(8930) XPSタワー(8930) XPSタワー(8930) XPSタワー(8930)
2)スペックをチェック(第10世代インテルCoreプロセッサ搭載)
【Inspiron 3881コンパクトデスクトップの主なスペック】
 
Inspiron 3881コンパクトデスクトップ
CPU
第10世代 インテル Core i3-10100 プロセッサー(4-コア 6M キャッシュ 3.6GHz to 4.3GHz)

第10世代 インテル Core i5-10400 プロセッサー(6-コア12M キャッシュ2.9GHz to 4.3GHz)
メモリ
8GB(1X8G), DDR4, 2666MHz

HDD
1TB HDD(7200 回転)

256GB M.2 PCIe NVMe SSD + 1TB 7200 rpm 3.5インチ SATA HDD
グラフィックス
インテルUHD グラフィックス630
NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER 4GB GDDR6
光学ドライブ

トレイロード式 DVD ドライブ (DVD±RW/CD-RW)

無線LAN/
Bluetooth
Dell ワイヤレス DW1810 1x1 802.11ac Wi-Fi ワイヤレス + Bluetooth 5.0
ポート類
3 x USB 3.2 Type-A Gen 1 ポート
1 x USB 3.2 Gen 2(Type-C)ポート
4 x USB 2.0ポート
1 x オーディオ コンボ ジャック
1 x ライン出力ポート
1 x HDMI 1.4bポート
1 x DisplayPort 1.4
1 x VGAポート(オプション)
1 x RJ-45イーサネット ポート
1 x 電源供給ユニット
SDカードリーダー
拡張スロット
PCI Express x16 1基
PCI-Express x1 1基
M.2 2230スロット、Wi-FiおよびBluetoothのコンボ カード用 1基
M.2 2230/2280スロット、PCIeソリッドステート ドライブ用 1基
SATAスロット(3.5インチHDD、2.5インチHDD/SSD用) 1基
薄型光ディスク ドライブ(ODD)用SATAスロット 1基
寸法
幅154mm
×
高さ324.3mm
×
奥行き293mm
最小構成価格
(税込・配送料込)
45,078円


CPUには第10世代インテルCore i3-10100/i5-10400プロセッサ搭載モデルを選択可能。
CPU 第10世代インテルCore i3-10100(Comet Lake) 第10世代インテルCore i5-10400(Comet Lake)
コアの数 4 6
スレッドの数 8 12
プロセッサー・ベース動作周波数 3.60GHz 2.90GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 4.30GHz 4.30GHz
キャッシュ 6MB 12MB
TDP 65W 65W

Core i5-10400は6コア/12スレッドプロセッサ。コア数・スレッド数が多いので、タスクの同時処理能力が高く、より効率的にCPUを働かせることができます。

メモリは8GBを搭載可能。エントリクラスのデスクトップPCなので、8GBのメモリを積んでいれば、ストレスを感じるシーンは少ないと思います。ただし、購入時にメモリ容量のカスタマイズはできません。

ストレージは1TB HDDに加えて、256GB SSD+1TB HDDのハイブリッド構成も選択可能。
 
説明
価格
アクセス速度
耐衝撃性
静音性
重量
HDD 従来から使われていたストレージ。大容量化が進み、SSDと比べて安価で大容量のデータを保存できます。ただし、データ転送速度はSSDよりも遅いです。
SSD HDDよりもデータ転送速度が圧倒的に速いため、全体的なパフォーマンス向上につながります。ただし、HDDと比べて高価なため、同じ価格だと少ない容量しか積めません。

ハイブリッド構成にすれば、高速アクセスと大容量データ保存のいいとこ取りが可能です。SSDの方が、データの読み込み速度は圧倒的に速い(HDDは最大6 Gbps/SSDは最大32Gbps)ので、パフォーマンス重視であれば、SSD+HDD構成をオススメします。

グラフィックスには、CPU内蔵タイプ(インテルUHDグラフィックス630)に加えて、NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER 4GB GDDR6搭載モデルを選択可能。

CPU内蔵タイプのグラフィックスは、動画再生などの用途には十分ですが、描画処理能力を必要とする画像/動画の編集やゲームなどの用途に不向きです。

より高い描画処理能力を必要とする場合には、NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER 4GB GDDR6を搭載したプレミアムモデルがオススメです。
グラフィックス
性能
用途
本モデルで選択可能
CPU内蔵タイプ  


高い
動画再生
NVIDIA GeForce MXシリーズ 動画再生/軽めのゲーム ×
NVIDIA GeForce GTX16シリーズ ゲーム/動画・画像編集
NVIDIA GeForce RTX20シリーズ 負荷のかかる
ゲーム/動画・画像編集
×

この構成を見る限り、Inspiron 3881コンパクトデスクトップはエントリーレベルに位置づけられているのがわかります。Web閲覧/メール/文書作成ソフトや表計算ソフトの操作/動画再生など、あまり負荷のかからないタスクがメインの場合にオススメです。

