DELL Inspiron 14 5000 2-in-1(5482) レビュー

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)について詳しく解説します。
HOME > DELLノート製品情報 > Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)レビュー
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼントキャンペーン
楽天スーパーポイント8,000ポイントプレゼントキャンペーン
dell
DELLパソコン激安購入法
DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
DELLパソコンをインチで選ぶ
DELLパソコンを筐体で選ぶ
DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
DELLパソコンをランキングで選ぶ
DELLモニタを選ぶ
法人向けデルパソコン
デルパソコンカスタマイズ講座
他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
Surfaceモデル一覧
用途別パソコン一覧
液晶モニタ
セキュリティ
サウンドシステム
DELL
Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)レビュー
Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)は14インチ液晶を搭載した2-in-1タイプのノートPC。

InspironノートPCのミドルクラスのInspiron 5000シリーズに位置づけられており、性能と価格のバランスを考えた構成になっています(→参考:Inspiron 5000シリーズの特徴/ラインアップ)。

Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)レビュー
Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)の主な特徴は次のとおり。

・液晶を360度回転して、ノートPC/スタンド/テント/タブレットの4つのスタイルで利用可能
・コンパクト/スリムなボディ
・スタイリッシュなデザイン
・第8世代インテルCore i3/i5/i7プロセッサ搭載モデルの中から選択可能
・SSDも搭載しており、高い基本性能を誇る

ここではInspiron 14 5000 2-in-1(5482)の特徴・スペック等について詳しくレビューします

(*DELLパソコンの4桁の型番(このモデルの場合は「5482」)を確認する方法はこちら) 。
【レビュー目次】
1)4つのスタイルで利用可能
まずInspiron 14 5000 2-in-1(5482)の大きな特徴として、液晶部分を360度回転できる2-in-1ノートPCである点が挙げられます。


状況に合わせて、ノートPC/スタンド/テント/タブレットの4つのスタイルで利用することができます。


ノートPCスタイル。通常のノートPCのように使うことができます。


スタンドスタイル。タッチパネルを搭載しているので指による直感的な操作が可能です。

画面との距離が近いので、動画を視聴したいときに最適。飛行機や新幹線など、前の机に置いて指で操作したいときにも使えます。


テントスタイル。設置場所が狭いときに有用です。


ヒンジは固いので、指で押しても液晶の角度が変わってしまうことはありません。


タブレットスタイル。重量が1.75kg(公称値)あるので、片手でずっと持っていることはできません。


机や膝の上に置いて作業することになると思います。


もちろん縦表示も可能。縦に長いWebブラウザなどを見るときに便利です。


タブレットスタイルにした状態を横から見てみました。

このようにInspiron 14 5000 2-in-1(5482)は、状況に応じて最適なスタイルで使えます。
2)上質なデザイン

Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)は、つや消しアルミニウム仕上げのボディを採用。


上質な質感を実現しています。


触った感触もさらさらしています。指紋や汚れもつきにくいです。


光が当たったときの反射がすごく綺麗です。


側面部と底面部も天板部と同じカラーリングになっているいため、統一感があります。




パームレスト部分にもアルミ素材を用いており、すごく質感が高いです。


キーボード周辺部は平面状の仕上がりになっており、カチッとした印象を与えます。


背面部のデザインがちょっとおもしろいですね。


2つのヒンジの間に通気孔が配置されており、効率的に排熱できる設計になっています。


そういえば、ヒンジもちょっと大きめで存在感がありますね。


ボディにアルミ素材を用いているため、堅牢性も高いです。片手で持っているときにボディのよじれを感じることはありません

3)シルバーとグレーモデルを用意

カラーリングはグレーとシルバーの2色を用意。


グレーは落ち着いた印象、シルバーは鮮やかです。


キーボード周辺部も、天板部分と同じカラーリングです。


光が当たったときの反射はどちらも綺麗。


グレーはキーボード周辺部にヘアライン加工が施されていますが、シルバーには施されていません。


グレーモデルです。ヘアライン加工が施されていると、光の当たり方によって微妙に見え方が異なり、高級感を醸し出します。


グレーモデルは、それほど色が濃くなく、あっさりめの仕上がりになっています。


なので、野暮ったい感じはしないですね。落ち着いた中にも、少し軽快さを感じます。


キーボード周辺部もグレー。


ヒンジ部分もグレーになっているのがわかります。


タッチパッドの端にはダイヤモンドカット仕上げが施されており、デザイン上のアクセントになっています。


ぼくの個人的な意見では、シルバーモデルの方がシャープな仕上がりになっており、好みかな。目立つのは嫌、落ち着いたカラーリングの方がいい、という人であればグレーの方がいいと思います。
4)コンパクトボディ

Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)は、液晶の外枠が細くなったベゼルを採用しています(スリムベゼルディスプレイ)。


スリムベゼルディスプレイだと、画面を見ているときに外枠の存在が気になりにくい、ボディをコンパクトにできる、というメリットがあります。


スリムベゼルを採用している一部のモデルでは、Webカメラが液晶下部に配置されているものがありますが、このInspiron 14 5000 2-in-1(5482)では液晶上部に配置されています。


前述したように、スリムベゼルのおかげでボディはコンパクトです。


B5サイズのノートと比べるとこんな感じ。


イベントで女性担当者がInspiron 14 5000 2-in-1(5482)を持ったところ。Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)の大きさがよくわかると思います。


厚みは19.74mm。 2-in-1ノートPCとしては非常にスリムなボディに仕上がっていると思います。


液晶を開いたところ。


スリムなのでつかみやすいですね。


さっと持ち上げて携帯することができます。


スリムボディなのでシルエットがすごく綺麗。


重量は1.715kg(実測値)。


つかみやすいせいか、それほど重いとは感じません。ぎりぎり外に持ち出そうと思う重さかな。


24インチ液晶モニタの横に置いたところ。


コンパクト/スリムなので鞄からの出し入れもスムーズに行えます。仕事用の鞄に入れたときも、横幅がコンパクトになっているので、左右の部分が引っかかることなく、さっと取り出せます。


ディパックから取り出すときもストレスなしです。


膝の上に置いたところ。両足の幅から、ぎりぎりはみ出る程度です。


スタンドモードにすれば、画面が近くなるのですごく操作しやすいですね。
5)スペックをチェック
Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)の主なスペックをチェックしてみましょう。

【Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)の主なスペック】
 
Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)
 液晶
(最大解像度)
14.0インチ
IPS
(1920×1080)
タッチパネル
CPU
第8世代インテル Core i3-8145U プロセッサー (4MB キャッシュ, 最大 3.9 GHz まで可能)

第8世代インテルCore i5-8265U プロセッサー (6MB キャッシュ, 最大 3.9 GHz まで可能)

第8世代インテルCore i7-8565U プロセッサー (8MB キャッシュ, 最大 4.6 GHz まで可能)
メモリ
8GB シングル チャネル DDR4, 2666MHz
ストレージ
128GB M.2 PCIe NVMe SSD/
256GB M.2 PCIe NVMe SSD
グラフィックス
インテル UHDグラフィックス620/
NVIDIA GeForce MX150 2GB GDDR5 グラフィックス メモリ付き
光学ドライブ
-
主な端子類
HDMI1.4a×1
USB 3.1 Gen 1 Type-C(DP/電源供給)×1
USB 3.1 Gen 1×2
USB 2.0×1
ユニバーサル・オーディオ・ジャック×1
SDカードリーダー
カラー
シルバー/グレー
寸法
高さ: 19.74 mm x 幅: 328 mm x 奥行き: 232.8 mm
最小構成重量
1.75kg

CPUには、インテル第8世代Core i3-8145U/Core i5-8265U/Core i7-8565Uプロセッサ搭載モデルが用意されています。各プロセッサの主な詳細は次のとおりです。

CPU 第8世代インテル Core i3-8145U 第8世代インテル Core i5-8265U 第8世代インテル Core i7-8565U
コアの数 2 4 4
スレッドの数 4 8 8
プロセッサー・ベース動作周波数 2.10GHz 1.60GHz 1.80GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 3.90GHz 3.90GHz 4.60GHz
キャッシュ 4MB 6MB 8MB


メモリは8GBを搭載。Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)での主な用途であるWeb閲覧/ビジネスアプリ操作/動画再生といった比較的ライトなタスクであれば、8GBのメモリで十分だと思います。

ストレージは128GB SSD/256GB SSD搭載モデルを選択可能。

いずれのSSDも、SATA接続タイプよりも高速なPCIe NVMeタイプを採用。スピード重視の構成です。

HDD搭載モデルは用意されていないので、大容量データを保存したい場合には、別途外付けのストレージを用意するか、クラウドストレージを利用する必要があります。

グラフィックスは、CPU内蔵タイプのインテルUHDグラフィックスに加えて、より性能の高いNVIDIA GeForce MX150搭載モデルも選べます。

光学ドライブは搭載していません。

搭載している端子類は、HDMI1.4a×1、USB 3.1 Gen 1 Type-C(DP/電源供給)×1、USB 3.1 Gen 1×2、USB 2.0×1、ユニバーサル・オーディオ・ジャック×1、SDカードリーダーです。

