DELL New Inspironゲーミングデスクトップ(5680)レビュー

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
New Inspironゲーミングデスクトップ(5680)について解説します。
HOME > DELL製品情報 > New Inspironゲーミングデスクトップ(5680)レビュー
楽天スーパーポイント2,500ポイントプレゼントキャンペーン
dell
DELLパソコン激安購入法
DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
DELLパソコンをインチで選ぶ
DELLパソコンを筐体で選ぶ
DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
DELLパソコンをランキングで選ぶ
DELLモニタを選ぶ
法人向けデルパソコン
デルパソコンカスタマイズ講座
他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
Surfaceモデル一覧
用途別パソコン一覧
液晶モニタ
セキュリティ
サウンドシステム
DELL
New Inspironゲーミングデスクトップ(5680)レビュー

New Inspironゲーミングデスクトップ(5680)は、DELLの個人向けエントリーシリーズInspironに属するゲーミングマシンです。

New Inspironゲーミングデスクトップ(5680)レビュー
現時点でInspironゲーミングデスクトップには2つのモデルが存在します。

■Inspironゲーミングデスクトップ(5675)→レビュー
■New Inspironゲーミングデスクトップ(5680)→ここで紹介しているモデル

Inspironゲーミングデスクトップ(5675)は2017年6月に発売されたモデルでCPUにAMD Ryzenプロセッサを搭載しています。一方のNew Inspironゲーミングデスクトップ(5680)は2018年4月に発売されたモデルで6コアを搭載した第8世代インテルCore i5-8400/Core i7 8700プロセッサ搭載モデルを選べます。

Inspironゲーミングデスクトップ(5680)
DELLではゲーミングデスクトップとして、ゲーミングブランドのAlienware、Inspironよりも上位ブランドのXPSタワースペシャルエディションが用意されていますが、Inspironゲーミングデスクトップは価格を重視したユーザー向けのモデルに仕上がっています。

New Inspironゲーミングデスクトップ(5680)の主な特徴は次のとおり。

・ゲーミングを堪能できるような高性能設計
・第8世代インテルCore i5/i7プロセッサ搭載モデルを選択できる
・SSD+HDDのハイブリッド構成が可能
・ミニタワー型筐体を採用することにより、高い拡張性を確保
・高性能なNVIDIA GeForce GTXシリーズのグラフィックスカードを搭載可能
・高い描画処理能力を誇る


ここでは、New Inspironゲーミングデスクトップ(5680)の特徴・スペック・使い勝手等について詳しく解説しています。

【レビュー目次】
1)第8世代インテルCoreプロセッサ搭載
NewInspironゲーミングデスクトップ(5680)の主なスペックは次のとおり。

 
プレミアム・128GB SSD・GTX1060搭載 VR
プラチナ・128GB SSD・GTX1060搭載 VR
スプレマシー・256GB SSD・GTX1070搭載 VR
CPU
インテル Core i5 8400 (6-コア/6-Thread, 9MB キャッシュ, 最大 4GHz まで可能 インテル ターボブースト テクノロジー 付き)

インテル Core i7 8700 (6-コア/12-Thread, 12MB キャッシュ, 最大 4.6GHz 可能 インテル ターボブースト テクノロジー 付き)
インテル Core i7 8700 (6-コア/12-Thread, 12MB キャッシュ, 最大 4.6GHz 可能 インテル ターボブースト テクノロジー 付き)
メモリ
8GB DDR4 2400MHz
16GB DDR4 2400MHz
ストレージ
128GB M.2 SATA SSD (ブート) + 1TB 7200RPM SATA 6Gb/s (ストレージ)
256GB M.2 SATA SSD (ブート) + 1TB 7200RPM SATA 6Gb/s (ストレージ)
グラフィックス
NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5 付き
NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB GDDR5 付き
光学ドライブ
DVD± RWドライブ
無線LAN/
Bluetooth
802.11ac + Bluetooth 4.1, デュアル バンド 2.4&5 GHz
メモリスロット
4 UDIMMスロット
ベイ
最大 × 4(2.5インチベイ × 1、3.5インチベイ × 2、M.2スロット × 1)
PCIスロット
PCIex1 x 2 + PCIex4 ×1 + PCIex16 x 1
ポート類
背面:
SuperSpeed USB 3.1 Gen 1 Type-A x 4 USB 2.0 Type-A x 2 フルサイズDisplayPort ×1 オーディオ入力/出力 × 5 1 ギガビットイーサネット × 1

