デルNew Inspiron 13(5320)の特徴解説/パソコン徹底比較購入ガイド

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
New Inspiron 13(5320)について詳しく解説します。
HOME > DELLノート製品情報 > New Inspiron 13(5320)の特徴解説
  • デル即納モデル
  • 楽天スーパーポイントプレゼントキャンペーン
  • dell
  • DELLパソコン激安購入法
  • DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
  • DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
  • DELLパソコンをインチで選ぶ
  • DELLパソコンを筐体で選ぶ
  • DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
  • DELLパソコンをランキングで選ぶ
  • DELLモニタを選ぶ
  • 法人向けデルパソコン
  • デルパソコンカスタマイズ講座
  • 他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
DELL
New Inspiron 13(5320)の特徴解説

New Inspiron 13(5320)は13.3インチ液晶を搭載したコンパクトノートPC。第12世代インテルCoreプロセッサ搭載モデルを選択できます。

Inspironノートのミドルシリーズである5000シリーズに属しています。
デルInspiron 5000シリーズの最新ラインアップ
デル13インチノートPCの最新ラインアップ

New Inspiron 13(5320)
シリーズ
 
特徴

Inspiron

3000シリーズ


上位
シリーズ
コストパフォーマンスに優れたエントリシリーズ
5000シリーズ Inspironシリーズの中間に位置づけられるミッドレンジシリーズ
7000シリーズ Inspironの中で最も性能にこだわったシリーズ
XPS 美しいデザインと高性能を両立させたスタイリッシュなノートシリーズ
New Inspiron 13(5320)の主な特徴は次のとおり。
・13.3インチ液晶搭載のモバイルノートPC
・16:10のパネルを搭載しており、縦に広く表示可能
・第12世代インテルCoreプロセッサ搭載モデルを選択可能
・アルミニウム製外部シェルを採用することで上質なデザインを実現
ここでは、New Inspiron 13(5320)の特徴・スペック等について詳しく解説したいと思います。
(*モデル番号(このモデルの場合「5320」)を確認する方法については、DELLパソコンの型番を識別する方法を参照してください)
(*当初は量販店向けモデルとして登場しましたが、2022年6月に直販モデルとしても追加されました)
【Inspiron 13 5000(5310)購入レビュー】
第11世代インテルCoreプロセッサを搭載した先代モデルのInspiron 13 5000(5310)について詳しく解説しています。詳しくはInspiron 13 5000(5310)購入レビューを参照してください。
【目次】
*ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずDELL Webサイトでご確認ください。
dell
(*当サイト専用ページ経由でDELLパソコンを購入すると、通常の値引きにプラスする形で楽天スーパーポイントをもらえます。詳しくは、「楽天スーパーポイントをゲットする方法」を参照してください)
1)13.3インチ液晶搭載のモバイルノートPC
New Inspiron 13(5320)は13.3インチ液晶搭載のノートPC。
コンパクトボディを実現しています。また、ボディの厚さは最厚部でも15.65mmと非常にスリム。

最小構成の重量は1.25kg。すごく軽い!というわけではありませんが、持ち運ぶときにそれほど苦にならない重さだと思います。
(上の画像は家電量販店に展示されていたInspiron 13(5320))
2)モバイルノートPCとしては充実したスペック
New Inspiron 13(5320)の主なスペックは次のとおり。先代モデルのInspiron 13(5310)および14インチパネル搭載のNew Inspiron 14 Intel(5420)と比べてみました。
→参考:Insipiron 13(5310)購入レビュー
→参考:New Inspiron 14 Intel(5420)購入レビュー
(*New Inspiron 13(5320)とNew Inspiron 14 Intel(5420)は、同じInspiron 5000シリーズに属しており、発売時期も近いため、デザイン等似ている部分があります)
 