あとコンパクトなボディで、ある程度の描画処理能力を求めるのであれば、グラフィックスにGeForce GTX 1650 SUPERを搭載したモデルを選ぶのも有りでしょう。

3)パッケージ別のスペックをチェック
Inspiron 3881コンパクトデスクトップのパッケージ別のスペックをチェックします。
 
1)スダンダード
2)プレミアム
3)プレミアム(SSD+HDD搭載)
4)プレミアム(SSD+HDD・GTX1650 SUPER搭載)
性能
低  ←                                                                                →高
CPU
第10世代 インテル Core i3-10100
第10世代 インテル Core i5-10400
メモリ
8GB(1X8G), DDR4, 2666MHz
ストレージ
1TB HDD
256GB SSD+ 1TB HDD
グラフィックス
インテルUHD
グラフィックス630(CPU内蔵)
NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER 4GB GDDR6
最小構成価格
(税込・配送料込)
45,078円
56,078円
63,778円
92,378円
(上記価格はクーポン適用前の価格です。クーポン適用すると、さらに安く購入できます)

現在、スタンダード/プレミアム/プレミアム(SSD+HDD搭載)/プレミアム(SSD+HDD・GTX1650 SUPER搭載)の4つのパッケージが用意されています(それぞれのパッケージには、Office無し/付きモデルが用意されています)。

性能的には、プレミアム(SSD+HDD・GTX1650 SUPER搭載)が最も高いパフォーマンスを発揮できる仕様になっています。

スペックが異なるのはプロセッサ/ストレージの種類/グラフィックスの3つ。

価格重視ならスタンダードですが、ストレージがHDDで、SSDに比べてアクセス速度が遅いのがネックになります。個人的には、SSD搭載モデルにした方が、パフォーマンス面での不満は感じにくいと思います。

プレミアムでは、CPUがCore i5にスペックアップしていますが、こちらもストレージがHDDです。

プレミアム(SSD+HDD搭載)は、1stストレージにSSDを搭載しているので、データのやりとりを高速で行えるほか、起動時間も短くなります。HDDも搭載されるハイブリッド構成なので、容量に不安を感じる人でも導入しやすいと思います。コスパ重視ならこのパッケージがオススメです。

プレミアム(SSD+HDD・GTX1650 SUPER搭載)には、NVIDIAのメインストリームシリーズであるGTX 1650 SUPERを搭載しているため、高い描画処理能力を発揮できる仕様になっています。用途として軽めの動画/画像編集作業を考えているのであれば、このパッケージがいいでしょう。
4)使い勝手をチェック
Inspiron 3881コンパクトデスクトップの使い勝手をチェックします。
■搭載しているUSB端子類
USB端子
個数/場所
最大転送速度
USB 2.0 Type-A 2個/前面部
2個/背面部
0.48Gbps
USB 3.2 Gen 1 Type-A 1個/前面部
2個/背面部
5 Gbps
USB 3.2 Gen 2 Type-C 1個/前面部 10 Gbps
USB端子は全部で8個搭載しています(前面部4個/背面部4個)。従来からあるType-A端子が7個、前後の向きのないType-C端子が2個配置されています。

規格の異なるUSB端子が混在しており、前面部にあるUSB 3.2 Gen 2 Type-C端子が最も転送速度の速い端子です。
■3画面同時出力可能
 
映像出力端子
インテルUHD グラフィックス630搭載モデル VGA/HDMI/DisplayPort
NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER搭載モデル DVI-D/HDMI/DisplayPort
搭載しているグラフィックスの種類によって、利用できる映像出力端子が異なります。いずれのグラフィックスを搭載した場合でも3つの映像出力端子を利用可能。
レビュー機はインテルUHDグラフィックス搭載モデル。3つの映像出力端子にそれぞれモニタを接続したところ、3画面同時出力することができました。複数のモニタに画面を表示することで、広い作業領域を確保できるため、作業効率をアップできます。
なお、上の画像の「3」は4Kモニタですが、HDMIケーブル接続で4K(3840×21060ドット)の解像度で出力することができました。
■WiFi標準対応
Inspiron 3881コンパクトデスクトップは、有線LAN端子に加え、ワイヤレス機能(WiFi/Bluetooth)を標準で装備しています。