有線LAN端子は用意されていないので、有線でネットに接続する場合には注意が必要です。

パッケージ別のスペックは次のとおり。

 
スタンダード・
タッチパネル
プレミアム・
タッチパネル
プラチナ・
タッチパネル
 液晶
(最大解像度)
14.0インチ
IPS
(1920×1080)
タッチパネル
CPU
第8世代インテル Core i3-8145U プロセッサー (4MB キャッシュ, 最大 3.9 GHz まで可能)
第8世代インテルCore i5-8265U プロセッサー (6MB キャッシュ, 最大 3.9 GHz まで可能)
第8世代インテルCore i7-8565U プロセッサー (8MB キャッシュ, 最大 4.6 GHz まで可能)
メモリ
8GB シングル チャネル DDR4, 2666MHz
ストレージ
128GB M.2 PCIe NVMe SSD
256GB M.2 PCIe NVMe SSD
グラフィックス
インテル UHDグラフィックス620
NVIDIA GeForce MX150 2GB GDDR5 グラフィックス メモリ付き
光学ドライブ
-
主な端子類
HDMI1.4a×1
USB 3.1 Gen 1 Type-C(DP/電源供給)×1
USB 3.1 Gen 1×2
USB 2.0×1
ユニバーサル・オーディオ・ジャック×1
SDカードリーダー
カラー
シルバー/グレー
寸法
高さ: 19.74 mm x 幅: 328 mm x 奥行き: 232.8 mm
最小構成重量
1.75kg


現在、スタンダード/プレミアム/プラチナの3つのパッケージが用意されています。

スペックが異なるのはCPU/SSDの容量/グラフィックスの3つ。

価格重視であればスタンダードモデルですが、ストレージ容量が128GBしかありません。

性能とコストのバランスを確保しつつ、128GBのストレージ容量では心許ないというのであれば、プレミアムモデルがオススメ。

一定の描画処理能力も確保したいのであれば、NVIDIA GeForce MX150グラフィックスを搭載したプラチナモデルが選択肢になります。
6)パフォーマンスをチェック
Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)のパフォーマンスをチェックしてみました。レビュー機(プレミアムモデル/プラチナモデル)のスペックは次のとおり。

プレミアム・タッチパネル (シルバー)
CPU:第8世代インテルCore i5-8265U 
メモリ:8GB
ストレージ:256GB M.2 PCIe NVMe SSD
グラフィックス:インテル UHDグラフィックス620

プラチナ・タッチパネル (グレー)
CPU:第8世代インテルCore i7-8565U 
メモリ:8GB
ストレージ:256GB M.2 PCIe NVMe SSD
グラフィックス:NVIDIA GeForce MX150 2GB GDDR5 



CPUの性能をチェックするCINEBENCHベンチマークのスコアをチェックしてみましょう。


プレミアムモデル(インテルCore i5-8265U搭載モデル)のスコア。
CPU:617cb


プラチナモデル(インテルCore i7-8565U搭載モデル)のスコア。
CPU:666cb

いずれも600点台のスコアを記録。ノートPCとしては高めのスコアを記録しています。

次に、ストレージの性能をチェックするCrystalDiskMarkベンチマークソフトのスコア。


プレミアムモデル(256GB M.2 PCIe NVMe SSD搭載)のスコア。


プラチナモデル(256GB M.2 PCIe NVMe SSD搭載)のスコア。

高速アクセスできるPCIe NVMe SSDを搭載しているだけあって高いスコアを記録しています。いずれも256GB M.2 PCIe NVMe SSDを搭載しているので、スコアはほぼ同じです。


負荷が軽めのゲーム「ドラゴンクエストX」のベンチマークソフトを実行してみました。プレミアムモデルおよびプラチナモデルのスコアはそれぞれ次のとおり。

画質
解像度
プレミアム
プラチナ
最高品質
1280×720
6582/快適
9355/とても快適
標準品質
1920×1080
3837/普通
5371/快適
最高品質
1920×1080
3088/普通
5278/快適


負荷が中程度のゲーム「ファイナルファンタジー14 紅蓮のリベレータ」のベンチマークソフトを実行してみました。スコアはそれぞれ次のとおり。

画質
解像度
プレミアム
プラチナ
標準品質
(ノートPC)
1280×768
2813/やや快適
5017/とても快適
高品質
(ノートPC)
1280×768
2179/普通
3348/やや快適
最高品質
1280×768
1294/設定変更が必要
3148/やや快適
標準品質
(ノートPC)
1920×1080
1501/設定変更が必要