【参考】
Inspiron 13 (5310)
New Inspiron 13(5320)
【参考】
New Inspiron 14 Intel(5420)
 液晶
(最大解像度)
13.3-インチ 16:10 FHD+ (1920 x 1200) 非光沢 非-タッチ スリムベゼル 300nits WVA ディスプレイ
13.3-インチ 16:10 QHD+ (2560 x 1600) 非光沢 非-タッチ スリムベゼル 300nits WVA ディスプレイ
13.3-インチ 16:10 FHD+ (1920x1200) 非光沢 非タッチ 300nits 広視野角ディスプレイ with ComfortView Plus Support
13.3-インチ 16:10 QHD+ (2560x1600) 非光沢 非タッチ 300nits 広視野角 ディスプレイ with ComfortView Plus Support
14.0インチ
16:10
非光沢
(1920×1200)
250ニット
タッチパネル
×
×
×
CPU
第11世代インテル Core i3-1125G4 プロセッサー (8MB キャッシュ, 最大3.7GHzまで可能)
第11世代インテル Core i5-11300H プロセッサー (8MB キャッシュ, 最大 4.4GHzまで可能)
第11世代インテル Core i7-11370H プロセッサー (12MB キャッシュ, 最大 4.8GHzまで可能)
第12世代インテルCore i3-1215U (6 コア, 10MB キャッシュ, 最大 4.4 GHz まで可能)
第12世代インテルCore i5-1240P (12 コア, 12MB キャッシュ, 最大 4.4 GHz まで可能)
第12世代インテルCore i7-1260P (18MB キャッシュ, 最大 4.7 GHz まで可能, 12 コア)
第12世代 インテル Core i5-1235U (10 コア,12MB キャッシュ, 最大 4.4 GHzまで可能)

第12世代インテル Core i7-1255U (10 コア,12MB キャッシュ, 最大 4.7 GHzまで可能 )
メモリ
8GB, オンボード, LPDDR4x, 4267MHz
16GB, オンボード, LPDDR4x, 4267MHz
8GB 4800MHz LPDDR5 メモリー, オンボード
16GB 4800MHz LPDDR5 メモリー, オンボード
8GB, 1x8GB, DDR4, 3200MHz
16GB, 8GBx2, DDR4, 3200MHz
ストレージ
256GB M.2 PCIe NVMe SSD/
512GB M.2 PCIe NVMe SSD/
1TB M.2 PCIe NVMe SSD
256GB M.2 PCIe NVMe SSD/
512GB M.2 PCIe NVMe SSD
256GB M.2 PCIe NVMe SSD/
512GB M.2 PCIe NVMe SSD/
1TB M.2 PCIe NVMe SSD
グラフィックス
インテル UHD グラフィックス(メインメモリー共有) メモリー 付き(Core i3搭載時)
インテル Iris Xe グラフィックス 共有 グラフィックス メモリー 付き(Core i5/Core i7搭載時)
インテル UHD グラフィックス(メインメモリー共有) メモリー 付き(Core i3搭載時)
インテル Iris Xe グラフィックス 共有 グラフィックス メモリー 付き(Core i5/Core i7搭載時)
インテルUHDグラフィックス (CPU内蔵)/
インテル Iris Xeグラフィックス (CPU内蔵)
光学ドライブ
無し
無し
-
主な端子類
1 x USB 3.2 Gen 1ポート
1 x Thunderbolt 4(Type-C)ポート(電源供給)
1 x Thunderbolt 4(Type-C)ポート(電源供給、プライマリ電源ポート(Type-C PECOS))
1 x ヘッドセット(ヘッドホンおよびマイクロフォンのコンボ)ポート
1 x HDMI 1.4bポート
2 x Thunderbolt 4(電源供給およびDisplayPort対応)
1 x USB 3.2 Gen 1 Type-A
1 x オーディオ ジャック
1 x HDMI 1.4ポート
2 x USB 3.2 Gen1 Type-Aポート
1 x USB 3.2 Gen1 Type-Cポート(DisplayPortおよびPowerDelivery搭載)
1 x ヘッドセット(ヘッドホンおよびマイクロフォンのコンボ)ポート
1 x HDMI 1.4ポート
1 x SDカード スロット
カラー
プラチナシルバー
プラチナシルバー
プラチナシルバー/ ペブル グリーン
ワイヤレス
インテル Wi-Fi 6 2x2 (Gig+) と Bluetooth 5.1
インテル Wi-Fi 6E (6GHzまで対応) AX211 2x2 Bluetooth 5.2 ワイヤレス カード
インテル Wi-Fi 6E (6GHzまで対応) AX211 2x2 Bluetooth 5.2 ワイヤレス カード
寸法
高さ:13.9-15.9 mm x 幅:296.7 mm x 奥行き:210 mm
高さ:14.35-15.65 mm x 幅:296.68 mm x 奥行き:213.5 mm
高さ: 15.7-19mm x 幅: 314mm x 奥行き: 227.5mm
最小重量
1.25kg
1.25kg
1.54kg
【CPU】
CPUには、第12世代インテルCore i3-1215U/第12世代インテルCore i5-1240P/第12世代インテル Core i7-1260P搭載モデルが用意されています。
第12世代インテルCoreプロセッサの種類として、高性能マシンに搭載される「Hシリーズ」、標準的な使い方が想定されるPC向けの「Pシリーズ」、モバイルタイプのPC向けの「Uシリーズ」の3つ挙げられます。その中でNew Inspiron 13(5320)は、「Uシリーズ」に加えて「Pシリーズ」のプロセッサ搭載モデルも選択でき、パフォーマンス重視の姿勢を示しています。
搭載しているプロセッサの主な詳細は次のとおりです。
CPU 第12世代インテルCore i3-1215U 第12世代インテルCore i5-1240P 第12世代インテル Core i7-1260P
コアの数 6
(Performance-cores:2)
(Efficient-cores:4)
12
(Performance-cores:4)
(Efficient-cores:8)
12
(Performance-cores:4)
(Efficient-cores:8)
スレッドの数 8 16 16
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 4.40GHz 4.40GHz 4.70GHz
キャッシュ 10MB 12MB 18MB
■第12世代インテルCoreプロセッサの特徴■
第11世代プロセッサでは同じ特徴を持つコアを搭載していましたが、第12世代プロセッサでは特徴の異なる2種類のコア(Performance-coresとEfficient-cores)を混在させています。コア数を単純に増やすとマルチスレッド性能は向上しますが、消費電力が大きくなってしまいます。第12世代プロセッサでは、パフォーマンスが低めながら消費電力の小さいEfficient-coresとパフォーマンスが高いPerformance-coresを使い分けることにより、パフォーマンスを高めつつ消費電力を抑えることが可能になっています。
【メモリ】
メモリは8GB/16GB搭載モデルを選べます。モバイルノートPCとしての一般的な使い方(Web閲覧/SND/動画再生/ビジネスアプリの操作)であれば、8GBのメモリを積んでいれば、ストレスを感じるシーンは少ないと思いますが、余裕のあるパフォーマンスを確保したければ16GBメモリ搭載モデルを選択するのもありです。
従来のDDR4メモリではなく、次世代のDDR5メモリを搭載しています。 DDR4よりも大幅に高速化されていると言われており、デルWebサイトには、DDR4よりも「1.5倍の帯域幅を実現」していると記載されています。第12世代インテルCoreプロセッサのパフォーマンスを最大限引き出すには、DDR5メモリが不可欠と言われています。
メモリ容量  
説明
8GB  


