DELL New Inspiron 22 3000(3280) フレームレスデスクトップレビュー

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
New Inspiron 22 3000(3280)について解説します。
HOME > DELLデスクトップ製品情報 > New Inspiron 22 3000(3280)フレームレスデスクトップレビュー
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼントキャンペーン
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼントキャンペーン
dell
DELLパソコン激安購入法
DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
DELLパソコンをインチで選ぶ
DELLパソコンを筐体で選ぶ
DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
DELLパソコンをランキングで選ぶ
DELLモニタを選ぶ
法人向けデルパソコン
デルパソコンカスタマイズ講座
他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
Surfaceモデル一覧
用途別パソコン一覧
液晶モニタ
セキュリティ
サウンドシステム
DELL
New Inspiron 22 3000(3280)レビュー/フレームレスデザインのオールインワンPC

DELLのNew Inspiron 22 3000(3280)は、液晶とPCが一体化したオールインワン(AIO)デスクトップPCです。

液晶のフレームが非常に薄くなったフレームレスデザインを採用しており、コンパクトなボディに仕上がってます。

Inspiron 22 3000(3280)レビュー
New Inspiron 22 3000(3280)の主な特徴は次のとおり。

・フレームレスデザイン
・21.5インチ液晶パネルを採用
・広視野角のIPSパネルを搭載
・タッチパネルを選択可能
・ブラックとホワイトのカラーリングを用意
・光学ドライブは非搭載


ここでは、New Inspiron 22 3000(3280)AIOの特徴/スペックについて詳しくレビューします。

*DELL Webサイトの製品ページを確認する
Inspiron 22 3000フレームレスデスクトップ(3280)詳細情報
【レビュー目次】
*ここに記載されているスペック・構成は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずDELL Webサイトでご確認ください。レビュー機はメーカーの貸出機です。
1)フレームレスデザインを採用

Inspiron 22 3000(3280)フレームレスデスクトップは、フレームが狭いフレームレスデザインを採用。


画面を見ているときにフレームの存在が気にならず、画面表示に集中することができます。


指と比べると、その狭さがよくわかります。


画面への没入度を高めることができるほか、フレームの幅が狭くなるので、ボディをコンパクトにすることができます。またフレームの幅が広い場合に比べて、よりスタイリッシュなデザインに仕上がります。

2)21.5インチ液晶搭載のオールインワンPC

Inspiron 22 3000(3280)フレームレスデスクトップは、21.5インチ液晶パネル搭載のオールインワンPC。


B5サイズのノートと比べるとこんな感じ。


21.5インチという小さめの液晶を搭載しているため、ボディがコンパクト。それほど大きな設置スペースは必要ありません。


キーボードとマウスは、使わない時は液晶下に収納できます。

3)スペックをチェック


New Inspiron 22 3000(3280)の主なスペックは次のとおり。

 
New Inspiron 22 3000
(3280)
筐体
オールインワン
液晶
21.5インチ (1920×1080ドット) IPS
アンチグレアパネル

or

21.5インチ (1920×1080ドット) IPS
タッチディスプレイ
CPU
第8世代インテル Core i3-8145U プロセッサー (4MB キャッシュ, 最大 3.9 GHz まで可能)
メモリ
4GB 1x4GB DDR4 2666MHz
or
20GB メモリ(4GB 2666MHz DDR4 DRAM + 16GB インテル Optane メモリ)
ストレージ
1TB HDD 5400RPM
グラフィックス
CPU内蔵グラフィックス
光学ドライブ
なし



CPUは第8世代インテル Core i3-8145Uプロセッサを搭載。Core i3はCoreシリーズ(Core i3/i5/i7)の中でエントリーモデルに位置づけられており、コストパフォーマンスを重視しています。