したがって、有線LANのケーブルを接続できない場所でも、ワイヤレス環境が整備されていれば、インターネットにアクセスできます。
4)各パーツをチェック
Inspiron 3881コンパクトデスクトップの各パーツをチェックしてみましょう。
前面部。
一番上に光学ドライブが配置されています。
イジェクトボタンを押すと、少しトレイが飛び出してくるので、手でトレイを引き出してメディアを置きます。
前面部右上に端子類が配置されています。上から順に、電源ボタン、ステータスライト、SDカード リーダー、オーディオコンボジャック、USB 2.0×2、USB 3.2 Type-A Gen 1、USB 3.2 Type-C Gen 2が配置されています。Inspiron 3881コンパクトデスクトップでUSB Type-C端子が配置されているのはここだけです。
電源をオンにすると、電源ボタンに配置されている白色のランプが点灯します。ストレージにアクセスしていると、電源ボタンの下に配置されているステータスランプが点灯します。
前面部にUSB端子が配置されていると、USBデバイスの抜き差しがしやすくて便利ですね。
右側面部。
前面部脇の部分に通気孔が配置されているのが見えます。
左側面部。下部に通気孔が配置されています。
背面部。レビュー機は、CPU内蔵グラフィックス搭載モデルです。
上段の左に端子類を配置。上から順に、ライン出力ポート、VGA、HDMI 1.4b、DisplayPort 1.4、USB 3.2 Type-A Gen 1×2、USB 2.0×2、LANポートが配置されています。

(*NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPERグラフィックスカードを搭載したモデルの場合、ここに配置されている3個の映像出力端子(VGA、HDMI 1.4b、DisplayPort 1.4)は使用不可になります)
中段には拡張カード用のカバーが、下段には電源端子が配置されています。

(*NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPERグラフィックスカードを搭載したモデルの場合、拡張カード用のカバーの部分に映像出力端子が配置されます。マニュアルによると、3個の映像出力端子(HDMI 2.0bポート/DisplayPort 1.4 ポート/DVI-Dポート)が利用可能です)
背面部の端子類にケーブルを接続したところ。この構成では、上段のHDMI端子にHDMIケーブルを、中段のUSB端子にキーボードと真数のケーブルを、下段の電源端子に電源ケーブルを接続しています。
5)筐体内部をチェック
背面部右の上下にあるネジを外せば、
簡単に側面部を外せる構造になっています。
筐体内部。中央にマザーボード、下に電源ユニット、右上に光学ドライブ、その下に縦向きにHDDが配置されています。
マニュアルに、マザーボードの説明がありました。
主なコンポーネントについて説明します。

8. グラフィックス カード用 PCIe x16 スロット(SLOT3)
9. PCIe x1 拡張スロット(SLOT1)
10. ソリッドステート ドライブ/インテル Optane 用 M.2 2230/2280 カード スロット(M.2 SSD PCIE2)
15. メモリーモジュール スロット(DIMM1)
16. メモリーモジュール スロット(DIMM2)
ミニタワー型ボディを採用しているため、内部のスペースが広く、増設/カスタマイズ作業はしやすいと思います。
*側面部の外し方/筐体内部の詳細については、 Inspiron 3881コンパクトデスクトップ筐体内部レビューを参照してください。
6)同梱物をチェック
Inspiron 3881コンパクトデスクトップの同梱物をチェックします。
電源ケーブル。
3Pコンセントプラグに変換アダプタ(3P→2P)を装着して使用します。
セットアップ方法や各部名称などを示したペーパーも同梱されています。
Inspiron 3881コンパクトデスクトップには、有線タイプのキーボード/マウスが同梱されています。選択を解除することはできません。
キーボード。デスクトップに同梱される標準的なタイプのキーボードです。
マウス。ホールドしやすい形状をしていますが、ちょっと大きめに感じます。
まとめ

以上、Inspiron 3881コンパクトデスクトップについて見てきました。主な特徴をまとめると次のとおり。

・コンパクトな筐体を採用
・第10世代インテルCore i3/i5プロセッサ搭載モデルを選択可能
・SSD+HDDのハイブリッド構成を選択可能
・最小構成で4万円台(税込)という価格設定
・一定の拡張性を確保

Inspiron 3881コンパクトデスクトップは、エントリタイプに位置づけられるデスクトップPCです。セパレートタイプ(液晶とPCが別々になったタイプ)が使いやすいと感じていて、あまり負荷のかからないタスクをメインで行う人にオススメです。大画面モニタに接続すれば、快適な作業環境を構築できますよ。

*当機種には即納モデルが用意されています(2021年4月14日時点)(→即納モデルとは?)。

GWセール開催中!DELLの対象製品を注文する際にクーポンを利用すれば最大18%オフになるキャンペーン実施中です(2021年4月19日(月)迄)。詳細情報/クーポンコードについては、【個人向け】お買い得情報 (DELL Webページ)を参照してください。

dell

当サイト特別キャンペーン登場!通常の値引きにプラスする形で楽天スーパーポイントをもらえるので非常にお得です!!詳細については、「楽天スーパーポイントをゲットする方法」を参照してください。

dell

【即納モデルがおすすめ!】新型コロナウイルスの影響でPCが手元に届くまでの期間が長くなっています。デルでは即納モデルが用意されており、最短で翌日に手元に届きます。詳しくは、「デル即納モデルについて詳しく解説:即納モデルを注文したら翌日届きました!」を参照してください。

当サイトではデルパソコンの詳細情報/レビューを多数掲載しています。更新情報に関しては、ツイッターにアップしています。