快適
一般的なタスク(Web閲覧/メール/ビジネスアプリの操作/動画再生)であれば、それほどストレスなく処理できるレベルのパフォーマンスを確保できると思います。
16GB 負荷のかかる処理を快適に実行したい場合には、16GB以上のメモリを積むことをオススメします。
なお、オンボードメモリを搭載しているため、購入後の増設等のカスタマイズを実行することはできません。
【ストレージ】
ストレージは、高速アクセス可能なSSDを採用。HDDは選択できません。
 
価格
アクセス速度
耐衝撃性
静音性
重量
HDD
従来から使われていたストレージ。大容量化が進み、SSDと比べて安価で大容量のデータを保存できます。ただし、データ転送速度はSSDよりも遅いです。
SSD
HDDよりもデータ転送速度が圧倒的に速いため、全体的なパフォーマンス向上につながります。ただし、HDDと比べて高価なため、同じ価格だと少ない容量しか積めません。
容量は256GB/512GB搭載モデルの中から選択できます。256GBタイプだと、OSやプリインストールされているアプリケーションの占有領域があるため、容量が足りなくなる可能性があります。大容量データを扱うケースが考えられる場合は、512GBの容量にした方が使い勝手はいいと思います。
【グラフィックス】
グラフィックスに関しては、CPU内蔵タイプのみを搭載。モバイルノートPCだけに、高性能なカードタイプのグラフィックス搭載モデルは用意されていません。
グラフィックス
性能
用途
CPU内蔵タイプ  


