DELL XPS 15(9550)レビュー

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
XPS 15(9550)について詳しく解説します。
HOME > DELLノートブック製品情報 > XPS 15(9550)レビュー
dell
DELLパソコン激安購入法
DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
DELLパソコンをインチで選ぶ
DELLパソコンを筐体で選ぶ
DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
DELLパソコンをランキングで選ぶ
DELLモニタを選ぶ
法人向けデルパソコン
デルパソコンカスタマイズ講座
他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
用途別パソコン一覧
液晶モニタ
セキュリティ
サウンドシステム
DELL
New XPS 15(9550)レビュー
New XPS 15(9550)は、15.6インチ液晶を搭載したノート
XPS 15レビュー
液晶の枠(ベゼル)の幅が5.7mmという極薄を実現しており、このおかげで、15.6インチ搭載モデルなのに14インチノートとほぼ同じ大きさを実現。世界最小の15インチノートに仕上がっています。さらに第6世代インテルCoreプロセッサを搭載しているため、小ささを追求しつつ、高パフォーマンスを発揮できる仕様になっています。

XPS 15レビュー
XPSシリーズとして、XPS 15に加えてXPS 13(13インチノート)も用意されています。イベントで両モデルが展示されていたので比べてみました。上の写真の右がXPS 15です。どちらもベゼル幅が極薄なのがわかります。
【レビュー目次】
*DELL Webサイトの製品ページを確認する
XPS 15
[スポンサーリンク]
1)ベゼル幅が5.7mmという狭額縁筐体を採用

XPS 15では、液晶の外枠にあたるベゼルの幅が非常に狭くなっている狭額縁筐体を採用しています。ベゼル幅はわずかに5.7mm


見てください、すごく薄いですよね!


なのでフレームを意識することなく、画面に集中できます。
2)超スリムなボディ

これだけベゼル幅が狭いので、ボディの大きさをよりコンパクトにすることが可能。したがって15インチノートとしては世界最小サイズを実現しています。


雑誌と比べるとこんな感じ。


厚さは、一番分厚いところで17mm。非常にスリムなボディになっています。


重量は約2kg。15インチノートとしては軽い部類に入ります。


こうやって横から見るとスリムさがよくわかると思います。


横から見たところ。


液晶を開くとこんな感じ。非常に薄いのがわかります。


XPS 15を持ってみたところ。15インチノートなのですが、通常の15インチノートと比べてボディが小さめなのがわかります。


前から見たところ。非常に薄いですね。


24インチ液晶モニタの横に置いてみました。フットプリントが小さいので、脇に置くときも広いスペースが不要です。

3)アルミ削り出しボディのスタイリッシュなデザイン

XPS 15のボディにはアルミ削り出し素材を採用。高級感触れるデザインです。


表面はサラサラしているので触ってみた感触もいいです。指紋や汚れがほとんどつかないので実用的。


光がアルミ素材に反射するとすごく綺麗。


底面部も、天板部分と同じ素材を採用。


縁の方は丸みを帯びたデザインになっています。


すごく完成度が高いデザインになっていると思います。
4)カーボンファイバ素材を採用しており剛性に優れる

キーボード周辺部分には、軽量でありながらも高い強度を誇るカーボンファイバ素材を採用しています。


カーボンファイバ素材特有の縞模様が浮き出ているのがわかります。


カーボンファイバのおかげでボディの剛性はすごく高くなっています。実際、片手で持ったときも、ボディがたわんだりすることはありません。なので安心して持ち運ぶことができます。
5)高パフォーマンスを発揮できるスペック
【XPS 15(9550)の主なスペック】
 
プレミアム高速起動
プラチナ・タッチパネル・高速起動・QHD+
OS
Windows 10 Home
CPU
第6世代インテル Core i5-6300HQ
第6世代インテル Core i7-6700HQ
メモリ
8GB DDR4 2133Mhz
16GB DDR4 2133Mhz
グラフィックス
NVIDA GeForce GTX960M
ストレージ
1TB HDD+32GBキャッシュ
512GB PCIe SSD
光学ドライブ
無し
ディスプレイ
15.6インチ FHD (1920 x 1080) インフィニティ非光沢 ディスプレイ
15.6インチ 4K (3840 x 2160) インフィニティ 光沢タッチ ディスプレイ
端子類
USB 3.0(PowerShare対応)x 2、Thunderbolt3 x 1、SDカードリーダー x 1、ヘッドセットジャック x 1、3-in-1カードリーダー(SD、SDHC、SDXC)
バッテリ駆動時間
最大10時間
寸法
235mm(奥行き) / 357mm(幅) / 11-17mm(高さ)
最小重量
2kg

CPUは、最新プロセッサの第6世代Core i7/i5搭載モデルを用意。前世代に比べて高性能化/省電力化を実現しています。

メモリは8/16 GB搭載モデルを用意。最新のDDR4メモリを搭載しており、アクセス速度が向上しています。

ストレージはHDDとSSD搭載モデルを選択できます。光学ドライブは搭載されていません。

液晶は、フルHDパネル搭載モデルか4Kパネル搭載モデルを選択可能。

搭載している端子類は、USB 3.0(PowerShare対応)x 2、Thunderbolt3x 1、SDカードリーダー x 1、ヘッドセットジャック x 1。薄型ボディのため、最小限のポートのみを搭載しています。