3888/快適

高品質
(ノートPC)
1920×1080
-
(実施せず)

2168/普通

最高品質
(ノートPC)
1920×1080
-
(実施せず)

1589/設定変更を推奨


プレミアムモデルのグラフィックスはCPU内蔵タイプですが、プラチナはそれよりも高性能なNVIDIA GeForce MX150 2GB GDDR5 を搭載しています。したがって、プラチナモデルの方がスコアが高くなっており、高い描画処理能力を発揮できるのがわかります。

NVIDIA GeForce MX150 2GB GDDR5搭載モデルは、負荷が中程度のゲームであれば、画質/解像度を調整すれば、そこそこ快適に楽しめるので、ゲームも楽しみたいと考えている場合にはNVIDIA GeForce MX150 2GB GDDR5を搭載したプラチナモデルがオススメです。

起動時間(電源ボタンを押してからデスクトップ画面が表示されるまで)を計測してみました。

1回目→17.25秒/2回目→16.42秒/3回目→17.52秒

17秒程度で起動することができます。このぐらいの速さで起動するのであれば、待たされる感じはほとんどないですね。ストレス無く使い始めることができると思います。
7)DELL Cinema対応
Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)では、DELLが打ち出した「DELL Cinema」というコンセプトに基づき、映像を楽しめるよう設計されています。


DELL Cinemaとは、CinemaColor、CinemaStream、CinemaSoundの3つの要素で構成さます。この3つの要素を組み合わせることにより、鮮やかでカクツキのない映像と高品質のサウンドを楽しむことができます。


スピーカーは、前面部寄りの左右に配置されています。


2つのスピーカーを搭載したデュアルスピーカーです。この位置にスピーカーがあると、床に音が反射する形になり広がりが出ます。


プリインストールされているMaxxAudioProを使えば、自分好みのサウンドにチューニングしたり、事前定義されたプロファイルの中から選択したりすることができます。
8)各パーツをチェック

次にInspiron 14 5000 2-in-1(5482)の各パーツについて詳しく見ていきます。


液晶サイズは14インチ。


B5サイズのノートと比べるとこんな感じ。

2-in-1ノートPCなのでもちろんタッチパネルを搭載。やはりタッチパネルだと便利ですね。リンクをクリックしたり、スクロールしたいときに、画面を指で触って操作できるので直感的に使えて快適です。


最大解像度はフルHD対応1920×1080ドット。


光沢パネルを採用しているので映り込みが発生しやすいです。なので適宜角度を調整する必要があります。


IPSパネルを搭載しているため、すごく表示が綺麗。自分で撮影した写真を表示してみましたが、すごく細かいところまでしっかり描写されています。


光沢パネルのため色の表現も鮮やかで、動画も楽しめます。


IPSパネルは視野角が広く、斜め方向/下方向からでも表示をはっきりと確認できます。見え方に変化がないため見やすいですね。


キーボード。


個々のキーが独立したセパレートタイプを採用。


テンキーは搭載していません。

BackSpaceキーが小さめだったり、Enterキーが隣のキーと繋がっていたり、などキーボード右端のキーがDELL特有の配置になっていますが、実際にキータイピングしていて、それほど使いづらさは感じませんでした。


キートップはちょっとつるつるしていますが、滑りやすいというほどではありません。


キーストロークはちょっと浅め。


キーピッチは約19mm。


デスクトップのキーボードと同程度のキーピッチを確保しているので、窮屈さは感じません。快適なキータイピングが可能です。


キーボードにバックライトが装備されているため、暗い環境でも快適な操作が可能。明るさは2段階設定できます。


F10キーで、オン/オフの切替、明るさの調整が可能です。


タッチパッドはクリックボタンが一体となったタイプを採用しています。


表面はつるつるしており、反応は良好。思ったところにピタッとポインタを移動できます。


クリックボタン部分の反応もいいです。押し込み幅もちょうどいい感じ。ストレスなく操作できます。


キーボードの右上に電源ボタンを配置。


電源ボタンは指紋認証リーダーと兼用になっています。


前面部。液晶を開くときに指を引っかけやすいよう、すこし窪みが設定されています。


右側面部。


写真左から順に、SDカードスロット、USB 2.0端子、セキュリティー ケーブルスロットを配置。


SDカードをスロットに挿入してみました。


奥まで差し込んでも、これだけカードがはみ出ています。SDカードを挿入したまま移動するときには注意が必要です。


左側面部。


写真左から順に、電源端子、USB 3.1 Gen 1 Type C (DP/PowerDelivery)端子、HDMI 1.4b 映像出力端子、USB 3.1 Gen 1 ×2、ユニバーサル・オーディオ・ジャックが配置されています。