前面:
SuperSpeed USB 3.1 Gen 1 Type-A×1 USB 2.0 Type-A ×2 SuperSpeed USB 3.1 Gen 1 Type-C ×1 コンボジャック(ヘッドセット/マイク)× 1
寸法
幅216mm
×
高さ458.86mm
×
奥行き437.53mm

CPUには、第8世代インテルCore i5/i7プロセッサ搭載モデルを選択可能。

●インテル Core i5 8400 (6-コア/6-Thread, 9MB キャッシュ, 最大 4GHz まで可能 インテル ターボブースト テクノロジー 付き)
●インテル Core i7 8700 (6-コア/12-Thread, 12MB キャッシュ, 最大 4.6GHz 可能 インテル ターボブースト テクノロジー 付き)

インテルCore i5 8400プロセッサは6コア/6スレッド、Core i7 8700は6コア/12スレッド。

コア数が多いため、マルチタスク処理を高速に行うことができます。

提供されているメモリの容量は8/16GB。

ストレージは、 128GB M.2 SATA SSD (ブート) + 1TB 7200RPM SATA 6Gb/s (ストレージ)/256GB M.2 SATA SSD (ブート) + 1TB 7200RPM SATA 6Gb/s (ストレージ)の構成のいずれかを選択できます。いずれも高速アクセス可能なSSDと大容量データ保存可能なHDDのハイブリッド構成になっています。

グラフィックスには、2つのグラフィックスカード(NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5 付き/NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB GDDR5 付き)のいずれかを搭載可能です。

有線LAN端子に加えて、Bluetooth/WiFi機能を標準で装備。したがって、ワイヤレス環境が構築されていれば、ケーブルレスでネットに接続できます。高速アクセス可能なIEEE 802.11 ac規格に対応しています。

Inspironゲーミングデスクトップ(5680)は、ミニタワー型筐体を採用しているだけあって、高い拡張性を誇っています。

4つのストレージベイで最大3.5インチHDD × 2、2.5インチHDD/SSD × 1、M.2 SSD × 1までの拡張が可能です。

メモリスロットはUDIMMスロットを4基搭載しています。

拡張スロットは、PCI Express x16が1基、PCI Express x1が2基、PCI Express x4が2基搭載されています。

2)パフォーマンスをチェック
Inspironゲーミングデスクトップ(5680)のパフォーマンスをチェックしてみました。

レビュー機の構成は次のとおり。
CPU:第8世代 インテルR Core i7-8700プロセッサー
メモリ:16GB
ストレージ:256GB M.2 SATA SSD (ブート) + 1TB 7200RPM SATA 6Gb/s (ストレージ)
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB GDDR5 付き


Windowsエクスペリエンスインデックスのスコア。

CPU9.3/メモリ9.3/ストレージ8.15/グラフィック9.2


描画処理能力をテストするCINEBENCH R15。

OpenGL(描画処理能力):142.72fps
CPU:1299cb


ストレージの性能をCrystalDiskMarkベンチマークでチェック。

HDDに比べて高いスコアを記録しています。


ドラゴンクエストXベンチマークテストは、「最高品質」「1920×1080」で「すごく快適」。スコアは「21551」。


バイオハザード6ベンチマーク。「1920×1080×32bit」「DirectX 9.0c」でスコアは「24261」。「現在の設定で、とても快適な動作が見込めます」という評価です。