高い
動画再生
NVIDIA GeForce MXシリーズ 動画再生/軽めのゲーム
NVIDIA GeForce GTX16シリーズ ゲーム/動画・画像編集
NVIDIA GeForce RTX20シリーズ 負荷のかかる
ゲーム/動画・画像編集
Core i3プロセッサの場合にはインテル UHDグラフィックス、Core i5/i7プロセッサの場合には、インテルIris Xeグラフィッスを内蔵。インテル UHDグラフィックスよりも、インテルIris Xeグラフィッスの方が描画処理能力は上です。
【光学ドライブ】
光学ドライブは非搭載です。

【まとめ】
13.3インチ液晶搭載のモバイルノートPCとしては基本性能は充実していると思います。第12世代インテルCoreプロセッサ+8GBメモリ+SSDの組み合わせであれば、モバイルノートPCで行うことの多いタスク(Web閲覧/ビジネスアプリの操作/動画再生等)であれば、それほどストレスなく処理できるシーンが多いと思います。画像/動画編集といった描画処理能力を必要とするヘビーな作業を軽快に行うことは難しいと思うので、そうした作業をメインで行う場合には、高性能なグラフィックスカードを搭載したモデルをオススメします。
3)パッケージ別のスペック
New Inspiron 13(5320)のパッケージ別のスペックは次のとおり。

【New Inspiron 13(5320)のパッケージ別スペック】
 
スタンダード
プレミアム
プレミアム
(大容量メモリー搭載)
プラチナ
(大容量メモリー搭載)
 液晶
(最大解像度)
13.3-インチ 16:10 FHD+ (1920x1200) 非光沢 非タッチ 300nits
13.3-インチ 16:10 QHD+ (2560x1600) 非光沢 非タッチ 300nits
CPU
第12世代インテルCore i3-1215U
第12世代インテルCore i5-1240P
第12世代インテルCore i7-1260P
メモリ
8GB 4800MHz LPDDR5 メモリー, オンボード
16GB 4800MHz LPDDR5 メモリー, オンボード
ストレージ
256GB M.2 PCIe NVMe SSD
512GB M.2 PCIe NVMe SSD
グラフィックス
インテル UHDグラフィックス
インテル Iris Xe グラフィッス
即納モデル
セール直前の価格
106,860円〜
122,460円〜
131,040円〜
147,420円〜
即納モデル
BLACK FRIDAYセール
28%オフ
クーポン適用時価格
98,639円〜
113,039円〜
120,959円〜
136,080円〜
受注生産モデル
セール直前の価格
106,860円〜
122,460円〜
131,040円〜
147,420円〜
受注生産モデル
BLACK FRIDAYセール
25%オフ
クーポン適用時価格
102,750円〜
117,750円〜
126,000円〜
141,749円〜
(*価格は2022年11月29日時点。税込・配送料込の価格です)
(2022/11/25追記:BLACK FRIDAYセールに伴い、大幅に値引きされています。セール直前の価格と比べれば値引き幅がわかります)

現在、スタンダード/プレミアム/プレミアム(大容量メモリー搭載)/プラチナ(大容量メモリー搭載)の4つのパッケージが用意されています。

スペックが異なるのは液晶/CPU/メモリ容量/SSD容量の4つ。
オススメはスタンダード。モバイルノートPCとしての使い方であれば、Core i3+8GBメモリで十分なシーンが多いと思います。
より綺麗な表示にこだわるのならQHD+パネル搭載のプレミアムが選択肢に入ってきます。CPUもCore i5にアップグレード。プレミアム(大容量メモリー搭載)だとメモリが16GBにアップします。
性能にこだわりたいのなら、Core i7プロセッサに16GBの大容量メモリを組み合わせたプラチナ(大容量メモリー搭載)がおすすめ。SSDの容量も倍の512GBです。
以上、スタンダードを念頭に置きつつ、液晶表示は綺麗な方がいい/ストレージ容量が足りない/やっぱり性能にこだわりたい、というニーズがあれば、上位モデルであるプレミアム/プラチナを検討するといいでしょう。
4)スタイリッシュなデザイン
New Inspiron 13(5320)は、アルミニウム製外部シェルを採用。樹脂製ボディと比べて、
高い質感を実現しており、デザインに関する満足度が高いと思います。
カラーリングは、プラチナシルバーのみを用意。
5)特徴をチェック
■リフトヒンジ採用
New Inspiron 13(5320)ではリフトヒンジを採用。ディスプレイを開くと、背面部が接地する形になり、キーボードと机の間にスペースが生まれます。これによりエアフローが改善されるほか、キーボードが傾斜する形になるためキータイピングがしやすくなります。
■搭載している端子類
搭載している端子類は次のとおり。
・HDMI1.4×1
・Thunderbolt 4×2(電源供給およびDisplayPort対応)
・USB 3.2 Gen 1 Type-A×1
・オーディオ・ジャック×1
SDカードリーダーは搭載されていないので、SDカードを頻繁に利用する人は注意してください。
また 有線LAN端子も用意されていないので、有線でネットに接続する場合には変換アダプタ等を用意する必要があります。
【搭載しているUSB端子の種類・場所】
USB端子
個数/場所
最大転送速度
USB 3.2 Gen 1 Type-A 1個/右側面部 5 Gbps
USB 4 Type-C 2個/左側面部 40 Gbps
搭載しているUSB端子は上の表のとおり。合計3つのUSB端子を搭載しています。従来からあるTypeA端子が1つ、前後の向きのないType-C端子が2つです。