バイオハザードのベンチマークテストを実施してみました(レビューしたのはプラチナ・タッチパネル・高速起動・QHD+モデル)。評価はS。「現在の設定で、とても快適な動作が見込めます」となっています。


ゲーム内でのキャラクターの動きも非常に滑らか。これならゲームも楽しめそうです。
6)各パーツをチェック
XPS 15では15.6インチサイズの液晶を搭載。

FHD (1920 x 1080) インフィニティ非光沢 ディスプレイ/4K (3840 x 2160) インフィニティ 光沢タッチ ディスプレイのいずれかを搭載したモデルを選択できます。


レビュー機は15.6インチ 4K (3840 x 2160) インフィニティ 光沢タッチ ディスプレイを搭載したモデルです。


光沢パネルなので映り込みが発生しやすいです。


ただ、4Kパネルなので


精細感は半端なくすごいですね。


圧倒的な描写力です。


写真を画面に映し出してみましたが、すごく瑞々しい表現が可能。思わず見とれてしまうぐらいの綺麗さです。


上の写真でもレタスの質感がしっかり出ていて、おいしそうに表現できています。


もちろんWEB表示も綺麗。


動画も視聴してみましたが、映像の表現もハイレベル。画面が大きくフレームを意識しなくて済むので画面に没頭できます。

動画/画像を頻繁に扱う人であれば4Kモデルがオススメですね。


4Kの解像度の設定して標準の大きさにすると、表示が小さすぎて何が示されているのがわかりにくいですが、


「設定」の「ディスプレイのカスタマイズ」画面の「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」のスライダを動かすことで、表示サイズを変更できます。

XPS15では「250%」が推奨サイズになっており、この大きさに設定すると、文字なども見やすいと思います。


あと4Kパネルを選択した場合、タッチ操作が可能です。


こちらはイベント会場に展示されていたXPS 15のノングレアモデル。最大解像度は1920×1080ドットで非光沢タイプです。タッチには非対応。

映り込みが発生しにくく、目も疲れにくいので、実用性を重視する場合には、こちらの液晶パネルの方がオススメです。


なおXPS 15の場合、フレームが極薄なので、通常のノートと同じ場所にはWebカメラを配置できません。液晶の左下に配置されています。


キーボード。テンキーは搭載していないので非常にコンパクトなつくり。




EnterキーとBackspaceキーがちょっと小さめなので、慣れるまでは使いづらいかもしれません。




キーピッチは十分は広さを確保。したがって窮屈な感じはありません。


ちょっとキーストロークが浅めですが打ちやすいですね。


キーボード部分の剛性が高いので、たわんだりすることがありません。安心して打つことができます。


XPS 15にはキーボードにバックライトが用意されています。


飛行機内などの暗い場所でも快適にキー入力が可能。明るさは二段階の調整が可能。もちろんオフにすることもできます。


タッチパッドはクリックボタンが一体になったタイプを搭載。


反応はいいですね。


パームレスト部分はさらさらしているので、長時間キー操作していても、べとつかず快適です。


右側面部。


メディアカードリーダー、USB 3.0(PowerShare対応)、バッテリー残量チェッカーが配置されています。

バッテリ残量チェッカーのボタンを押すと、バッテリ残量が5段階で表示されます。どのくらいのバッテリが残っているのが一目瞭然なので便利ですね。


メディアカードリーダーにSDカードを挿入すると一部がはみ出た状態になるので、この状態で持ち歩くときは注意が必要です。


背面部には端子類が配置されていません。


左側面部。


ヘッドホン端子、USB 3.0端子、Thunderbolt 3 with USB Type-C端子、電源端子が配置されています。


電源ケーブルを接続したところ。充電している状態であれば、ケーブルのランプが点灯します。


底面部もアルミ素材を採用。普段目にしない部分ですが、ここでもデザインに妥協はありません。


中央にあるXPSロゴの部分は開けられるようになっています


窪んでいる部分にツメを引っかければ簡単に開きます。

中には、保守の際に必要となるサービスタグとエクスプレスサービスコードが印字されています。


同梱されるACアダプタと電源ケーブル。


ACアダプタはかなり縦長です。




電源ケーブルとACアダプタの重量は446g。持ち歩くにはちょっと重いかもしれません。
まとめ

以上、XPS 15(9550)について詳しく解説しました。特徴をまとめると次のとおりです。

・世界最小サイズの15インチノート
・第6世代インテルCore iプロセッサ/GeForce GTX960Mを搭載
・ベゼル幅が非常に狭く、スタイリッシュなデザインになっている
・4Kパネル搭載モデルが用意されている。4Kパネルでは圧倒的な精細感を実現。

このように、XPS 15は、スリム+コンパクトなデザインを実現しつつ、高い性能を発揮できるハイエンドノートに仕上がっています。

*詳しくは、XPS 15詳細情報 (DELL Webサイトにジャンプします)を参照してください。

DELLの対象製品(Inspiorn/XPSシリーズのデスクトップ・ノートパソコンの広告掲載モデル)をオンラインストアで注文する際にクーポンを利用すれば、最大9,000円オフになるキャンペーン実施中です!詳細については、キャンペーンページ(DELL Webページ)を参照してください。

dell
Google

サイト内を検索
ブログ内を検索
WWW を検索
DELLラインアップ シリーズ早見表
DELLラインアップ デスクトップ早見表 ノートブック早見表
デル最新情報満載のブログもチェック!
dellcampaign5_120x600