DELL Inspiron 11 3000シリーズ(3168/3179)2-in-1 レビュー

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
Inspiron 11 3000シリーズ(3168/3179)2-in-1の詳細なレビューを示します。
HOME > DELLノート製品情報 > Inspiron 11 3000シリーズ(3168/3179)2-in-1レビュー
dell
DELLパソコン激安購入法
DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
DELLパソコンをインチで選ぶ
DELLパソコンを筐体で選ぶ
DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
DELLパソコンをランキングで選ぶ
DELLモニタを選ぶ
法人向けデルパソコン
デルパソコンカスタマイズ講座
他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
用途別パソコン一覧
液晶モニタ
セキュリティ
サウンドシステム
DELL
Inspiron 11 3000シリーズ(3168/3179)2-in-1レビュー

DELLのInspiron 11 3000シリーズ(3168/3179)2-in-1は、Inspiron 3000シリーズに属する11.6インチ液晶搭載のコンパクトノート。液晶を360度回転させて、ノートPCモード/スタンドモード/テントモード/タブレットモードの4つのモードで利用できる2-in-1ノートです。

Inspiron 11  3000シリーズ(3168/3179)2-in-1レビュー
レッドとホワイトのポップなカラーリングが用意されています。

Inspiron 11 3000 2-in-1シリーズとしてInspiron 11 3000 2-in-1(3168)New Inspiron 11 3000 2-in-1(3179)の2つのモデルが用意されています(3179の方が新しいモデルです)。

主なスペックの違いはCPU/メモリ/ストレージ。それ以外のボディの大きさ/デザイン/搭載している端子等は、両モデルとも同じになっています(3168と3179の主なスペックの違いはこちら)。

ここでは、Inspiron 11 3000 2-in-1(3168)の写真を用いて、それぞれのモデルの特徴、スペック等について詳しくレビューしたいと思います。

【Inspiron 11 3000 2-in-1レビュー目次】
*DELL Webサイトの製品ページを確認する
Inspiron 11 3000シリーズ2-in-1
[スポンサーリンク]
1)液晶を360度回転させることにより4つのモードで使える

Inspiron 11 3000シリーズ(3168/3179)2-in-1は、通常のノートPCとして使うことができるうえに、液晶をぐるっと回転させて、他のモードで使用することができます。


こちらはテントモード。設置場所が狭いときに使います。


こちらはスタンドモード。飛行機や新幹線の車内で座席の前の机に置いてタッチ操作で使いたいときに便利です。


タブレットモード。直感的に操作したいときに便利です。


重量が1.2kg以上あるので片手でずっと持っているのはちょっと無理。机の上などに置いて作業することになります。

こんな風に、使いたいニーズに合わせて4つのモードの中から選べるのですごく使いやすいと思います。
2)コンパクトでかわいいデザイン

Inspiron 11 3000シリーズ(3168/3179)2-in-1は11インチ液晶搭載ノートということで、ボディは非常にコンパクト。


持ってみたところ。


これだけボディが小さめだ持ちやすいですね。




重量は最小構成で1.21kg。それほど重くないので持ち運びしやすいと思います。


堅牢性があるので片手で持ってもボディがたわんだりすることはありません。


ボディはちょっと分厚い感じ。厚みは約20.9mmあります。


横から見たところ。


液晶を開くとこんな感じです。


24インチ液晶モニタに横に置いたところ。コンパクトボディのためあまり設置面積を取りません。


丸みを帯びたデザインがすごく特徴的です。天板部分も光沢加工されており、非常に綺麗。


家人も最初にこのInspiron 11 3000 2in1を目にして「かわいい」と叫んでました。


確かに丸っぽくてかわいいかも。


ポップなカラーリングと合わせて、かなりかわいらしいデザインに仕上がっていると思います。



3)3168と3179の主なスペックをチェック
■Inspiron 11 2-in-1(3168)のスペック

Inspiron 11 2-in-1(3168)には、エントリータッチパネル、エントリープラスタッチパネル、スタンダードタッチパネルの3つのパッケージが用意されていますが、それぞれのスペックは次のとおり。

【Inspiron 11 3000シリーズ 2-in-1のスペック】
 
エントリー・タッチパネル
エントリー・プラス・タッチパネル
スタンダード・タッチパネル
液晶
(最大解像度)
11.6インチ HD
(1366 x 768)
タッチディスプレイ
CPU
インテルCeleron N3060
インテルPentium N3710
インテルCore m3-6Y30
メモリ
2GB DDR3L 1600MHz
4GB DDR3L 1600MHz
ストレージ
32GB eMMC
500GB (5400 回転) SATA HDD
光学ドライブ
×
グラフィックス
インテルHDグラフィックス
搭載端子
HDMI v1.4a/USB3.0×1/USB2.0×2/microSDカードリーダー/ヘッドホン・マイク
最大バッテリ駆動時間
約9時間47分
約7時間42分
約8時間4分
寸法
(cm)
幅: 291.6mm
高さ: 20.9mm
奥行:201.9 mm
最小重量
(kg)
1.21kg
1.31kg
価格
(送料込/税別)
39,980円〜
59,980円〜
64,980円〜