マニュアルによると、New

Inspiron 13(5320)に搭載されているUSB Type-C端子は、Alt Mode-DisplayPort/PowerDelivery/Thunderbolt 4に対応しています。

【USB Type-C端子で利用できる機能】
USB Type-C
本モデルでの対応
備考
Alt Mode-DisplayPort 外部映像出力可能 Alt mode対応のUSB Type-Cケーブル必要
PowerDelivery対応 受給電可能 高速充電可能
Thunderbolt 4 最大40Gbpsで転送可能 Thunderbolt 4対応機器と接続する必要あり
■外部映像出力
New Inspiron 13(5320)に搭載されている映像出力端子は次のとおり。
映像出力端子
個数/場所
用途
備考
HDMI 1.4 1個/左側面部 映像+音声 -
USB Type-C
(Alt Mode-DisplayPort対応)
2個/左側面部
映像+音声
本モデルはUSB Power Deliveryに対応してるので、ケーブル一本で映像出力と充電が可能
外部映像出力端子を介して外部モニタに接続することが可能。大画面モニタに表示すれば作業効率をアップできます。
USB Type-C入力端子を搭載したモニタを用意している場合、対応するUSB Type-Cケーブルを接続すれば、外部映像出力と充電を一本のケーブルで済ますことが可能。
USB Type-Cケーブル1本接続するだけで、外部映像出力と充電を同時に実行できます。ただし、充電も同時に実行するには、モニタ側の最大対応電源がPCの電源を上回っている必要があります。
なお、 HDMIでサポートされる最大解像度は1,920 x 1,080ドット(60Hz)です。
■WiFi6対応
New Inspiron 13(5320)は、最新の通信規格であるWiFi 6(IEEE802.11ax)に対応しています。

規格
周波数
最大通信速度
IEEE802.11a 5GHz 54Mbps
IEEE802.11ac 5GHz 6.9Gbps
IEEE802.11ax(WiFi6) 2.4GHz/5GHz 9.6Gbps

WiFi6環境が用意されている場合、従来と比べて最大通信速度がアップするうえ、より安定した通信が可能になります。

なおLTE対応モデルは用意されていません。
■カメラシャッター搭載
Webカメラが液晶上部に配置されていますが、メカニカルカメラプライバシーシャッター機能を搭載しています。シャッターを指でスライドさせてカメラレンズを覆うことで、プライバシーを保護できます。
■ブルーライト発生低減
New Inspiron 13(5320)には、ComfortViewソフトウェアが用意されており、目に有害なブルーライトの発生を低減できます。
■急速充電対応
ExpressCharge機能を使えば、1時間で最大80%の急速充電を実行できます。
■指紋認証リーダー
デルWebサイトの説明によると、指紋認証リーダーはオプション扱いになっていますが、現時点で販売されているパッケージを確認したところ、指紋認証リーダーは標準で搭載されています。
6)各パーツをチェック
New Inspiron 13(5320)の各パーツをチェックします。
■ディスプレイ
ディスプレイは13.3インチパネルを搭載。従来の13.3インチパネルは縦対横の比率が16:9のものが多いですが、本モデルは16:10の比率のパネルを採用。縦方向に広く表示されます。
フルHD+パネル搭載モデルとQHD+パネル搭載モデルを選択できます。
 