メモリは4GB搭載モデルに加えて、Optane搭載モデルも用意。

4GBのメモリだと、負荷が軽めのタスクであればそれほど大きな支障とはなりませんが、ちょっと負荷がかかると動きがもっさりするケースが出てきます。

インテルOptaneメモリは、HDDを高速化するためのキャッシュメモリとして使用されます。頻繁に使用するデータをここに保持するので、PCの速度向上に寄与します。

パフォーマンス重視であれば、Optaneメモリ搭載モデルの方がオススメです。

ストレージはHDDのみで、SSD搭載モデルは用意されていません。グラフィックスはCPU内蔵タイプです。

このスペックを見る限り、Inspiron 22 3000(3280)はエントリークラスに位置づけられるモデルです。Web閲覧/メール/動画再生といった、比較的ライトな作業向けのマシンと言えます。

光学ドライブは非搭載なのでDVD/CDを使いたい人は注意が必要です。別途、外付けのドライブを用意する必要があります。

4)表示の綺麗なIPSパネル搭載

Inspiron 22 3000(3280)フレームレスデスクトップは、表示の綺麗なIPSパネルを採用しています。

タッチパネル搭載モデル非搭載モデルを選べます。非搭載モデルは非光沢のアンチグレアパネルを採用しているため、映り込みが発生しにくいと思います。タッチパネル搭載モデルの場合、光沢パネルを採用しています(レビュー機はタッチパネル搭載モデル)。


IPSパネルのため精細感が高く、細かいところまでしっかり描写されます。また光沢パネルのため、色の表現も鮮やか。十分映像を楽しめます。


視野角も広めで、斜め方向からでもはっきり表示を確認できます。


タッチパネルは光沢パネルを搭載。映り込みが発生しやすいので、適宜角度を調整する必要があります。


最大解像度はフルHD対応の1920×1080ドットです。


100%表示でも文字が小さすぎて見づらいということはありません。複数のウィンドウを並べて表示することが可能。

5)2つのカラーリングを用意

Inspiron 22 3000(3280)フレームレスデスクトップには、ホワイトブラックの2つのカラーリングが用意されています。

こうして比べてみると、印象が大きく異なりますね。ホワイトは明るく、ブラックは落ち着いた感じ。個人的には、ホワイトの方が鮮やかで目を引くので好きですね。


背面部を比較。


背面部には光沢加工が施されており、結構周りのものが映り込みます。


特にブラックの方が映り込みが激しくて、写真を撮影するときも、映り込まないように角度を調整するのが大変でした・・・(それでも映り込んでいますが・・・)
6)使い勝手をチェック
■ポップアップ方式のWebカメラ搭載

Webカメラは手動のポップアップ方式を採用しています。使わない時は格納できるため、知らないうちに撮影されてしまう危険性を減らし、プライバシーを保護できます。


使い方は簡単。本体上面部中央のWebカメラが格納されているところを軽く指で押せば、Webカメラが飛び出してきます。


収納したいときは上から下方向に押し込むだけでOK。力を入れる必要はありません。

■搭載している端子類
搭載している端子類は、3×USB 3.1 Gen 1、USB2.0、ユニバーサル・ヘッドフォン・ジャック、LANポート、HDMI出力端子、メディアカードリーダーです。

USB端子はすべて従来からあるTypeA端子。USB Type-C端子は搭載されていません。またメディアカードリーダーは左側面部に配置されていますが、それ以外の端子類はすべて背面部に配置されています。


HDMI映像出力端子を搭載しているので、外部モニタに接続することで、2画面同時出力を実行することが可能。


HDMIケーブル経由で24インチ液晶モニタに接続して、外部出力してみました(右がInspiron 22 3000(3280))。より広い表示領域を確保できるので、効率的な作業が可能になります。

■サウンド

液晶下部の左右にスピーカーを配置しています。この場所にスピーカーがあると、何にも遮られることなく、直接音が耳に響きます。

実際に音楽を聴いてみたところ、全体的なバランスがよく、しっとりと落ち着いた音色です。シャリシャリする感じはありません。包み込むようなサウンドで個人的にはすごく好きですね。


同梱されるMaxxAudioProツールを使って、自分好みのサウンドにチューニングすることができます。

■802.11 acワイヤレス テクノロジーを採用
高速アクセス可能なIEEE 802.11ac規格に対応しているので、より快適なネット環境を構築できます。

■調整機能は液晶の角度調整のみ

Inspiron 22 3000(3280)フレームレスデスクトップの調整機能は、液晶の角度調整のみ。


ここまで液晶を傾けることができます。

左右回転機能/高さ調整機能/縦横回転機能は用意されていないので注意が必要です。
7)各パーツをチェック
Inspiron 22 3000(3280)フレームレスデスクトップの各パーツをチェックします。