電源ケーブルを接続したところ。


端子にケーブル/デバイスを接続してみました。左右の両側面部にUSB端子が配置されているので使い勝手はいいですね。


HDMI端子で液晶モニタと接続することで簡単にデュアルディスプレイ環境を構築できます。


広い作業領域を確保できるので、作業効率をアップできます。外出先から帰ってきたら液晶モニタに接続すれば、大画面で作業できます。


USB Type-C-HDMI変換アダプタを、Inspiron 14 5000 2-in-1のUSB Type-C端子に接続して、4Kテレビに接続したところ、


4K(3840×2160ドット)の解像度で表示することができました。


HDMI端子経由で接続した液晶モニタに画面を同時に映し出すことも可能なので、3画面出力が可能です。


多くのウィンドウを並べて表示する必要があるのであれば、3画面出力が威力を発揮すると思います。


背面部。


中央に通気孔が配置されています。


底面部。通気孔が配置されています。中央に「Inspiron」のロゴが刻み込まれています。

継ぎ目がない構造になっているので、簡単には筐体内部にアクセスできず、カスタマイズもしづらいです。バッテリも内蔵されており、着脱不可です。

9)同梱物をチェック
Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)の同梱物をチェックしてみましょう。


ACアダプタと電源ケーブル。


搭載しているCPUの種類によって、同梱されるACアダプタの大きさが異なります。

写真左のプラチナモデル(インテルCore i7搭載)に同梱されるACアダプタの方が、写真右のプレミアムモデル(インテルCore i5搭載モデル)に搭載されるものよりも、若干大きくなっています。


厚みも少し異なります。


プラチナモデルのACアダプタと電源ケーブルを合わせた重量は314g。


プレミアムモデルのものは272g。42g軽くなっています。


どちらのACアダプタも、手のひらに収まるコンパクトさを実現しています(写真はプラチナモデルのACアダプタ)。




オプションでアクティブペンを選択することが可能。


スタンドスタイルやタブレットスタイルで、手書き入力したり、絵を描いたりするときにペンがあると便利です。
まとめ

以上、Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)について詳しく見てきました。特徴をまとめると次のとおり。

・液晶を360度回転して、ノートPC/スタンド/テント/タブレットの4つのスタイルで利用可能
・コンパクト/スリムなボディ
・スタイリッシュなデザイン
・シルバー/グレーモデルを選択可能
・第8世代インテルCore i3/i5/i7プロセッサ搭載モデルから選択できる
・SSDも搭載しており、高い基本性能を誇る

Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)は4つのスタイルで利用できる2-in-1ノートPC。第8世代インテルCoreプロセッサ+NVMe SSDストレージ+8GBメモリという、充実した基本構成になっているので、一般的なタスクであればストレスを感じるシーンは少ないと思います。

いろんなシーンで快適に処理できるコンパクトノートPCを探している人にオススメです。

*詳しくは、New Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)詳細情報 (DELL Webサイトにジャンプします)を参照してください。

当サイト特別キャンペーン登場!DELL個人/法人向けPC(85,000円(税抜)以上)を購入する際に、当サイト専用ページ経由で購入すれば、楽天スーパーポイント3,000ポイントがプレゼントされます。2019年4月30日(火)までの期間限定です。

通常の値引きにプラスする形で3,000ポイントもらえるので非常にお得です!!詳細については、「楽天スーパーポイント3,000ポイントをゲットする方法」を参照してください。

dell

【新生活応援セール】実施中!DELLの対象製品をオンラインストアで注文する際にクーポンを利用すれば、最大20%オフになるキャンペーン実施中です(2/25(月)迄)!!Amazonギフト券5千円分が当たるキャンペーンも実施中です。詳細情報/クーポンコードについては、【個人向け】お買い得情報 (DELL Webページ)を参照してください。

対象
購入額
割引額
今週のおすすめ製品:
高性能ノートパソコンシリーズ:
XPS・Dell G/Inspiron 13 7370/Inspiron 13 7373 2-in-1/Inspiron 13 7380/New Inspiron 13 7386 2-in-1/Inspiron 14 7472
-
20%オフ
上記以外の製品
6万円以上
15%オフ
6万円未満
5%オフ
dell
Google

サイト内を検索
ブログ内を検索
WWW を検索
DELLラインアップ シリーズ早見表
DELLラインアップ デスクトップ早見表 ノートブック早見表
デル最新情報満載のブログもチェック!
dellcampaign5_120x600