3DMardベンチマークの「Time Spy」のスコアは「5760」。


「Fire Strike」のスコアは「15881」。

さすがはゲーミングデスクトップ。非常に高い描画処理性能を発揮できるのがわかります。

上記ベンチマーク実行時、個人的な感想としては、ファンの回転音はそれほど気になりませんでした。ボディが大きいだけに排熱効果は高いと思います。
3)ゲーミングマシンらしいデザイン

New Inspironゲーミングデスクトップ(5680)はゲーミングマシンらしいデザインを採用。

前面部には斜めにカットされており、かなり斬新なデザインになっています。下半分は通気孔になっています。


結構ボリュームを感じるボディです。前面部の両端は丸みを帯びた形状になっているのがわかります。

Inspironゲーミングデスクトップ(5675)では、前面部と筐体内部にLEDランプが配置されており、電源をオンにすると内部が照らされ、その光が通気孔から漏れ出す仕組みになっています。


前面部中央にあるDELLのロゴが光るほか、


前面部下半分の通気孔、


左側面部の下半分の通気孔のところがが点灯するデザインになっています。

すごく怪しげな感じで、いかにもゲーミングマシンという出で立ちになっています。真横から見るとあまりネオンの光は感じず、上から見下ろすと、青色を強く感じます。


色はブルーで変更することはできません。オフにすることもできません。それほど明るくないので、暗い環境に置いておいても、明るすぎるということはないと思います。


側面部を外してみました。


マザーボードの上の部分にも、ランプバーが設置されており、下向きにLEDランプが配置されています。


前面部のLEDランプは斜めに配置されています。


ボディは結構大きめです。サイズは、幅216mm×高さ458.86mm×奥行き437.53mm。購入する際は大きさを事前に確認しておくことをお勧めします。

重量は最小構成で約13.74kg。結構重く、男性でなんとか持ち運べるぐらいの重さ。移動させるときは、落下させないよう注意して運ぶ必要があります。


ノートと比較するとこんな感じ。高さもあるのがわかります。


奥行きもこんな感じ。


前面部はすこし前傾姿勢になっています。


24インチ液晶モニタと接続したところ。
4)各パーツをチェック
Inspironゲーミングデスクトップ(5680)の各パーツについてチェックします。


前面部。


一番上に光学ドライブ、その下に端子類が配置されています。

オーディオ・コンボ・ジャック, USB 3.1 Gen 1 Type-C、USB 3.1 Gen 1 Type-A、USB 2.0 Type-A x 2が配置されています。


光学ドライブをトレイを引き出したところ。


USB端子が前面部にあると、USBデバイスの抜き差しがしやすいですね。


左側面部。下半分が通気孔になっています。


右側面部。


上面部。


窪みが設定されており、小物を置いておくことができます。


スマホを置いてみました。


一番手間に電源ボタンが配置されています。


背面部。


上段左に端子類が配置されています。

DisplayPort出力、ギガビット・イーサネット・ポート、USB 3.1 Gen 1 Type x 4、USB 2.0 Type-A x 2、7.1チャネルおよびマイクポートを利用可能です。


中段には拡張カードスロットが配置されています。この構成では、グラフィックボードとしてNVIDIA GeForce GTX 1070が搭載されており、DisplayPort×3、HDMI、DVI端子が利用できます。


一番下には電源ユニットが配置されています。


ケーブルを接続したところ。液晶モニタとはHDMIケーブルで接続。キーボード/マウスはUSBケーブルで接続しています。

背面部からも青色の明かりが漏れ出しているのがわかります。

5)筐体内部に簡単にアクセス可能
Inspironゲーミングデスクトップ(5680)では、左側面部が簡単に開けられる仕様になっており、筐体内部に容易にアクセスしてカスタマイズすることができます。