背面部。


背面部の下の方に端子類が配置されています。


写真左から順に、電源端子、HDMI出力端子、LAN端子、USB 2.0端子、USB 3.1 Gen 1端子×3、ユニバーサルヘッドフォンジャックが配置されています。


端子類が見えているので、接続しづらい感じはないですね。ケーブルはスタンドに設けられている穴を通すことで、配線をすっきり見せることができます。


左側面部の一番下にカードリーダーを配置。


SDカードを一番奥まで差し込んでも、これだけはみ出ます。
8)ワイヤレスキーボード/マウスを同梱

Inspiron 22 3000(3280)フレームレスデスクトップには、ワイヤレス方式のキーボードとマウスが同梱されています。

ワイヤレスなので、本体から離れた場所からでも操作できるほか、使わないときは収納したりすることが可能。有線タイプよりもフレキシブルな使い方ができます。


利用するには、同梱されるレシーバーをUSB端子に差し込みます。


本体のカラーに合わせて、ホワイトまたはブラックのいずれかのキーボード/マウスが利用できます。


同じカラーリングなので統一感がありますね。

9)同梱物をチェック
Inspiron 22 3000(3280)フレームレスデスクトップの同梱物をチェックします。


ACアダプタと電源ケーブル。


ACアダプタはそれほど大きくないので、あんまり置き場所に困ることはないんじゃないでしょうか。


各部名称などを示したペーパーも同梱されています。
シンプルなつくりなので、詳細についてはDELL Webサイトのマニュアルを参照した方がいいと思います。

(*マニュアルを参照するには、New Inspiron 22 3000(3280)詳細情報をクリックします。下の方に表示される「ドライバ、マニュアル、サポート」欄の「詳細はこちら」ボタンをクリックし、左メニューの「マニュアルおよび文書」をクリックすると、マニュアルの一覧が表示されます)
まとめ

New Inspiron 22 3000(3280)について詳しく見てきました。特徴をまとめると次のとおり。

・フレームレスデザイン
・21.5インチ液晶パネルを採用
・タッチパネルを選択可能
・ブラックとホワイトのカラーリングを用意
・光学ドライブは非搭載


リビングに置いてみんなでWeb閲覧/動画再生などに使えるPCが欲しいが、デザインが野暮ったいのは嫌で、ボディはコンパクトな方がいい、という人にオススメです。

*詳しくは、New Inspiron 22 3000フレームレスデスクトップ(3280)詳細情報(DELL Webサイト)を参照してください。

(DELLのオールインワンPCのラインアップはこちら)。

当サイト特別キャンペーン登場!DELL個人/法人向けPC(90,000円(税抜)以上)を購入する際に、当サイト専用ページ経由で購入すれば、楽天スーパーポイント3,000ポイントがプレゼントされます

通常の値引きにプラスする形で3,000ポイントもらえるので非常にお得です!!詳細については、「楽天スーパーポイント3,000ポイントをゲットする方法」を参照してください。

dell

【増税前特別セール】実施中!DELLの対象製品をオンラインストアで注文する際にクーポンを利用すれば、最大17%オフになるキャンペーン実施中です(2019/8/26(月)迄)!!詳細情報/クーポンコードについては、【個人向け】お買い得情報 (DELL Webページ)を参照してください。

対象
購入額
割引額
今週のおすすめパソコン:

XPSノートパソコン
XPS デスクトップパソコン
New Inspiron 13 5390(Wi-Fi)
New Inspiron 13 5390(LTE)
Inspiron 13 7380
Inspiron 13 7386 2-in-1
Inspiron 14 5480
Inspiron 14 5482 2-in-1
Inspiron 15 5582 2-in-1
-
17%オフ
上記以外の製品
6万円以上
15%オフ
6万円未満
5%オフ
dell