フルHD+モデル
QHD+モデル
最大解像度
フルHD+(1920×1200)
UHD+(2560x1660)
タッチパネル
非タッチパネル
非タッチパネル
光沢
非光沢
非光沢
輝度
300ニット
300ニット
解像度以外の主なスペックは同じです。

解像度が高いQHD+パネルの方が、フルHD+パネル搭載モデルより、精細感の高い表示が可能ですが、消費電力が多くなり、バッテリ駆動時間が短くなる可能性が高いです。
どちらも非光沢パネルを採用しているため、映り込みが発生しづらく、長時間画面を見続けたときの目の負担を軽減できます。
 
メリット
デメリット
光沢パネル ・色の表現が鮮やかなので、映像/画像を楽しめる ・照明など、周りの物の映り込みが発生しやすい。
・ぎらつきが多いので、長時間見続けた時の目への負担が大きい
非光沢パネル ・映り込みが発生しにくいので、いちいちディスプレイの角度を調整しなくてもいい
・ぎらつきが少ないので目への負担が軽い
・光沢パネルと比べて、色の表現が淡い感じになる
どちらのパネルも sRGB 100%という広い色域を確保しており、より忠実に色を再現することが可能。sRGBとは、色空間の標準規格の一つです。異なるデバイス間で画像/映像をやり取りする際に、機種による特性の違いを発生させることなく、同じ色味を再現できます。
■キーボード
(上の画像は英語キーボード搭載モデルですが、国内販売モデルには日本語キーボードが搭載されます)
マニュアルによると、キーピッチ(キー間の距離)は19.05mm。フルサイズのキーボード(19mm)と同程度のキーピッチを確保しているため、窮屈さを感じることはないと思います。コンパクトノートPCなのでテンキーは非搭載。
バックライトが装備されているため、暗い環境でも快適にタイピングできます。
■右側面部
1. USB 3.2 Gen 1 ポート、2.オーディオ ポートが配置されています。
■左側面部
1.HDMIポート、2.Thunderbolt4ポート(Power Delivery および DisplayPort対応)、3. 電源およびバッテリーステータスライトが配置されています。
■底面部
底面部。通気孔のほか、前面部寄りの左右にスピーカーが配置されています。
■ACアダプタ
65W型のACアダプタを採用。Type-C端子に接続して充電します。なので、充電中は、使用できるUSB端子が1つ少なくなります。
まとめ
以上、New Inspiron 13(5320)の特徴をまとめると次のとおり。
・13.3インチ液晶搭載のモバイルノートPC
・16:10のパネルを搭載しており、縦に広く表示可能
・第12世代インテルCoreプロセッサ搭載モデルを選択可能
・アルミニウム製外部シェルを採用することで上質なデザインを実現
New Inspiron 13(5320)は、第12世代インテルCoreプロセッサを搭載。縦に広く表示できる16:10のパネルを採用しています。

*当機種には即納モデルが用意されています(2022/11/29時点)(→即納モデルとは?)。

BLACK FRIDAYセールで超お得!デルのInspironノートPCを注文する際にクーポンを利用すれば最大35%オフになるキャンペーン実施中です(2022/11/29時点)!!詳細情報/クーポンコードについては、【個人向け】お買い得情報をクリックし(DELL Webページにジャンプします)、「クーポンで人気のパソコンがお買い得」の「詳しくみる」をクリックしてください。

即納モデル
割引額
【ノートパソコン】
Inspiron 14 AMD(5425))/Inspiron 16 AMD(5625))
35%オフ
【ノートパソコン】
Inspiron 3000シリーズ / Inspiron 5000シリーズ/Inspiron 7000シリーズ)(一部のモデルを除く)
28%オフ
【ノートパソコン】
Inspiron 3000シリーズ(New Inspiron 15 3000(Intel))/XPSシリーズ
23%オフ
dell

当サイト特別キャンペーン登場!通常の値引きにプラスする形で楽天スーパーポイントをもらえるので非常にお得です!!詳細については、「楽天スーパーポイントをゲットする方法」を参照してください。

dell

【即納モデルがおすすめ!】新型コロナウイルスの影響でPCが手元に届くまでの期間が長くなっています。デルでは即納モデルが用意されており、最短で翌日に手元に届きます。詳しくは、「デル即納モデルについて詳しく解説:即納モデルを注文したら翌日届きました!」を参照してください。

当サイトではデルパソコンの詳細情報/レビューを多数掲載しています。更新情報に関しては、ツイッターにアップしています。