それぞれのモデルで、搭載しているCPUが異なります。

CPUの性能でいえば、Celeron<Pentium<Core m3ということになります。したがってマシンパワーを必要とするのであればCore m3搭載モデル、価格重視ならCeleron、バランス重視ならPentiumを選べばいいと思います。

メモリは2GB/4GB搭載モデルを選択可能。2GBメモリだと、ちょっと負荷のかかる作業であればもたつくかもしれないですね。

ストレージはエントリーモデルでは、タブレット/スマホに使われることの多いeMMCを搭載。容量は32GBしかないので注意が必要です。他の2モデルには500GBのHDDを搭載しています。

レビュー機はエントリー・プラス・タッチパネルモデルとスタンダード・タッチパネル。プロセッサは異なりますが、どちらも4GBメモリを搭載しています。なので実際にWeb閲覧/動画再生など操作してみて、ストレスを感じるシーンはほとんどありませんでした。

バッテリ駆動時間は最長で9時間超。

搭載している端子は、HDMI v1.4a/USB3.0×1/USB2.0×1/microSDカードリーダー/ヘッドホン・マイク。SDカードリーダーではなくmicroSDカードリーダーを搭載しています。また有線LAN端子が用意されていないので、ワイヤレスが構築されていない環境等で使用する場合には注意が必要です。

Inspiron 11 3000シリーズ 2-in-1ノートの大きな特徴として、価格が安いという点が挙げられます。最小構成(インテルCeleron/2GBメモリ/32GB eMMC)でなんと4万円を切る39,980円(税抜/送料込)という価格を実現

高性能なインテルCoreプロセッサではない/メモリ容量が少なめ/グラフィックは内蔵タイプ/光学ドライブは非搭載など、性能面が抑えめなのは事実ですが、低価格なエントリーコンパクトノートを探している人には魅力的に映ると思います。


■Inspiron 11 2-in-1(3179)のスペック

Inspiron 11 2-in-1(3179)には、スタンダードタッチパネル、スタンダードタッチパネル・SSD搭載の2つのパッケージが用意されていますが、それぞれのスペックは次のとおり。

 
スタンダード・タッチパネル
スタンダード・タッチパネル・SSD搭載
液晶
(最大解像度)
11.6インチ HD
(1366 x 768)
タッチディスプレイ
CPU
第7世代 インテル Core m3-7Y30
メモリ
4GB DDR3L 1600MHz
ストレージ
500GB (5400 回転) SATA HDD
128GB SSD
光学ドライブ
×
グラフィックス
インテルHDグラフィックス
搭載端子
HDMI v1.4a/USB3.0×1/USB2.0×2/microSDカードリーダー/ヘッドホン・マイク
寸法
(cm)
幅: 291.6mm
高さ: 20.9mm
奥行:201.9 mm
最小重量
(kg)
1.31kg
価格
(送料込/税別)
67,980円〜
84,980円〜


パッケージの違いは搭載しているストレージのみ。500GB HDD搭載モデルに加え、高速アクセス可能な128GB SSD搭載モデルを選べます。

CPUは最新の第7世代インテルCore m3プロセッサを搭載。以前の世代のプロセッサに加え、省電力性能の向上/パフォーマンスアップを実現しています。

メモリは4GBを搭載しているので、ストレスを感じるシーンは少ないと思います。
【3168と3179の違い】

Inspiron 11 3000 2-in-1(3168)とNew Inspiron 11 3000 2-in-1(3179)の主なスペックの違いは次のとおりです。

 
Inspiron 11 3000 2-in-1(3168)
New Inspiron 11 3000 2-in-1(3179)
CPU
インテルCeleron N3060
インテルPentium N3710
インテルCore m3-6Y30
第7世代 インテル
Core m3-7Y30
メモリ
2GB/4GB
4GB 
 ストレージ
 32GB eMMC/
500GB (5400 回転) SATA HDD
 500GB (5400 回転) SATA HDD/
128GB SSD
 最小構成価格
 39,980円
 67,980円

3179では、より処理能力の高い第7世代インテルCore m3プロセッサを搭載しているほか、ストレージに128GB SSD搭載モデルを選択できます。

つまり、3168はエントリー向けの仕様になっており、価格重視の構成です。一方の3179は、3168よりも上位に位置づけられており、よりパフォーマンスを意識した構成になっています。その分、価格も高めに設定されています。
4)ホワイトとレッドのカラーリングを用意