背面部右上と右下にあるネジ(合計2つ)をドライバで外し、背面部方向に側面部をずらせば、簡単に側面部が外れます。


ただし、側面部は結構重量があるので、外すときはしっかり持つようにしてください。


筐体内部。


ボディが大きめのため、内部も広め。しっかりスペースが確保されているため、カスタマイズ作業がしやすいと思います。


右上には光学ドライブが配置されています。


中央左にはマザーボード。中央にCPU/冷却ファン。

冷却ファンの右横にメモリスロット×4が配置されています。スペースが十分あるので、メモリの交換/増設は簡単に行えます。


CPUの下には拡張カードスロット(PCIex1 x 2 + PCIex4 ×1 + PCIex16 x 1)が配置されています。

マザーボードの右下にはSSDが配置されています。


右下にはドライブベイが搭載されています。3.5インチベイ×2の上に、2.5インチベイが配置されています。


左下には電源ユニット。


最大460Wの電源ユニットを搭載しています。


背面部にもファンが配置されており、効率的に排熱できる仕組みになっています。


6)同梱物をチェック

同梱される電源ケーブル。


USB接続のキーボード/マウスが同梱されています。


キーボード。

マウス。



まとめ
以上、 New Inspironゲーミングデスクトップ(5680)の特徴について説明しました。まとめると次のとおり。

・ゲーミングを堪能できるような高性能設計
・第8世代インテルCore i5/i7プロセッサ搭載モデルを選択可能
・SSD+HDDのハイブリッド構成
・ミニタワー型筐体を採用することにより、高い拡張性を確保
・高性能なNVIDIA GeForce GTXシリーズのグラフィックスカードを搭載可能
・ブルーのネオンが怪しく光る


インテルCore i7 8700(6コア/12スレッド)/NVIDIA GeForce GTX1070/SSD+HDDハイブリッド構成を選択でき、ゲームを堪能できる仕様になっています。

ミニタワー型ボディのため拡張性も高く、スペースに余裕があるため容易にカスタマイズできます。

青色のLEDもいい感じに光るので、ゲームの世界に浸りたい人にはいいと思いますね。

*詳しくは、New Inspiron ゲーミングデスクトップ (5680)詳細情報を参照してください。

【Inspironゲーミングデスクトップ(5675)レビュー】
AMD Ryzenプロセッサを搭載したInspironゲーミングデスクトップ(5675)について解説しています。New Inspironゲーミングデスクトップ(5680)とはデザインが同じのため参考になる部分も多いと思います。詳しくはInspironゲーミングデスクトップ(5675)レビューを参照してください。
Inspironゲーミングデスクトップ(5675)レビューInspironゲーミングデスクトップ(5675)Inspironゲーミングデスクトップレビュー

当サイト特別キャンペーン登場!DELL個人/法人向けPC(8万円(税抜)以上)を購入する際に、当サイト専用ページ経由で購入すれば、楽天スーパーポイント2,500ポイントがプレゼントされます。2018年10月31日(水)までの期間限定です。

通常の値引きにプラスする形で2,500ポイントもらえるので非常にお得です!!詳細については、「楽天スーパーポイント2,500ポイントをゲットする方法」を参照してください。

dell

シルバーウィークセール実施中!DELLの対象製品をオンラインストアで注文する際にクーポンを利用すれば、最大20%オフになるキャンペーン実施中です!!(9/25(火)迄)詳細情報/クーポンコードについては、【個人向け】お買い得情報 (DELL Webページ)を参照してください。

dell
対象
購入額
割引額
高性能ノートパソコンシリーズ : XPS ノートパソコン・Inspiron 13 7000 Inspiron 13 7000 2-in-1・Inspiron 14 7000 Inspiron 15 7000・Inspiron 15 7000 ゲーミング Dell G
-
20%オフ
上記以外の製品
6万円以上
17%オフ
6万円未満
5%オフ
Google

サイト内を検索
ブログ内を検索
WWW を検索
DELLラインアップ シリーズ早見表
DELLラインアップ デスクトップ早見表 ノートブック早見表
デル最新情報満載のブログもチェック!
dellcampaign5_120x600