Inspiron 11 3000シリーズ(3168/3179)2-in-1では、レッドとホワイトの2つのカラーリングを用意。

いずれもポップな感じですごくお洒落ですね。


天板部分だけでなく、キーボード周辺部、


側面部、


底面部も同じカラーリングを採用しているので、統一感があります。


ホワイトのカラーリングは日本市場向けに開発されたモデルです。日本ではホワイトモデルの人気が高いそうです。確かにホワイトモデル、よく見かけますよね。

5)各パーツをチェック
次にInspiron 11 3000シリーズ 2-in-1の各パーツについて詳しく見ていきます。


液晶には、11.6インチ液晶パネルを搭載。最大解像度は1366×768ドットです。このクラスのノートとしては標準的な解像度です。

液晶の外枠(ベゼル)の幅がすごく薄いのでスタイリッシュな印象を与えます。


光沢パネルを採用しているため、映り込みが発生しやすいです。2-in-1ノートなので、もちろんタッチパネルを搭載。


DELL Webサイトを表示したところ。表示は綺麗です。


視野角がちょっと狭めですが、液晶を角度を調整すれば問題なし。

黒もしっかりめに表現されるので動画も楽しめます。




動きの速いスポーツも十分楽しめました。


キーボード。




Enterキーがちょっと小さめです。


キーの表面はそれほどつるつるしておらず、すべりにくい仕様になっています。


キーストロークはちょっと浅め。


コンパクトノートながらキーピッチは十分な幅を確保。


窮屈な感じはしません。


タッチパッドは、クリックボタンが一体となったタイプを採用。


タッチパネル/クリックボタンとも反応は良好です。操作していてストレスは感じません。パームレスト部分もさらっとしています。


キーボードの上部にスピーカーが配置されています。サウンドはちょっとこもり気味ですが、コンパクトノートとしては及第点をあげられるレベルだと思います。


前面部の中央には窪みが配置されており、液晶を開きやすい構造になっています。


端子類は左右側面部に配置されています。


HDMI v1.4a/USB3.0×1/USB2.0×1/microSDカードリーダー/ヘッドホン・マイク端子が配置されています。


電源ケーブルを接続したところ。


前述したようにSDカードスロットではなくmicroSDカードスロットを装備しています。


なので、標準サイズのSDカードを多用する人は注意が必要です。


microSDカードを奥まで差し込んだところ。カードは完全に収納されています。


底面部。継ぎ目のないデザインになっており、バッテリは内蔵されています。

また底面部の表面はざらざらしており、携帯したときに滑りにくく持ちやすいです。


中央にはInspironのロゴが配置されています。


同梱されるACアダプタもコンパクトタイプです。


手の平に収まる大きさ。




重量は約270gです。


オプションで、本体と同じカラーリングのマウスが用意されています(イベントに展示されていました)。



6)まとめ

以上、Inspiron 11 3000シリーズ(3168/3179)2-in-1について詳しくレビューしました。特徴をまとめると次のとおり。

【Inspiron 11 3000シリーズ 2-in-1の特徴】
・11.6インチタッチパネル液晶搭載ノート。コンパクトなので気軽に外に持ち運べる
・液晶を360度回転させて、タブレットモード/ノートPCモード/スタンドモード/テントモードで使用可能。状況に合わせた使い方ができる(3168/3179)
・最小構成の価格が4万円を切っており、コストパフォーマンスに優れている(3168)
・レッドとホワイトのカラーリングを用意(3168/3179)
・丸みを帯びたかわいらしいデザイン(3168/3179)


したがって、

・タブレット/スマホはキーボードがないので使いづらい
・ニーズに合わせて、いろんなスタイルで使いたい
・用途はWeb閲覧/メール/SNS/動作再生/ビジネスアプリ操作など、比較的ライトな作業がメイン
・おしゃれでかわいいコンパクトノートが欲しい


という人にオススメです。

価格重視であれば、シンプルな構成の3168が、パフォーマンスにもこだわりたいのであれば、よりハイスペックな3179を選ぶといいでしょう。

*詳しくは、Inspiron 11 3000(3168) 2-in-1/Inspiron 11 3000(3179) 2-in-1 (DELL Webページ)を参照してください。

DELLの対象製品(Inspiorn/XPSシリーズのデスクトップ・ノートパソコンの広告掲載モデル)をオンラインストアで注文する際にクーポンを利用すれば、最大9,000円オフになるキャンペーン実施中です!4/27(木)迄の期間限定です。詳細については、キャンペーンページ(DELL Webページ)を参照してください。

dell
Google

サイト内を検索
ブログ内を検索
WWW を検索
DELLラインアップ シリーズ早見表
DELLラインアップ デスクトップ早見表 ノートブック早見表
デル最新情報満載のブログもチェック!
dellcampaign5_120x600